フレッツ光の料金プラン

やさしくねっと.

フレッツ光のプランをわかりやすく解説。ファミリータイプとマンションタイプって何?

 

フレッツ光にはファミリータイプやマンションタイプ等のプランがあって、各プランによって月額料金等が変わってきます。

普通、プランと聞けば私達利用者が選ぶのかなと思いがちですがフレッツ光の場合、住んでいる場所や建物によって自動で決定されます。

 

スポンサーリンク


フレッツ光の基本的なプラン

大きく分けてまず一戸建て向けのファミリータイプと集合住宅向けのマンションタイプに分かれます。

一戸建てに住んでいる人は無条件でファミリータイプとなり、マンションやアパート等の集合住宅に住んでいる人はそこからさらに「プラン1」、「プラン2」、「ミニ」等に分かれます。

表にするとこんな感じ。西日本と東日本では料金は違いますが基本的なプランは同じです。

住居の種類
回線の種類
名称
一戸建てネクストハイスピード
(隼・ギガ)
ファミリータイプ
集合住宅ネクストハイスピード(隼・ギガ)
光配線方式 or VDSL方式 or LAN方式
マンションタイプ
プラン1
プラン2
ミニ
光プレミアム(100MB)
光配線方式 or VDSL方式 or LAN方式

一戸建てはファミリータイプ

一戸建ての場合、ほぼ無条件でファミリータイプのネクストハイスピード(西日本は隼・東日本はギガファミリー)になります(一部エリアによって隼未対応の場合もあります)。

ファミリータイプはマンションタイプに比べて割高ですが、回線を引き込むだけの工事なので基本的に最新の回線(ギガ回線)が使用できます。

※マンションの場合はマンション全体の専用機器を更新しないといけないため、古いタイプしか選べない場合があります。

集合住宅には様々なプランがある

上の表の通り、集合住宅(マンション、アパート等)では住んでいる建物によって回線のタイプが違います。

集合住宅の場合、電柱から光回線が引き込まれ、各部屋に分配されることによって各家庭で使用出来るようになっています。

そのため分配する機器や建物内のケーブルの種類によってタイプが変わってきます。

マンション

最新で最も通信速度の速いネクストハイスピード隼・ギガ(1GB)が使用出来る場合もあれば、通信速度100MBの光プレミアムしか使えない場合もあります。

更に通常の光回線に比べて比較的遅いとされる、建物内の通信を電話ケーブルで行うVDSL方式の場合もあれば、工事不要とされるLAN配線方式等もあります。

そして更にマンションの住戸数(世帯、部屋の数)によって「プラン1」、「プラン2」、「ミニ」に分かれます。

たくさん部屋がある大規模なマンションの場合は「プラン2」、中規模マンションが「プラン1」、小規模マンションやアパート等は「ミニ」が入っています。

自分が住んでいるマンションにどのタイプが入っているかはNTTに確認しないと分かりません。インターネットから問い合わせするか家電量販店等の販売窓口で問い合わせしてみましょう。

フレッツ光の月額料金表

フレッツ光には様々なプランがあり非常にわかりにくいです。しかしプランといえど基本的に自分で選ぶわけではないので自分の住む場所がどのタイプに当てはまるか販売店に確認し、それを契約する形になります。

さらにフレッツ光は西日本、東日本で料金が違うので分けて考えます。

※価格は変更されている場合がありますのでご確認ください。

東日本の月額料金

もっとも一般的なネクスト光の料金表です。価格は2年割りなどおそらくほとんどの人が加入するであろう割引サービス適用後の実質価格です。

プロバイダ料金は含んでいません。

タイプ
ファミリー
マンション
(プラン2)
マンション
(プラン1)
マンション
(プランミニ)
月額料金
4,600円
2,950円
3,350円
3,950円

上記の料金に工事費(18,000円)を分割した金額(初回3,000円、2ヶ月目以降500円)を加えた金額がフレッツ光東日本の実質の月額料金です。

これにプロバイダ料金(最安値500円)が上乗せされますので、ファミリータイプを利用している人は月額5,100円+工事費500円が最安の月額料です。

西日本の月額料金

西日本のフレッツ光の月額料金は下記の通り。東日本より全体的に安いです。価格は公式サイトより申し込んだ場合の価格です。

タイプ
ファミリー
マンション
(プラン2)
マンション
(プラン1)
マンション
(プランミニ)
月額料金
3,810円
2,530円
2,930円
3,420円

上記の料金に工事費(18,000円)を分割した金額(初回3,000円、2ヶ月目以降500円)を加えた金額が西日本のフレッツ光の月額料金です。

これにプロバイダ料金(最安値500円)が上乗せされますので、ファミリータイプの人は月額4,310円+工事費500円が最安の月額料となります。

マンションにファミリータイプ?

集合住宅の場合、建物の管理者がNTTと契約していないとフレッツ光のマンションタイプが利用できません。

その場合は管理者の了承を得られれば、集合住宅でも一戸建てと同じようにファミリータイプを個別で引くことも出来ます。

しかし本来ファミリータイプは一戸建て用のプランなので環境によっては工事が出来ないと断られることもありますのでNTTに確認を取りましょう。

ちなみにフレッツ以外の光回線(au光やその他電力系)の多くはファミリータイプを集合住宅に引いてはくれません。

他社と比較して安い?

フレッツ光は他社の光回線と比べて安いのか?

ファミリータイプを比較してみてみましょう。

下の表は現在人気のある光回線の月額料金とキャンペーンを比較したものです。

※ニューロ光は関東限定のサービスです。

回線名月額料金特典・割引等
フレッツ光東日本
(プロバイダ料込)
5,100円
(+工事費500円)
ギガ押し割、にねん割
(左月額料金に適用済)
フレッツ光西日本
(プロバイダ料込)
4,310円
(+工事費500円)
web光もっと2割
(左月額料金に適用済)
auひかり5,100円
(工事費1,250円)
光電話同時申込で工事費無料
・他社乗換時サポート
・販売店によるキャッシュバック
・auスマートバリュー
(モバイルとセット割)
auひかり×so-net3,500円
(+工事費1,250円)
・光電話30か月無料
・auスマートバリュー
(モバイルとセット割)
・セキュリティソフト12か月無料
ソフトバンク光5,200円
(+工事費1,000円)
・24,000円分商品券
・おうち割(スマホセット割)
ドコモ光5,200円・初期工事費無料
・ドコモスマホとセット割
ニューロ光4,743円
(工事費1,333円)
・キャッシュバック最大3.5万円
月額工事費相当割引

フレッツ光は他社と比べて別段月額料金が高くはありません。むしろ西日本に関しては非常に安いです。

しかし工事費割引やモバイルとのセット割引、キャッシュバックキャンペーンがないため他社に見劣りしてしまう部分はあります。

モバイルセット割引を考慮しよう

現在光回線はモバイルとのセット割引が可能なタイプが非常に多いです。

多少月額料金が安くても、ドコモならドコモ光auならauひかりソフトバンクならソフトバンク光を利用した方が総合的にお得になる可能性は高いです。

割引額は対応するスマホ1台に付き1,500円前後とバカにならないものです。

例えばauのスマートバリューの場合、データ定額5GBのスマホとセット割引で2年間1,410円割引がされます。

auを利用していてスマートバリューが適用されれば実質auひかりが一番安い回線となるわけです。

キャッシュバック・キャンペーンを考慮しよう

フレッツ光は現在月額料金割引のキャンペーンしか行っていませんが、他社にはキャッシュバックキャンペーンを行っているものも多いです。

特にauひかりやニューロ光等はキャッシュバック金額が高額で、総合的にお得に契約出来る可能性が高いです。

中には3万円以上のキャッシュバックを得ることも可能なので新規、乗換問わず出来るだけ多くのプランを比較してみてみましょう。

参考記事:auひかりの新規申し込みキャンペーンの比較と注意点
スポンサーリンク


 

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 島津 和樹 より:

    仕事場が一戸建てなので、ファミリータイプの会員です。しかし、自宅がマンションなので、以前にマンションタイプの会員となったと思います。この度、マンションでのルータの買い替えを行い、再設定をするときにファミリータイプの会員証の通り登録しても、うまくいきませんでした。マンションでは、マンション用のIDとパスワードが別に発行されているのでしょうか?マンションの会員証が見当たらなく(ファミリータイプはあります)、困ってしまい質問しました。よろしくお願いします。

    • T.K.エルモ より:

      IDとパスワードがどうしてもわからない場合はNTTに問い合わせしてみましょう。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。