フレッツ光

フレッツ光マンションタイプの料金、回線速度から口コミまとめ

「フレッツ光のマンションタイプについて知りたい」
「公式サイトが見にくくて、よく分からない」

と思っていませんか?

フレッツ光の料金プランは複雑でわかりづらく、種類も多いので困惑してしまいますよね。

この記事はそんなフレッツ光マンションタイプについてプランや料金、回線速度から違約金までわかりやすく解説した記事になります。

専門用語はなるべくつかわず、表をつかって見やすく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

フレッツ光マンションタイプのプランと回線速度

フレッツ光のマンションタイプのプランとそれぞれの回線速度は以下の通りです。東日本と西日本で加入できるプランが異なるので注意しておきましょう。

NTT東日本 定額制 ギガマンション・スマートタイプ 1000bps
マンション・ギガラインタイプ 200Mbps
マンション・ハイスピードタイプ 100Mbps
従量課金制 フレッツ光ライト 光ライトプラン 100Mbps
フレッツ光ライト ライト 100Mbps

NTT西日本 定額制 マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 1000Mbps
マンション・ハイスピードタイプ 200Mbps
マンションタイプ 100Mbps
従量課金制 フレッツ光 ライト 100Mbps

フレッツ光マンションタイプの料金

フレッツ光マンションタイプの基本料金とプロバイダ料金についてご紹介します。

基本料金

マンションタイプの定額制の基本料金は、同じマンション内で申し込みが見込まれるユーザーの数に応じて異なります。

プラン1は8人以上、プラン2は16人以上(管理組合などの代表者からの申し込みが必要)ミニは6人以上の場合に適用されます。

人数が多いほど安い定額制プランへの加入が可能です。

NTT東日本 プラン1 3,750円
プラン2 3,350円
ミニ 4,350円
フレッツ光ライト プラス 3,800~5,500円
フレッツ光ライト 2,000~4,400円

NTT西日本 プラン1 3,700円
プラン2 3,200円
ミニ 4,500円
フレッツ光ライト 2,200~4,400円

プロバイダ料金

フレッツ光では、回線とは別途、自分でプロバイダを選んで加入する必要があります。

フレッツ光と組み合わせて加入できるプロバイダとそれぞれの月額料金は以下の通りです。

プロバイダ 料金
ぷらら 1,000円
WAKWAK 950円
So-net 1,000円
OCN 1,100円
hi-ho 1,200円
DTI 951円
BIGLOBE 1,200円
BB.exite 500円
ASAHIネット 780円
@nifty 1,000円

プロバイダの加入契約手続きは、上記のようなプロバイダを取り扱う会社を自分で選び、回線とは別途手続きをします。

フレッツ光マンションタイプの初期費用

契約の際には、回線を引き込むための工事費や事務手数料がかかります。

事務手数料、工事費はエリアによって異なります。NTT東日本と西日本、それぞれの工事費と事務手数料は以下の通りです。

事業者 プラン 契約料 工事費 初期費用合計
NTT東日本 ギガマンション・スマートタイプ 800円 15,000円 15,800円
マンション・ギガラインタイプ
マンション・ハイスピードタイプ
フレッツ光ライト プラス 18,000円 18,800円
フレッツ光ライト 15,000円 15,800円

事業者 プラン 契約料 工事費 合計
NTT西日本 マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 800円 15,000円 15,800円
マンション・ハイスピードタイプ 15,800円
マンションタイプ(光配線/VDSL方式) 15,800円
マンションタイプ(LAN方式) 7,800円 8,600円
フレッツ光ライト 15,000円 15,800円

どのプランであっても、合計1万~2万程度の初期費用がかかるため、注意しておきましょう。

フレッツ光マンションタイプの解約金(違約金)

フレッツ光には月額料金が安くなる割引サービスがありますが、このサービスは2年の定期契約が条件になっています。

スマートフォン・ケータイなどの契約の際に発生する「縛り」と同じ仕組みです。

そのため、契約から2年後の更新月以外に解約をすると違約金が発生してしまいます。

更新月以外の解約で発生する違約金はNTT東日本・西日本でそれぞれ金額が異なります。

事業者 割引 タイプ 解約金
NTT東日本 にねん割 戸建 9,500円
マンション 1,500円
NTT西日本 もっともっと割
(2018年4月30日に終了)
戸建 ~30,000円
マンション ~10,500円
光はじめ割 戸建 10,000円
マンション 7,500円

マンションタイプの場合はNTT東日本だと違約金の価格は低いですが、NTT西日本の場合は1万前後の違約金が発生する可能性もあります。

契約の際は2年以上利用するかどうかをよく確認しておきましょう。

また、解約をするなら違約金が発生しない更新月にタイミングを合わせて手続きを行いましょう。

フレッツ光マンションタイプの口コミ、評判

実際にフレッツ光マンションタイプを契約している人の意見を参考に、評判をチェックしていきましょう。

良い口コミ

https://twitter.com/alchun2/status/1008348748831838208

十分な速度が出ているという意見も複数見られます。

悪い口コミ

良い口コミとして「速度も速い」という意見がある一方、速度が遅いという意見も見られました。回線速度は環境によっても異なるため、個人差があり、評判の内容に差が出ているようです。

この口コミのように利用者数が増えたことで回線が混み合い、遅くなったと感じているひともいるようです。

フレッツ光マンションタイプの契約方法

フレッツ光マンションタイプの契約方法・手順について解説していきます。

エリアを確認する

まずはフレッツ光マンションタイプが利用できる環境なのかどうか確認をしなければなりません。

フレッツ光のエリア確認のページからチェックしましょう。

NTT東日本

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

エリア検索をしてみる

NTT西日本

富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

エリア検索をしてみる

申し込み手続きを行う

フレッツ光マンションタイプが導入されていて、契約が可能であることが分かったら、申し込みの手続きに進みましょう。

エリア確認のページで利用できることが分かれば、そのページに「新規お申込みへ」というボタンが表示されるので、このボタンを押してプランを選択し、必要事項を記入して手続きを進めます。

プロバイダを契約・オプションを選ぶ

フレッツ光はプロバイダを別途契約する必要があるので、どのプロバイダにするのかを決めて申し込みをしておきましょう。

オプションサービスなどもあるので、利用するかどうか検討し、こちらも選択します。

工事の日を決める

導入には工事が必要なケースがあります。

立ち合い工事が必要な場合は希望日を選択し、工事してもらう日程を決定します。

開通工事の時間はおよそ1時間程度です。

土日でも受け付けてもらえますが、土日に工事を行うと別途費用が追加で発生することがあります。

利用開始のための設定を行う

工事が完了したら、利用開始のための設定をしましょう。

セットアップや機器の設定は機器に同封されている説明書をチェックするか、こちらのページなどを参考に行いましょう。

簡単な手順で設定できますが、あまり詳しくないため設定ができるか不安だという方はセットアップサービスを利用してみましょう。

ただしセットアップサービスは有料なので注意しましょう。

マンションタイプで申し込む時の注意点

フレッツ光マンションタイプを申し込む際の注意点もチェックしておきましょう。

そもそも光回線が利用できる建物なのか

提供可能エリアに入っていても、マンション自体が光回線に対応していなければ契約はできません。

また、対応していても管理会社がフレッツ光以外の自社のネット回線を利用するように勧めてくるといったケースもあります。

きちんとフレッツ光の光回線が利用可能かどうかを確認しておきましょう。

個人利用はファミリータイプと同額の料金になる

建物に光回線が導入されていなくても、管理会社・オーナーの許可があり、建物が光回線に対応していれば個人利用も可能です。

ですがこの場合はマンションであってもファミリータイプと同額の料金になってしまいます。

ファミリータイプの月額料金は5,000円以上になり、マンションタイプと比較して高額なので注意しておきましょう。

建物の構造しだいでは回線速度が遅くなる

マンションタイプの場合は、回線を建物まで引き、さらに各部屋に配線していくのですが、この配線方式には光回線方式・VDSL方式・LAN方式という3つの種類があります。

配線方式は建物の構造によって異なり、速度も配線方式によって違いがあります。

特にVDSL方式で配線している場合は光回線方式と比較すると非常に遅くなります。

フレッツ光は遅い?評判、回線速度についてまとめる

光コラボの方がお得な場合がある

フレッツ光に対応しているマンションであれば、「光コラボ」の回線も利用ができます。

光コラボとはフレッツ光の回線を利用した光回線で、ドコモ光やソフトバンク光がそれにあたります。

光コラボ業者の中には、フレッツ光よりもお得な料金に設定されているケースもあります。

種類 ファミリータイプ マンションタイプ
フレッツ光東日本
(プロバイダ料込み)
5,100円 3,450〜
4,450円
フレッツ光西日本
(プロバイダ料込み)
4,310円 3,030〜
3,920円
auひかり 5,100円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
OCN光
5,100円 3,600円
so-net光 5,200円 4,100円
U-NEXT光
4,980円 3,910円
@nifty光 5,200円 3,980円
ビッグローブ光 5,180円 4,080円
ぷらら光 4,800円 3,600円

また、ドコモ光やソフトバンク光といった携帯会社が運営している光コラボ業者の場合、スマホやケータイとセットにすることで受けられる割引サービスが適用されることがあります。

その他にも、お得なキャッシュバック特典などが受けられる光コラボ業者もあります。

よりお得に契約したい方は、光コラボを利用することも検討してみましょう。

結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較フレッツ光の卸売りによる光コラボレーションが本格的にスタートし1年余り経ちました。 現在私が把握するだけでも20社以上光コラボレー...

まとめ:対応しているなら1Gbpsのプランがおすすめ

マンションがフレッツ光に対応しているなら、回線速度が速く、快適に利用できる1Gbpsのプランネクストハイスピード隼・ギガを利用することをおすすめします。

また、スマホとのセット割が使えたり、キャンペーンが豊富な「光コラボ業者」を選ぶという方法もおすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください