フレッツ光の解約

やさしくねっと.

フレッツ光を解約する時の注意点

 

解約金

スマートフォンが普及して、LTE等モバイル回線が普及した今、自宅に光回線を必要としないケースが増えつつあります。

だけど手続きとかめんどくさそう・・・

違約金とか掛からないの?

また工事が必要なのかな?

今回はその辺りについて解説しようかと思います。

スポンサーリンク

一番注意したい違約金について

フレッツ光は以前2年間使用していたらそれ以降違約金が掛かることはありませんでした。

しかし近年、NTT西日本の光もっと割や光もっともっと割というサービスが登場し、フレッツユーザーは基本的に解約月で解約しないと違約金が掛かるようになっています。

※詳細はこちらを参照。

例えば光もっと割を契約している状態で契約から2年後の1ヶ月目に解約しようとすると3万の違約金が発生します。

下の画像はNTT西日本、光もっともっと割の違約金一覧です。

解約金
公式ウェブサイトより。

もっともっと割以外にも最近のプランは基本的に携帯電話の契約と同じように解約月以外に解約すると違約金が発生してしまうプランとなっている場合が多いので注意が必要です。

ふざけるな!そんなの聞いてない!

って言っても間違いなく契約書にサインしているわけなのでごり押しでどうにか出来る問題ではありません。素直に払うか解約月まで我慢して使ってください。

フレッツ光の違約金を回避する方法

実は違約金を回避する方法が1つだけあります。

フレッツ光では唯一エリア外に引越しする場合のみ違約金が発生しないようになっています。その際、フレッツADSLに乗り換える必要がありますがADSLは基本的に違約金は発生しません。

つまりNTTにエリア外に引っ越すので解約せざるを得ない旨を伝え、それを証明さえ出来れば違約金を回避することが出来るというわけです。

どうやって証明するかって?

それは自分で考えましょう。

ただNTTも実際現地にいって本当に引っ越しているかを調査しにくるほど暇ではないと思います。

乗り換え時に還元してくれる場合も

auひかりは他社回線から乗り換える際にひかり電話を申し込むと乗り換えキャンペーンとして最大30,000円まで還元してくれます。

フレッツ光の違約金はタイミングが悪くでも3万円程度なのでほとんど賄えます。

さらにauひかりを新規契約するとそれとは別にプロバイダや販売店等によるキャッシュバック(3万円~)のキャンペーンもついてくるため多くの方がフレッツ光からauひかりに乗り換えています。特にauユーザーはスマートバリューで月額が大きく割引されるのでむしろauひかりを使わないとかなり割高です。

auひかりのキャンペーンについては下記のページに紹介していますので興味のある方はご参考ください。

auひかりの新規申し込みキャンペーンを比較

フレッツ光とプロバイダを解約する必要がある

フレッツ光を解約したのに何故かyahooから請求が来るので困っている。

というのをyahoo知恵袋等でも見かけます。

フレッツ光は契約する時に必ずNTTとプロバイダの2か所と契約しているので片方のNTTを解約しても残りのプロバイダの契約が残っている場合があります。

他のサービスを使用する等の理由がない限り、必ず2か所共に電話して解約手続きを行ってください。NTTにのみ電話してフレッツを解約出来てもプロバイダの契約が残っていて請求され続けます。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちらを参照。

電話で撤去工事を依頼する

解約は電話で出来ます。

解約は日割りでやってくれるので月始めで解約したい人も別に我慢して月末まで使う必要はありません。

今月15日で解約したいと電話で伝えるとその日まで利用ができ、それ以降は当然使えなくなります。

その際撤去工事の日程も聞かれると思いますが撤去工事は停止後であればある程度いつでも構わないので日程を調整して合わせましょう。

工事時間も30分程度で終わると思います。

スポンサーリンク

 

タグ :

フレッツ光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。