フレッツ光からauひかりへの乗り換え

やさしくねっと.

フレッツ光からauひかりに乗り換えるメリットとデメリット

 

スマートフォン・タブレットの普及により、自宅でネットができる固定回線の利用者が増えています。

古くから知名度のあるフレッツ光を使っている人も多いでしょう。

現在は回線の種類も増え、フレッツ光以外の選択肢も増えています。

中でもauひかりはauのスマホとセットで割引されるauスマートバリューや新規申込特典のキャッシュバックが魅力的で、

「フレッツ光からauひかりに乗り換えたい」

と考えているフレッツユーザーも多いのはないでしょうか。

本ページでは乗り換えを検討しているユーザーに向けて、フレッツ光からauひかりへ乗り換えるメリットとデメリットを解説します。

フレッツ光からauひかりに乗り換えるメリット

まずはフレッツ光からauひかりに乗り換えるメリットについて説明します。

auひかりは使えるエリアや建物が限られているため、ホームページで住所を入力して確認しましょう。

auひかりが使えるかどうか確認する

以降は乗り換えた方がお得なのか?月額料金から解説します。

月額料金が安くなる

フレッツ光からauひかりに乗り換えると月額料金が安くなります。

実際のフレッツ光とauひかりの料金を比較しましょう。

フレッツ光の料金は選ぶプロバイダによって異なります。

今回は多くの人が利用しているOCN(月1,100円)で料金を出しています。

下記の図はマンションタイプでの料金比較になります。

<マンションタイプ>

回線名月額料金
(プロバイダ料込)
auひかり3,800円
フレッツ光
(東日本)
4,050円
フレッツ光
(西日本)
3,740円

表の中で安いのはauひかりとフレッツ光西日本です。

料金だけ見るとフレッツ光西日本の方が安いですが、どちらも大差はありません。

ではホームタイプの比較をしてみましょう。

<ホームタイプ>

回線名月額料金
(プロバイダ料込)
auひかり5,100円
フレッツ光
(東日本)
5,700円
フレッツ光
(西日本)
4,910円

ホームタイプの場合はフレッツ光西日本が最も安くなります。

しかしauひかりとの差は190円程度しかなく、ほとんど同じぐらいです。

またフレッツ光は毎月の料金に工事費の分割(500円程度)が上乗せされます。

30ヶ月以上利用している場合は工事費を払い終わっていますが、利用期間が30ヶ月未満だと毎月500円程度の工事費を払っています。

なのでもし工事費を支払っている場合は、上記の料金に500円がプラスされます。

その場合auひかりの方が料金が安いので、乗り換えると月額料金がお得になります。

auスマホユーザーは更に安くなる

auのスマートフォンを使っている人がauひかりを利用すると、スマートバリューが使えるようになります。

スマートバリューは最大で月2,000円の割引ができるスマホとのセットです。

割引の詳細は下記の通りです。

モバイルプラン割引額
データ定額10/13/30(GB)最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/8/20(GB)
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)

多くの人が利用しているのはデータ定額5・8だと思うので、その場合1,410円の割引が適応されます。

これはフレッツ光にはないサービスなので、乗り換える際の大きなメリットだといえるでしょう。

キャッシュバックキャンペーンがある

auひかりはキャッシュバックキャンペーンを行っています。

例えばau代理店のNNコミュニケーションズで申し込みをした場合は最大40000円キャッシュバックを受け取ることができます。

その他に他社インターネットの解約金をサポートする「スタートサポート」キャンペーンがあります。

フレッツ光などの他社インターネット回線からauひかりにお乗り換えで、解約金や違約金を最大3万円まで負担してくれるサービスです。

対象コースは、戸建ての場合は「ずっとギガ得プラン」、マンションの場合は「マンションタイプ」「マンションミニギガ」が対象コースとなります。

他社からの解約金負担は乗り換えを検討中の人に取っては大変ありがたいキャンペーンです。

参照記事:NNコミュニケーションズのauひかりは大丈夫?どんな会社?

乗り換えるデメリットと注意点

フレッツ光からauひかりに乗り換えるメリットはご紹介した通りですが、もちろん乗り換えるにあたってデメリットや注意点も存在します。

マンションの場合、速度が遅くなる可能性がある

フレッツ光は光配線方式の1GbpsとVDSL方式、LAN配線方式の100Mbpsの光ファイバーがあります。

auひかりは100MbpsのタイプVや都市機構デラックス、タイプE、タイプFになる場合が多いです。

そのためマンションタイプの光は速度が遅くなる場合がありますが、通常利用では10Mbpsの回線で十分に使えます。

インターネットで動画を観るのに速度が必要ですが、高画質の4K放送を再生する場合10Mbps〜45Mbpsあればスムーズに再生が出来ます。

現在はフルハイビジョン動画の方が多いので、必要速度はそれ以下となります。

10Mbpsの速度で問題なく再生ができるでしょう。

フレッツ光解約時に違約金が掛かる場合がある

フレッツ光の契約は、光回線とプロバイダーの2社との契約となっています。

解約のタイミングによって違約金の支払いが発生する可能性が高いです。

NTT東日本の場合は2年間の自動更新があります。

戸建てタイプの解約金が9500円、マンションタイプの解約金は15,000円がかかります。

NTT西日本の場合は「光もっともっと割」サービスを利用している人が多いと思いますが、戸建て向けのファミリータイプは当初2年間で更新され、その後は3年間の自動更新となります。

解約金は始めの2年間は5,000〜10,000円です。

その後は3年間の自動更新となり10,000円〜30,000円の解約金となります。

ただしauひかりには乗り換えサポートがあり、乗り換え時の違約金最大3万円まで還元してくれます。

乗り換えサポートを利用すれば、違約金の支払いも実施3万円まで無料になるので、安心して乗り換えができますね。

プロバイダサービス解約に注意

上記の光回線の解約とプロバイダの解約も必要です。

プロバイダも契約期間があり、更新月以外で解約すれば違約金の支払いが発生します。

違約金がプロバイダによって異なりますが、2,000円〜10,000円になります。

またプロバイダサービス(メールなど)が使えなくなるので、日頃からプロバイダサービスを利用している場合は事前に対応しておきましょう。

光電話の番号が引き継げない場合がある

ひかり電話の番号が、もともとNTT発番で加入権の権利を買ったアナログ電話であれば、電話番号をそのまま引き継ぐことができます。

もしもフレッツ光を契約したときに新規で契約した電話番号(光発番)の場合、番号移行が出来ないので注意が必要です。

電話移行のタイミングも、auひかりが開通して後に移行するようにしましょう。

まとめ

今回はフレッツ光からauひかりに乗り換えるメリットとデメリットを説明しました。

まとめると下記の通りになります。

    • 料金が安くなる
    • auスマホユーザーはセット割でさらにお得
    • キャッシュバック・乗り換えサポートなどのキャンペーンが豊富
    • マンションの場合、回線速度が遅くなる可能性がある
    • 解約時に違約金が発生(ただしスタートサポートで3万円まで還元あり)
    • 光発番の電話が引き継げない可能性あり


乗り換え時に発生するフレッツの違約金もスタートサポートで3万円まで還元してくれるので、安心して乗り換えができますね。

さらにauスマホユーザーだとスマートバリューで最大月2,000円安くなります。

メリットの方が大きく、フレッツ光ユーザーはauひかりに乗り換えた方がお得になります。

 

光回線 auひかり 光回線 フレッツ光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。