フレッツ光が安くなる?

やさしくねっと.

フレッツ光が安くなるは本当?営業が教えてくれない本当に安くする方法

 

事業者から営業を請け負っている代理店は、少しでも契約を増やすために様々な営業を行っています。
その一つが電話勧誘。

「フレッツ光から乗り換えると安くなる」

「フレッツ光が安くなる」

という電話がかかってきた人も多いのではないしょうか。
実際に安くなるなら乗り換えたいけど、正直怪しいですよね。
本ページでは本当に安くなるのか、電話に従って乗り換えを行っても問題ないのかを解説します。

あまり安くならないケースが多い

結論から言うと、フレッツ光から乗り換えても月額料金がほぼ変わらないので、結果的に安くならないことの方が多いと言えるでしょう。
下の表は、東西のフレッツ光と光コラボレーションの月額料金の表です。

光コラボレーションとは、フレッツ光の速度や品質はそのままで各事業者が独自のサービスを付加した通称・光コラボと言われる新しい光回線のことです。

種類ファミリータイプマンションタイプ
フレッツ光東日本
(プロバイダ料込み)
5,100円3,450〜
4,450円
フレッツ光西日本
(プロバイダ料込み)
4,310円3,030〜
3,920円
auひかり5,100円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
ソフトバンク光5,200円3,800円
OCN光
5,100円3,600円
so-net光5,200円4,100円
U-NEXT光
4,980円3,910円
@nifty光5,200円3,980円
ビッグローブ光5,180円4,080円
ぷらら光4,800円3,600円

フレッツ光の月額料金は契約内容によって変わってくると思いますが、多くのケースでどこの回線の料金も大きな差はなく、確実にお得になる!とはとても言い切れません。

どこを選んでも同じ、とまではいきませんが月額料金だけで乗り換えを決めてしまうのはやめた方がいいかもしれません。

悪徳代理店に騙されないように

代理店にも様々なところがありますので、悪徳な営業を行っている代理店も残念ながら数多く見受けられます。
申し込みをしたのに繋がらない、問い合わせに対応しないケースも発生しています。
十分な説明がないまま契約させられ、いざ回線を使い始めると聞いていた話と違うなんてこともあるようです。

とくに電話・訪問での勧誘は詐欺のリスクが高いので、そこ場で契約するのは危険です。

中には高くなることも

悪徳代理店の中には事前に説明していた料金よりも高い料金を請求してくるケースもあるので注意が必要です。
例えばキャンペーンの特典だと言われて申し込んだものの実は有料サービスで、結局月額料金が高くなっただけ…という例や、不要なサービスが付属していたので解約しようとしたら高額な解約違約金を請求されたという被害例もあります。

また、契約する回線によっては初期工事費が発生するため、分割代金が上乗せされてその分が高く付くということもあります。
契約の中で不明な点は質問し、しっかりとした回答が得られないようであれば乗り換えを見直した方が良いでしょう。

本当に安くする方法とは

では本当に毎月の光回線の料金を安くする方法とはなんでしょうか?
答えはスマホとのセット割にあります。

上記でも説明したように、光回線の料金は各社横ばいです。そこで差を生むのが、スマホとのセット割でどれだけ料金を安くできるかどうか。

現在、大手携帯電話会社はスマホと光回線をセットで契約することで毎月の料金がお得になるプランを用意しています。
ドコモならドコモ光、ソフトバンクならSoftbank光、auならauひかり。
もし自分が上記キャリアのスマホユーザーであれば、セット割りのできる回線を選択しましょう。

下記の表は各キャリアのセット割りの詳細です。

回線名小容量中容量大容量
ドコモ光500円
(2GB)
800円
(5GB)
1,100円
(30GB)
auひかり最大934円
(2・3GB)
最大1,410円
(5・8GB)
最大2,000円
(10・13・30GB)
ソフトバンク光500円
(1・2GB)
最大1,522円
(5・20GB)
最大2,000円
(30GB)

大容量のプランであれば、1,100〜2,000円割引になります。

auひかりに格安プランがある

中でもauひかりには他の光回線と比べて断然お得なプランがあります。
So-net光(auひかり)です。ホームタイプなら3年間月額3500円、マンションタイプなら2年間月額1800円になるキャンペーンを実施しています。
通常、ホームタイプは1年目で月額5100円、2年目で5000円、マンションタイプは3800円です。

なので、ホームタイプなら1600円・マンションタイプなら2,000円割引になります。

参照記事:auひかりって本当に安いの?月額料金を他社と比較してみる

まとめ

代理店を使ってフレッツ光から乗り換えた際、実際に安くなるケースも確かにあります。
しかし膨大な数の代理店がありますので、詐欺まがいの契約をしようとしてくる悪徳代理店も多くあります。
電話・訪問での勧誘は詐欺の可能性があるので、その場で契約してはいけません。

一番安全なのはネットから信頼できる代理店に申し込むことです。

また、au・docomo・ソフトバンクのスマホユーザーはスマホセット割りができる回線を選びましょう。

 

光回線 フレッツ光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。