フレッツ光とソフトバンク光の比較

やさしくねっと.

乗り換えるべき?フレッツ光とソフトバンクを比較

 

数ある光コラボの中で最も勢いのあるソフトバンク光。

乗り換えや転用を検討している人も多いのではないでしょうか。

実際、この記事を読んでいる方の多くはフレッツ光からソフトバンク光へ転用を考えている人が多いかと思います。

なんとなくお得だということは知っているけど、具体的に何が良いのかわかりにくい。

そんな方の為に、フレッツ光とソフトバンク光を比較してみました。

あなたの回線環境に当てはめて、比較してみてください。

フレッツ光とソフトバンク光の違いとは?

ソフトバンク光は「光コラボ」と呼ばれているもので、フレッツ光とソフトバンク光は、実は同じ回線を使っています。

光コラボとはフレッツ光が提供する回線を別の会社が利用し、独自のキャンペーンなどをプラスして私たち利用者に提供しているインターネットサービスです。

また、フレッツ光から光コラボに切り替えすることを「転用」とよびます。

ソフトバンク光の場合はソフトバンクがフレッツ光から回線の提供を受け、そこにソフトバンク独自のサービスをつけて提供しています。

つまりフレッツ光もソフトバンク光も回線の大元は同じ。速度や安定性もほぼ同じになります。

回線は同じですが、展開しているサービスや料金は異なります。

フレッツ光とソフトバンク光の料金比較

料金は戸建てタイプかマンションタイプかによって変わります。

料金については以下の表を参照してください。

回線名ファミリーマンション
フレッツ光
(東日本)
5,700円4,150円
~5,150円
フレッツ光
(西日本)
5,010円3,730円
~4,620円
ソフトバンク光5,200円3,800円

戸建の場合は、フレッツ東日本と西日本で値段は変わりますが、そこまで差が大きいものではありません。

マンションの場合は価格に幅があります。フレッツ光の場合は、同じマンション内で何契約見込めるかによって価格が最大で1000円以上月額が変わることもあります。

小規模のマンションでは価格が高くなってしまいます。

ソフトバンク携帯を使っている人はおうち割でかなりお得に

フレッツ光とソフトバンク光のどちらにするか、一番のポイントは「ソフトバンクのスマホを持っているかどうか」という点になります。

ソフトバンク光にはソフトバンクスマホを持っていると適応される「おうち割」があり、適応されれば最大で月2,000円もの割引が受けられます。

ソフトバンク光のように携帯とセットで安くなる特典はフレッツ光にはありません。

ソフトバンクスマホを持っていて、この先もスマホの会社を変える予定がないのであれば、ソフトバンク光に変えない理由はありません。

月2,000円の割引が受けられれば2年で48,000円もお得になりますし、家族もソフトバンクスマホならさらにお得になります。割引される金額は以下の表を参考にしてください。

対象機種対象サービス24カ月25カ月目以降
スマ放題
スマ放題ライト
データ定額 5GB1,522円1,008円
データ定額 20GB 1,522円1,008円
データ定額 30GB 2,000円1,008円
スマ放題データ定額ミニ
(1/2GB)
500円500円
データ定額
(3G ケータイ)
500円500円
ホワイトプラン指定のパケット
サービス
最大1,522円最大1,008円
( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE500円500円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G500円500円
4G/LTEデータし放題フラット、4Gデータし放題フラット+(ポケットWi-Fi)1,522円1,008円

フレッツ光からソフトバンク光に転用するときの注意点

フレッツ光からソフトバンク光に転用する際にはいくつか注意しておきたいことがあります。転用する前にチェックしておきましょう。

転用でもお金はかかる

転用する場合は回線がそのまま使えるので工事は不要です。

しかし3,000円の契約事務手数料と、フレッツ光で利用中のプロバイダの解約手数料がかかります。プロバイダの解約手数料はプロバイダによって違いますが、3,000円から6,000円程度かかるケースが多いです。

契約事務手数料・プロバイダの解約料などがかかりますが、それでもおうち割が適応されるなら十分元が取れます。おうち割が適応される場合、各種手数料は特に気にすることは無いでしょう。

もう1度転用することができない

光コラボから別の光コラボへと再度転用することはできません。

あくまで"転用"はフレッツ光から光コラボに切り替えることをいいます。

光コラボから別の光コラボに再転用したい場合は、一度解約をして新規契約を行わなければならないので注意しておきましょう。

フレッツ光のポイントは使い切っておこう

転用してしまうと、フレッツ光は解約となるので溜まっていたポイントも失効してしまいます。転用する前に使い切っておくことをオススメします。

転用するならオンライン申し込みがおすすめ

転用の手続き方法にはいくつか種類がありますが、最もオススメ出来る方法はオンライン申し込みです。それぞれの申し込み方法についてご説明します。

家電量販店で申し込みをする

家電量販店では様々な特典などをつけてキャンペーンを行っているケースが多いです。

しかしあまりお得にならない特典ばかりで、結果的に「この特典は要らなかった」と感じてしまったという声も多いです。

また、対面での販売は「押しが強い」「よく解らないまま契約することになってしまった」といった失敗談もよく聞かれます。ゆっくりと考えて契約をしたい方には向きません。

ソフトバンクショップで申し込みをする

ソフトバンクショップでは携帯やスマホとのセット契約をすることで割引が得られるキャンペーンがあります。スタッフも専門知識を持っている人が多いので比較的安心して契約できると言えます。

ですが、オンライン申し込みと比べると特典があまり充実していないというデメリットもあります。

オンライン申し込みで申し込みすると特典が得られる

対面ではないので押しの強い勧誘などを受けることもありませんし、自分でゆっくりと内容を確認できます。

オンラインでの申し込みは現金のキャッシュバックが受けられるケースが多く、料金などもしっかりと明示されているのでわかりやすいです。

また、仕事が忙しくてショップや家電量販店が開いている時間に来店するのが難しいという方でもネット申し込みならいつでも好きな時間に行えるというメリットがあります。

まとめ:ソフトバンクスマホを持っているなら乗り換えよう!

ご紹介したように、フレッツ光もソフトバンク光も回線は同じなので速度が遅くなるといったことはありません。

ソフトバンクスマホを持っていればとてもお得になるのでぜひ乗り換えを検討しましょう!

その際は便利で特典が充実しているオンラインでの申し込みがオススメです。

 

光回線 ソフトバンク光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。