フレッツ光からソフトバンク光の転用について

やさしくねっと.

フレッツ光からソフトバンク光へ転用する前に知っておくべきキャンペーン 

 

光コラボレーションが始まり、フレッツ光から他の回線への転用ができるようになりました。

原則工事費用もかからず、簡単に転用ができるため人気を集めています。

最近はネットの広告・テレビCMでソフトバンク光に乗り換えを検討している人が多いのではないでしょうか。

しかし、場合によっては乗り換えることで損する可能性もあります。

本ぺージでは乗り換えたら本当にお得なのか、ソフトバンク光のお得な割引やキャンペーンについて解説します。

ソフトバンク光とフレッツ光の料金比較

まず、ソフトバンク光とフレッツ光の料金を比較して、乗り換えて料金が安くなるのか説明します。

下の表は実際に料金を比較したものになります。

回線名ファミリーマンション
フレッツ光
(東日本)
5,700円4,150円
~5,150円
フレッツ光
(西日本)
5,010円3,730円
~4,620円
ソフトバンク光5,200円3,800円

いずれも新規契約した場合の現在の月額料金(プロバイダ料込)です。

フレッツ光はプロバイダはyahooBB(ソフトバンク)で試算しています。

フレッツ東日本の利用者は乗り換えよう

上記比較表の通り、フレッツ光東日本の場合はソフトバンク光に乗り換える(転用と言います)ことで、月額料金が安くなります。

比較表ではフレッツ光のプロバイダをyahooBBで試算していますが、どのプロバイダを利用していても、東日本の場合は概ねソフトバンク光の方が安くなります。

マンションタイプの場合はフレッツは住居数が多いと安くなるので、最安値のプランに該当している場合はソフトバンク光の方が高くなる可能性もあります。

しかしあくまで最安値の場合のみで、大体のケースでフレッツ東日本の方が割高になります。

なのでフレッツ東日本のユーザーはソフトバンク光に乗り換えた方がお得です。

フレッツ西日本の利用者は乗り換えで高くなることも

フレッツ西日本のユーザーはソフトバンク光に乗り換えて、月額料金が上がる可能性があります。
フレッツ西日本のファミリータイプは回線料金が3,810円、プロバイダ料金を最安の500円にした場合は計4,310円です。

ソフトバンク光は月5200円なので、乗り換えると大幅に高くなるケースもあります。

あくまで新規契約した場合の比較なので、現在利用しているフレッツ光のプランによってはソフトバンク光の方が安くなる可能性もあります。
いずれの場合にしても、実際に現在支払っている月額料金を確認して、ソフトバンク光の方が安くなるかどうか検討してみてください。

 ソフトバンク光はスマホとのセット割引がお得

ソフトバンク光はソフトバンクのスマホとセット割(おうち割)を行うことができます。

この割引で料金がかなり安く利用することが可能。
割引額の詳細は下記の通りです。

スマホプラン名スマート値引き額
少容量(2GB)500円
標準(5GB)(20GB)1,522円
大容量(30GB)2,000円

プランによって異なりますが、最大2,000円の割引が適応されるのはお得ですね。
おうち割はオプションパックの加入が必須条件になるので注意。
加入が必要なオプションは下記の3つです。

    • 光BBユニット(無線LANルーター)のレンタル(467円)
    • Wi-Fiマルチパックor地デジパック(990円)
    • ホワイトひかり電話(467円)

パック料金で月額500円に。

合計月2,000円の追加料金が必要になりますが、これらがセットになって月額500円で利用することができます。

なので、標準プラン(月1,522円)の割引を適応すると、1,522(割引額)ー500(月額料金)=1,022円の割引になります。

オプションを一つでも解除すると、「おうち割」の割引も解除になるので注意しましょう。

ソフトバンク光はキャッシュバックキャンペーンがある

フレッツ光からソフトバンク光への転用は正規代理店から申し込みをすることでキャッシュバックを受け取ることができます。

フレッツ光からの転用の場合のキャッシュバック金額は11,000円と大きく、別途オプションに加入する必要もありません。

転用する際は初期工事費も掛からないのでお得です。

⇒ソフトバンク光のキャンペーンをチェックする

フレッツ光の転用について

ソフトバンク光は光コラボレーションと呼ばれる種類の光回線で、フレッツ光からの乗り換えであれば、回線工事が不要で簡単な手続きで移行することが可能です。

これをフレッツ光から転用すると言います。

転用の場合は回線工事が不要だけでなく、フレッツ光の解除料金(違約金等)も不要なため、気軽に移行することが出来ます。

関連記事:光コラボレーションとは?転用とは?メリットとデメリットまで解説

まとめ

今回はフレッツ光からソフトバンク光への転用する際の注意点・キャンペーンについて解説しました。
フレッツ光は東日本・西日本によって料金が異なります。

フレッツ東日本のユーザーは料金が安くなるのでソフトバンク光への転用をオススメします。

フレッツ西日本は場合によるので、現状の料金とソフトバンク光の料金どちらが安いのか確認しましょう。
また、ソフトバンクのスマホユーザーはセット割りで最大2,000円も料金が安くなるので、ソフトバンク光への転用をオススメします。

⇒ソフトバンク光のキャンペーンを見てみる

 

光回線 フレッツ光 フレッツ光転用 光回線 光コラボレーション    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。