フレッツ光が安くなる詐欺に注意

やさしくねっと.

フレッツ光が安くなる詐欺に注意!光回線の電話勧誘は全部断るべき

 

「フレッツ光が安くなります」

「キャッシュバックも貰えます」

というような電話勧誘を受けたことがある人は多いと思います。

電話主はNTTと名乗ったり。KDDIと名乗ったり、様々ですが、いずれにしてもこれらの電話営業に耳を貸してはいけません。

勧誘電話の主は総じて代理店

フレッツ光を利用していると、「フレッツ光が今よりも安くなる」といった内容の勧誘電話がかかってくることがあります。

インターネットは今では欠かせないものとなっているだけに、その料金が安くなると言われると気になりますよね。

しかし、フレッツ光が安くなるという勧誘電話には注意が必要です。

そういった電話はだいたいNTTやKDDIと名乗って電話してきますが、NTTやKDDIが直接電話で勧誘することはまずありません。

実際にはそのほとんどがNTTやKDDIを勝手に名乗っているだけの「悪徳な代理店」です。NTTやKDDIは知名度があるので、そう名乗った方が仕事がしやすいのです。

自社の名前を名乗らず、知名度の高いNTTなどの名前を勝手に使うような代理店は総じて悪徳な代理店ばかりです。NTTやKDDIを名乗られた時点で「怪しい」と疑ったほうが良いでしょう。

光コラボとauひかりの販売店が多い

勧誘電話をかけてくる販売店の多くは光コラボレーションの販売店です。

光コラボレーションとはフレッツ光の回線を他の事業者がレンタルし、そこに独自のサービスを追加して提供している光回線サービスのことです。

参考記事:フレッツ光の卸売りで始まる光コラボレーションモデルとは何か

光コラボレーションによって多くの事業者が光回線のサービスを開始し、競争が激しくなっています。

そのためよりたくさん契約をとるために詐欺まがいの勧誘電話を掛ける悪徳な代理店が増えています。

また、光コラボレーションの競争激化によってauひかりの勧誘も非常に増えています。auひかりの勧誘業者はKDDIを名乗ることが多いです。

ところがKDDIのような大手プロバイダは基本的には直接電話を掛けることはありません。KDDIと名乗る電話のほとんどがauひかりを扱う代理店です。

KDDIはauひかりに関して直接営業活動を行わず、代理店に委託しています。

委託された代理店は契約本数が多ければ多いほどKDDIからの報酬が多くなり、お店の売り上げが増える仕組みになっています。

お店の売り上げをあげるために、悪質な勧誘電話を掛ける代理店も存在するのです。中には平気でうそをついたり、詐欺まがいのことまでしたりする悪徳な代理店も存在します。

乗り換えて安くなるは本当?

光コラボの勧誘電話の多くは、フレッツ光からコラボ光に乗り換えることで値段が安くなる、という内容ですが実際に安くなることはあまりありません。

何故ならフレッツ光が他社に比べて特別高いわけではないので単に他社回線に乗り換えてもそこまで下げることはできないからです。

そもそも光コラボレーションに限っては回線業者がフレッツを購入して再販しているわけですから極端に安く提供できるわけがありませんよね…

むしろ、乗り換えることで料金が高くなったり、フレッツ光への解約手数料などが発生して余計なお金を払うことになったりすることがあります。

ただし、フレッツ光から乗り換えることでスマホセット割が適用される場合は月額料金が大幅に安くなります。

安くなるケースはスマホセット割

スマホセット割とは大手携帯電話会社が実施しているサービスで、スマホとインターネットの両方を同じ会社でまとめて契約することで月額料金が安くなるというものです。

スマホセット割はドコモが提供しているドコモ光、ソフトバンクが提供しているソフトバンク光、auが提供しているauひかり等があります。

例えば現在利用しているスマホがドコモのスマホの場合はフレッツ光からドコモ光に転用すると「セット割」が適用されます。

セット割ならプランにもよりますがスマホの月額料金が最大で3,200円も安くなります。

関連記事:フレッツ光からドコモ光へ転用するのは本当に得か?

このように、光コラボはスマホとのセット割引を含めて初めてお得になります。

勧誘電話などでよく言う「乗り換えるだけで安くなる」というのは厳密には間違いで、ほとんどの場合はむしろ損をしてしまいます。

乗り換える場合は必ず本当に安くなるかどうかを調べてから検討しましょう。勧誘電話の甘い言葉に乗せられてはいけません。

高額キャッシュバックは大半が嘘

光回線の勧誘電話ではよく「高額のキャッシュバックが貰える」などと言われることがあります。

しかし、これも勧誘するために言っているだけで実際にはキャッシュバックを貰うのに厳しい条件を満たさないといけなかったり、そもそもキャッシュバックを行っていないのに嘘をついていたりすることもあります。

現在インターネットなどでプロバイダが行っているキャシュバックキャンペーンは光コラボなら高くて1万円と工事費分くらい、auひかりでも3万ほどです。

参考記事:ホントに貰える?auひかりの代理店比較と契約する際の注意点

電話勧誘でこれを超える高額なキャッシュバックが得られるケースはほとんどありません。

キャッシュバックが欲しいならインターネットでちゃんとした正規代理店を探しましょう。

光コラボレーション自体は悪いサービスではない

ここまでの説明を聞いていると光コラボレーション自体にあまりいい印象を持たなくなったかもしれませんが、光コラボ自体は決して悪い物ではありません。

各事業者がそれぞれフレッツ光にはない独自のサービスを行っており、スマホセット割のようにフレッツ光から乗り換えることで実際に安くなることもあります。

注意しなければならないのは強引に加入させようとする悪徳な代理店です。光コラボレーション自体はとても良いサービスですし、代理店の中にも優良なお店はたくさんあります。

フレッツ光から光コラボレーションに乗り換える場合は、悪徳な代理店は利用せず、しっかりとした代理店を選ぶことが大事です。

まとめ

ここまで光回線の電話勧誘に関して解説してきました。基本的に電話による光回線への勧誘は悪質なことがほとんどなので、すべて断るべきです。

とくにNTTやKDDIを名乗り、光コラボレーションへの乗り換えをすすめてくる電話には注意が必要です。

そういった電話はたいてい代理店が勝手にNTTなどを名乗り、強引に勧誘しようとしているからです。

光コラボレーション自体は悪い物ではないので、乗り換えをする場合は本当に安くなるかを自分でしっかりと調べ、インターネットなどで優良な代理店を探してトラブルなどを起こさないようにしましょう。

関連記事:元販売員が教えるフレッツ光の料金が高い理由と安くする方法も合わせてご一読ください。

 

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。