ぷらら光のひかりTVセット割引

やさしくねっと.

フレッツ光とひかりTVを利用しているならぷらら光へ転用するべき

 

ひかりTVは、繋ぐだけの簡単操作で多くのチャンネルを楽しむことができるサービスです。

アンテナの設置が不要で、機器の準備もこちらでしなくていいので気軽に利用できます。

フレッツ光でひかりTVを利用している人も多いのではないでしょうか。

フレッツ光とひかりTVを利用している場合、ぷらら光に転用するだけで料金をグッと下がります。

本ページではひかりTVユーザーがフレッツ光からぷらら光へ転用すると、どれだけメリットがあるのかを解説します。


転用すると月額料金が安くなる

フレッツ光からぷらら光に転用すると月額料金が安くなります。フレッツ光とぷらら光のインターネットの月額料金を表にまとめると以下のようになります。

回線名ファミリーマンション
ぷらら光4,800円3,600円
フレッツ光
(東日本)
5,600円
4,250円
~4,750円
フレッツ光
(西日本)
4,810円3,330円
~4,220円

※フレッツ光はプロバイダぷららの場合の価格。
※フレッツ光の価格は現在新規契約した場合のものなので現在利用中の方の料金とは異なる場合があります。

フレッツ光は西日本と東日本とで料金やサービス内容が異なります。

フレッツ西日本には、使えば使うほど月額料金が割引される「光もっともっと割」というサービスがあります。こちらが適用されると非常に安くなるので、場合によってはぷらら光のほうが高くなる可能性がありますが、概ね安くなることが多いです。

フレッツ東日本にはそういったサービスやキャンペーンはありませんので、ぷらら光に乗り換えれば安くなります。

ひかりTV利用でさらに安く

インターネットの料金だけを見ても、フレッツ光からぷらら光に乗り換えることで安くなることがわかりましたが、ひかりTVを利用する場合はさらに安くなります。

フレッツ光TVで利用できる「ひかりTV」は実はぷららが提供しているサービスです。そのためぷらら光とひかりTVをセットで利用することでとても安くなります。

例えば基本サービス11ch+専門チャンネル40chの合計50ch以上が見られる「テレビおすすめプラン」で比較すると、下記のようになります。

    • フレッツ東日本:基本料金2,700円+チューナー代500円=3,200円
    • フレッツ西日本:基本料金2500円+チューナー代500円=3,000円
    • ぷらら光:基本料金900円+チューナー代無料=900円


※ぷらら光はひかりTVへの割引を適応

フレッツ光でひかりTVを利用するケースと比べるとかなり安くなっていますね。

ひかりTVを使っている人はぷらら光への転用をオススメします。

ぷらら光のひかりTV割引の内容とは

ぷらら光とひかりTVのセット割引は具体的には3つの割引内容があります。

それらの料金と適用される期間を表にまとめると以下のようになります。

割引プラン名1年目2年目3年目
チューナー代無料
(月500円)
××
2ねん割
(月1,000円引き)
×
セット割
(月600円引き)
料金
(通常料金2,500円)
900円1400円2,500円

※チューナ代は基本料金に追加される

※◯が適応、×が適応されない

このように、適応期間がバラバラなので注意しましょう。

また適応プランはテレビおすすめプラン、ビデオざんまいプラン、お値打ちプランの3つです。

<フレッツ光からぷらら光転用の一例>

ひかりTV2ねん割で月1,000円割引

ひかりTV2ねん割は、ひかりTVを2年間継続利用することを前提に月額料金が1,000円割引されるサービスです。

また、2ねん割で申し込んだ場合は4K対応の最新モデルのチューナーをレンタルできます。通常のシングルチューナーをレンタルするのと同じ値段でありながら、より高性能なチューナーをレンタルでき、より快適にテレビを楽しめます。

ただし、こちらのサービスは2年経過すると割引がなくなります。さらに2年以内に解約したり対象外のプランに変更した場合は違約金として9,000円を支払わなければなりません。

すでに2ねん割が適用されている場合

2ねん割はぷらら光だけの割引ではなく、フレッツ光+ひかりTV契約時にも適用される割引プランです。

例えばフレッツ光+ひかりTVの利用1年目の場合、すでにひかりTVの2ねん割が適用されていることがあります。

その状態でぷらら光+ひかりTVへ転用した場合は新しく2ねん割に再加入するような形となります。その際フレッツ光の違約金、及びひかりTVの違約金は発生しません。

ひかりTVセット割りで月600円割引

ひかりTVセット割はひかりTVとぷららの同時契約で月額料金が600円割引されるサービスです。こちらはぷらら光とひかりTVの両方を契約している間はずっと割引になります。

他の割引は期間が決まっていますが、ひかりTVセット割は条件さえ満たせばずっと適応されます。

セットで契約するのが条件ですので、ぷらら光とひかりTVのどちらかを解約した時点で、割引は適応されなくなりますので注意してください。

チューナー代500円が1年間無料

テレビを視聴するためのチューナーはレンタルか購入を選ぶことができます。

ひかりTB対応テレビを持っている場合はチューナーは必要ありませんが、それ以外の場合チューナーが必要になり、レンタルすると通常500円かかります。

ぷらら光とひかりTVをセットで契約すると、そのチューナー代が1年間は無料になります。

1年経過すると通常通り500円かかるので、注意しましょう。

フレッツ光の転用について

光回線を契約したり乗り換えたりする場合は通常であれば回線工事をする必要があります。

しかし、ぷらら光はフレッツ光と同じ回線を使うので回線工事及びそれに掛かる費用は発生しません(状況によっては発生することがありますが原則工事は不要です)。

フレッツ光からぷらら光等の光コラボレーションサービスに乗り換えることを「フレッツ光から転用する」と言います。

新規の場合は最大で1,8000円の工事費がかかりますが、転用なら工事費はかからないのでお得ですね。

転用についての詳細は、光コラボレーションとは?転用とは?メリットとデメリットまで解説で詳しく解説しています。

フレッツ光のサービスを一部引継ぎ可能

ぷらら光ならフレッツ光のオプションサービスの一部を引き継いで利用することができます。

引き継いで利用できるオプションはひかり電話、リモートサービス、24時間出張サービスです。

これらのサービスは引き継ぎ時に特別な手続きをしなくても継続することができます。

プロバイダのサービスは引き継げないので注意

転用の際に引き継げない可能性があるのが「プロバイダサービス」です。

ぷらら光はプロバイダがぷららだけですが、フレッツ光の場合はOCNやYahooなど、多数のプロバイダの中から好きなプロバイダを選んで利用できます。

もし現在利用しているプロバイダがOCNやyhaoo等他社の場合はぷらら光では利用できませんので、解約する必要があります。

プロバイダを解約すると当然プロバイダのメールアドレスやその他割引サービスなどは使えなくなります。

例えば「@ybb.ne.jp」のようなメールアドレスは利用できません。

フレッツ光のプロバイダがぷららの場合はそのまま利用できます。

少し余談ですが、フレッツ光でぷらら以外のプロバイダを利用している場合、ぷらら光に転用してもこちらから解約の申し出をしないと継続して利用することになります。

なので例えば「OCN光 with フレッツ」からぷらら光に転用する際はOCNの解約手続きを行いましょう。

まとめ

今回はひかりTVを利用しているユーザーがぷらら光に転用した際のメリットについて解説しました。

ぷらら光はそのまま乗り換えても料金が安くなりますが、ひかりTVを利用している場合はさらにお得になります。

ぷらら光はフレッツ光の回線を利用するので工事の必要がありません。そのため工事費がかからず、転用にかかる時間も短いです。

ひかりTVをよりお得に利用したい方は、ぜひぷらら光への転用を検討してみてください。

⇒ぷらら光の公式サイトはこちら

 

光回線 フレッツ光 フレッツ光転用    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。