光回線

フレッツ光からの乗り換えにお勧めな光回線5選

auひかりやNURO光、光コラボなどフレッツ光以外で光回線の選択肢が増えてきました。長年フレッツ光を使っていた人も、安さやメリットに惹かれ他社光に乗り換えするケースが増えてきています。

しかし、光回線の契約やプランはわかりにくく「どれを選べば良いのかわからない」というのが正直なところではないでしょうか。

そんな方向けに、この記事ではフレッツ光から乗り換えするのにおすすめな5回線を紹介していきます。

具体的には、auひかりNURO光ソフトバンク光ドコモ光So-net光がおすすめです。

回線 料金(戸建)
フレッツ光 5,100円
auひかり 5,100円
NURO光 4,743円
ソフトバンク光 5,200円
ドコモ光 5,200円
So-net光 5,200円

どんな人にどの光回線がおすすめなのかを具体的に説明しているので、是非参考にしてみてください。

キャンペーン重視ならauひかり

auひかりはKDDIが運営する光回線です。後述する光コラボと違い、フレッツ光とは別回線を引いているので、フレッツ光がエリア外の場所でも利用可能です。

auひかりの料金(戸建プラン)は5,100円/月でフレッツ光と変わりませんが、ずっとギガ得プランの利用で2年目は-100円(5,000円)、3年目以降は-200円(4,900円)となるためフレッツ光よりも安く利用できます。

また、auスマホを使っている場合はauスマートバリューで最大2,000円/月割引されるので、au利用者はauひかりが一番お得です。

モバイルプラン 割引額
データ定額10/13/30(GB) 最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/8/20(GB)
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)

auひかりのキャンペーン情報

auひかりの最大の特徴は、キャンペーンのお得さです。他の光回線と比べても一番キャッシュバック金額が大きくお得度が高いです。

例えば株式会社ネクストという代理店のキャンペーンだと、38,000円〜50,000円のキャッシュバックがもらえます。

光回線の乗り換えは、解約金や工事費でお金がかかります。このような高額キャッシュバックで補填できるのは嬉しいところですね。

詳しい詳細やキャンペーン内容は時期によっても変わるので、確認してみてください。

auひかりのキャンペーン比較を確認する

auひかりはこんな人におすすめ

  • auスマホを使っている人
  • 少しでもお得に契約したい人
  • auひかりの対象エリアに住んでいる人

安さと速さならNURO光

NURO光はSONY系列の光回線で、So-netがプロバイダになります。

NURO光の特徴は「回線の安さ」「回線スピード」です。

NURO光の戸建プランは4,743円/月なので、フレッツ光と比べて300円ほど安いです。

さらに、ソフトバンクのスマホを使っていると「おうち割」が適用され、最大1,000円/月の割引が受けられます。

プラン 割引額
スマ放題
スマ放題ライト
データ定額ミニ 1GB
(スマ放題の場合:1GB,2GB)
500円
データ定額 5GB 1,000円
データ定額 20GB 1,000円
データ定額 30GB 1,000円
データ定額 50GB 1,000円
スマ放題 データ定額
(3G ケータイ)
500円
( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE 500円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G 500円
4G/LTEデータし放題フラット、4Gデータし放題フラット+(ポケットWi-Fi) 1,000円

また、NURO光の一番の売りは最大2Gbpsの高速回線です。あくまで理論値なので実際に2Gbpsが出ることはありませんが、他社よりも速く快適に利用できます。

これまで関東だけだった対応エリアも、東海・関西へと拡大しているので、対応エリアに住んでいる人はまずはエリアを確認してみましょう。対応している場合はNURO光がおすすめです。

NURO光のエリアを確認する

NURO光のキャンペーン情報

NURO光もauひかりに次いでキャッシュバック金額が大きい光回線です。

例えばアシタクリエイトという代理店のキャンペーンだと30,000円〜40,000円のキャッシュバックがもらえます。

その他のキャンペーンについても随時紹介しているので、以下ページで確認してみてください。

参考記事:代理店からの申し込みは本当にお得?NURO光のキャンペーン比較

NURO光はこんな人におすすめ

  • NURO光対象エリアの人
  • ソフトバンクスマホを使っている人
  • 高速インターネットを使いたい人

ソフトバンク利用者ならソフトバンク光

3つ目におすすめする光回線はソフトバンク光です。

ソフトバンク光は光コラボと呼ばれていて、フレッツ光をベースにした光回線です。フレッツ光の設備をそのまま使えるので、基本的に工事費がかからず、簡単に切り替えができます。

ソフトバンク光の戸建タイプもフレッツ光と同じく5,200円/月ですが、ソフトバンクスマホを使っている場合、おうち割が適用されます。前述のNURO光と同じですね。

プラン 割引額
スマ放題
スマ放題ライト
データ定額ミニ 1GB
(スマ放題の場合:1GB,2GB)
500円
データ定額 5GB 1,000円
データ定額 20GB 1,000円
データ定額 30GB 1,000円
データ定額 50GB 1,000円
スマ放題 データ定額
(3G ケータイ)
500円
( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE 500円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G 500円
4G/LTEデータし放題フラット、4Gデータし放題フラット+(ポケットWi-Fi) 1,000円

ソフトバンク利用者でNURO光がエリア外の場合におすすめな回線です。

ソフトバンク光のキャンペーン情報

ソフトバンク光の場合、11,000円〜25,000円ほどのキャッシュバックキャンペーンがあります。

新規申し込みの場合はキャッシュバック金額が大きいですが、その分手間や工事費用がかかります。

転用の場合、キャッシュバック金額は11,000円ほどに下がりますが、手間もなく工事費もかけずに乗り換えができるので、総合的にみると転用の方がお得です。フレッツ利用者は特にお得に契約できるということです。

ソフトバンク光はこんな人におすすめ

  • NURO光エリア外でソフトバンクスマホを使っている人
  • 現在フレッツ光を利用している人

⇒ソフトバンク光の詳細はこちら

ドコモ利用者は無条件でドコモ光

ソフトバンク光と同じく光コラボのドコモ光もおすすめです。ドコモ光もフレッツ光と同じく戸建プランは5,200円/月ですが、ドコモスマホを利用している場合最大3,000円/月の割引が受けられます。

利用プラン(スマホ)

割引額
データSパック(小容量)
500円
データMパック(標準)
800円
ウルトラデータLパック
900円
ウルトラデータLLパック
1,100円
シェアパック5(小容量)
800円
シェアパック10(小容量)
1,200円
シェアパック15(標準)
1,800円
ウルトラシェアパック30
2,500円
ウルトラシェアパック50
2,900円
ウルトラシェアパック100
3,500円

ドコモのスマホを使っている場合はドコモ光一択です。

また、光コラボなのでフレッツ光からの転用時初期費用がかからないのもおすすめポイントの1つです。

ドコモ光キャンペーン情報

ドコモ光は他社と比べて代理店がおこなっているキャンペーンが少なく、その代わりに公式が20,000円分のポイントプレゼントキャンペーンをおこなっています。

こちらも時期によってキャンペーン内容が変わるので、確認してみてください。

参考記事:ドコモ光のキャンペーン・一番お得な契約方法を解説

ドコモ光はこんな人におすすめ

  • ドコモスマホを使っている人
  • 現在フレッツ光を使っている人

auひかりがエリア外ならso-net光もあり

So-net光は、So-netが提供する光コラボ回線です。

戸建プランの料金はフレッツと同じく5,200円/月。ソフトバンク光やドコモ光同様フレッツ光からの転用時に初期費用がかからないのが特徴です。

また、So-net光はauスマホを使っている場合、auスマートバリューを適用することができます。

auひかりと対応エリアが違うので、auスマホを使っているけどauひかりがエリア外の人はSo-net光を使えば割引が受けられます。

So-net光のキャンペーン情報

So-net光では、月額料金から30ヶ月400円を割り引くキャンペーンをおこなっています。また、ひかり電話を同時に契約すると3,000円キャッシュバックも追加されます。

正直他の光回線のキャンペーンよりもインパクトは弱いですが、auスマートバリューが使えるメリットは大きいです。auスマホを使っているけどauひかりエリア外の人はSo-net光がおすすめです。

参考記事:auスマートバリューが適用されるso-net光コラボレーションの評判や料金の解説

So-net光はこんな人におすすめ

  • auスマホ利用だけどauひかりエリア外の人
  • 現在フレッツ光を利用している人

乗り換えの注意事項

フレッツ光から乗り換えするときは以下の点に注意しましょう。

  • 乗り換えのタイミングはなるべく月末を選ぶ
  • 不通期間が出ないように契約する
  • 違約金に気をつける

 

光回線は、月の途中で契約した場合でも日割り料金にしてくれることが多いです。しかし解約時は月半ばであっても1月分の料金が取られます。なるべく工事日を月末にして、費用がかさまないようにしましょう。

また、インターネットが通じない不通期間が出ないように注意しましょう。先に解約はせず、新しい光の工事が完了してから古い光の解約をするのがおすすめです。コラボ光の場合はフレッツ光から基本的に工事なしで切り替わるので、不通期間はありません。

フレッツ光の解約は、解約金や工事費の残債がかかる可能性があります。解約前に必ず確認をしておきましょう。

まとめ

5つの光回線を紹介しました。まとめると、おすすめは以下のようになります。

  • auひかり:au利用者/キャッシュバックが欲しい人
  • NURO光:ソフトバンク利用者/高速回線が使いたい人
  • ソフトバンク光:ソフトバンク利用者/NUROエリア対象外
  • ドコモ光:ドコモ利用者
  • So-net光:au利用者/auひかりエリア対象外

あなたにあった一番お得な光回線を契約しましょう。