フレッツ光のライトプラン

やさしくねっと.

フレッツ光ライトはお勧め出来る?プランや料金等解説 

 

フレッツ光にはインターネットの通信をあまり利用しない人向けに「ライトプラン」という半従量制のプランがあります。

このプランは一般的なプランと違い、インターネットの使用量によって利用料金が変動します。

「実際ライトプランっていくらかかるの?」

「複雑でよく分からない」

という人もいるのではないでしょうか。

本ページではフレッツ光ライトプランの概要や料金システム等を分かりやすく解説します。

結論からいうと、ライトプランはインターネットをあまり利用せずフレッツテレビや光電話をメインに使う人にお勧めです。

フレッツ光ライトの料金プラン

フレッツ光ライトはインターネットをあまり使わない人向けの半従量制プランです。

通常のフレッツ光は定額制で、毎月決まった月額利用料を支払う代わりに高速な光回線を無制限で使用することできます。

定額であればどれだけ使用しても値段は一緒です。インターネットを日常的に利用する方にとってはで非常にお得です。

しかし、あまり使わなくても料金は一緒なので、普段インターネットをそこまで利用しない人からすると割高に感じることもあります。

そんな方のためのプランがフレッツ光ライトです。フレッツ光が定額なのに対してフレッツ光ライトは基本料金が安く、使った分だけ加算される「従量制」となっています。

インターネットをあまり使わない人ほど安くなるということですね。たとえ使いすぎてしまっても、上限額が決まっているので安心です。

フレッツ光は基本料金の他に、プロバイダに支払う料金もあるので注意しましょう。

フレッツ光ライトの月額利用料は東日本と西日本で少し差があります。以下に東日本と西日本の料金プランをまとめました。

フレッツ光東日本のライトプランについて

フレッツ光は西日本と東日本に分かれていて、それぞれ月額料金が微妙に変わってきます。

下の表がフレッツ光東日本ライトプランの料金表です。

タイプ200MB以下200MB
~1,200MB
1,200MB以上プロバイダ料
ファミリー2,200円2,200円
+30円/10MB
5,200円500円~
マンション2,000円2,000円
+30円/10MB
4,300円

東日本のホームタイプの場合、基本料金は2,200円、上限が5,200円となっています。週に1回メールやホームページ閲覧程度にしか使わない場合は200MBに到達しないので、基本料金のみの支払いになります。

また、動画を視聴したりオンラインゲームをしたりして使用量が1,200MBを越えても、上限である5,200円以上はかからないようになっています。

つまり、1,200MBまでは従量制でそれを越えた場合は定額制に変わるという仕組みになっています。

例えばホームタイプで上限まで使用すると、5,200(基本使用料)+500(プロバイダ料金)=5,700円の料金がかかります。

これは通常のプランより600円ほど高くなっており、上限まで使用するならフレッツ光ネスクトなどの他のプランに加入する方がお得です。

フレッツ光西日本のライトプランについて

次に西日本のライトプランについて説明します。

タイプ320MB以下320MB
~1,320MB
1,320MB以上プロバイダ料
ファミリー2,300円2,300円
+28円/10MB
5,100円500円〜
マンション2,200円2,200円
+30円/10MB
4,400円

西日本のホームタイプの場合、基本料金は2,300円、上限が5,100円となっています。

こちらも東日本とほぼ同じですが、基本料金が少し高い代わりに上限が1,320MBで東日本よりも100MB高く設定されています。

またマンションタイプは基本料金が2,200〜4,400円で、上限が1,110MBとホームタイプより200MB少なくなっているので注意が必要です。

西日本も上限まで使用してしまうと5,100円(基本料金)+500円(プロバイダ料金)=計5,600円の料金がかかり、かなり高値になってしまいます。

他にプランであれば3,810円で通信量無制限で利用ですることができます。上限まで使用するなら他のプランを選んだ方がいいでしょう。

2段階、従量制とは?

フレッツ光ライトは「2段階定額」と従量制を組み合わせた「半従量制」となっています。

2段階定額とは、下限額と上限額の2つの定額料金が設定されている定額サービスです。

下限額より少なかった場合は使用量に関係なく下限額だけ支払いますし、上限額より多くなった場合はどれだけ多く使っても上限額しか払いません。

そして下限額と上限額の間は使えば使うほど料金が加算される従量制になっています。

下記の画像は東日本ファミリータイプの料金表です。

東日本のホームタイプの場合は、使用量が200MB以下の場合は基本料金(2,200円)を支払います。逆に上限である1,200MB以上の場合はどれだけ使っても5,200円を支払います。

そして200MB~1,200MBの間なら10MBにつき30円ずつ加算される、ということになります。

ただ、200MBとか1,200MBとか言われても具体的にどういったことができるの?と思う方も多いかもしれません。

目安ですが、だいたい100MBでメールが80通、ホームページが約60ページ閲覧できます。なので200MBはネットで動画を見るとすぐに超えてしまう通信量といえます。

ひかり電話、フレッツテレビは加算されない

フレッツ光に加入する方の中には同時にフレッツテレビやひかり電話にも加入する方もいると思います。フレッツ光ライトでもひかり電話やフレッツテレビに加入することができます。

また、ひかり電話とフレッツテレビはどれだけ使ってもフレッツ光ライトには加算されないので、安心して使うことができます。

ただし、光テレビはフレッツ光ライトでは利用できません。

ひかりTVを利用したい場合はフレッツ光ネクストを申し込む必要があります。

ライトプランはネットを使わない人向け

現在は通常のウェブサイトでもHD画像や動画を使用しており使用量が多くなってしまいます。

多少でもネットを使う場合は通常の定額コースを利用したほうがお得です。途中でフレッツ光ライトから乗り換えることも可能ですが、最低でも2,000円の工事費が発生します。

やはり、フレッツ光ライトはインターネットをあまり使わない人向けだといえます。

ひかり電話、フレッツテレビメインなら

フレッツ光ライトはネットをほとんど使わずひかり電話やフレッツテレビをメインに使う、という方におすすめです。

ひかり電話はフレッツ光の電話サービスです。月額利用料も500円と割安で、今使っている電話機や電話番号をそのまま使えます。

フレッツテレビは光ファイバーを使ったテレビサービスです。家中のテレビで地デジ・BS/CS放送を視聴できるようになります。光ファイバーなのでアンテナがいらず天候や周囲の環境の影響も受けません。月額利用料も660円とリーズナブルです。

ひかり電話もフレッツテレビも使用はライトプランには加算されません。インターネットを使わないけど、ひかり電話やフレッツテレビを使いたいという人にはライトプランはオススメです。

まとめ

ここまでフレッツ光ライトのサービス内容や料金について解説してきました。フレッツ光ライトは使った分だけ支払う半従量制になっています。

インターネットを毎日使う人はすぐ上限に達してしまい、通常のプランより高くなってしまいます。

そのためインターネットをあまり使わない人向けのプランと言えます。

また、ひかり電話・フレッツTVといったフレッツのサービスはライトプランの使用量に含まれません。なのでインターネットは使わないが電話やテレビを安く使いたいという方にフレッツ光ライトはおすすめです。

 

光回線 フレッツ光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。