フレッツ光ライトプラス

やさしくねっと.

フレッツ光東日本でライトプラスというサービスが始まるらしい

 

b11cfdc0b0760219797509d2031290ea_s

今のところ東日本限定みたいですが、2016年3月1日からフレッツ光の二段階定額サービス、フレッツ光ライトプラスというサービスが始まるらしいです。

NTT東日本、「フレッツ 光」を3000MB月額3800円から利用できる二段階定額サービス -INTERNET Watch

NTTの公式発表はこちら。

「フレッツ 光ライトプラス」の提供開始について

プラスが付くのはあまり知られてないけど元々「フレッツ光ライト」というプランがあるからなんですよね。こちらは東西両方あります。

本ページではNTT東日本で新しく開始されるプラン、フレッツ光ライトプラスについて簡単に解説します。


スポンサーリンク



サービス概要

ざっくりいえば通信容量3,000MB(約3GB)までの利用なら月額3,800円、上限10,000(約10GB)以上なら5,500円、その間(3GB~10GB)は100MBごとに24円課金されていくイメージです。

    • 3GBまで - 3,800円
    • 3GB~10GB - 3,800円+100MBあたり24円の課金
    • 上限(10GB) - 5,500円

※価格に消費税は含まれておりません。

例えば5GBくらい使った場合はこんな計算になります。

3,800円(3GB分)+480円(残り2GB課金分)=4,280円

他プランとの比較

フレッツ光ライトプラスは他のプランと比べてお得なのか。

結論から言うと、微妙・・・ですね。まあ悪くはないかもといったところ。

NTT公式によると現在普通のフレッツ光ファミリータイプ(東日本)の月額は5,200円、フレッツ光ライトのファミリーは下限(200MBまで)が2,800円、上限(1.2GB)は5,800円です。

    • フレッツ光(通常プラン) - 5,200円
    • フレッツ光ライト - 2,800円(200MBまで)~5,800円(1.2GB以上)
    • (新プラン)ライトプラス - 3,800円(3GBまで)~5,500円(10GB以上)

という感じ。

ライトプランは本当にほとんど使わない人なら安いけど1GBでも使うなら今回の新プランの方が安く使える感じですね。

もう本当に従来のライトプランは解約した方がいいんじゃないかってくらい使わない人じゃないと安くならないようなプラン。存在意義を感じない笑

だからあんまり使わないけど1GBくらいは使うって人のためにメリットのあるプランを作ったんじゃないかと思います。

どれくらい使う人にオススメできるか

正直上限を従来のフレッツ光に合わせていてくれたらかなりの人にとってメリットのあるプランだと思ったんですが300円とは言えわずかならが高くなるのでホント、微妙なプランですよね。

だけど普段3GBとか5GBくらいしか使わない人なら少し安く出来るのでアリかなあと思います。いつもより多く使ってしまって上限の10GBを超えてしまってもまあ300円しか変わらないわけですからね。平均的に見れば安くなるかもしれません。

ただデメリットとしては通常今のフレッツ光の通信速度は概ね1Gbpsなんですが、今回のライトプラスは100Mpsなので通信速度が遅くなってしまうかもしれません。

まあどちらにしてもネットをあまりがっつり使わないライトユーザー向けプランなので100Mbpsもあればあまり問題ないかもしれませんが。

ちなみに通信量1GBの目安は、

    • パソコンでのウェブページなら約3000ページ
    • youtubeの標準画質の動画なら約50分
    • Skypeの音声通話なら1000分

くらいなので5GBくらいでも結構使えますよね。

自宅でネットを使って仕事をしている人や動画を毎日視聴する人、オンラインゲームをする人を除けば案外ライトプラスの方が安く済みそうな気もします。

公式発表にはないので確認が必要ですが今使っているフレッツ光からのサービス変更も出来ると思うので(今あるライトプランは可能)様子を見ながら検討してみるものいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク



 

フレッツ光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。