フレッツ光を契約する前に確認すべき注意点

やさしくねっと.

フレッツ光を契約する前に確認すべき注意点

 

自宅でネットができるようになるフレッツ光。タブレット・スマホの普及によって、更に需要を拡大しています。

フレッツ光を導入する際初期費用や違約金がどれぐらいかかるか気になる人は多いのではないでしょうか。

今回は申し込み前の注意点である初期費用・違約金に加えて、キャンペーンについても解説します。

初期工事費は必ずかかる

光回線を利用する場合は自宅や自室に光ファイバーを引くための工事をする必要があります。フレッツ光も例外ではないので、契約をする際には初期工事費がかかります。

初期工事費はフレッツ西日本と東日本で少し異なります。フレッツ光の初期工事費を以下の表にまとめました。

フレッツ東日本の工事費について

まずはフレッツ東の工事費から見ていきましょう。

回線タイプ総額(一括払い)分割払い
ファミリータイプ
(屋内工事有り)
18,000円初回3,000円

2回目以降500円×30ヵ月
ファミリータイプ
(屋内工事無し)
7,600円初回3,000円

2回目以降170円×30
マンションタイプ
(屋内工事有り)
15,000円初回3,000円

2回目以降400円×30カ月
マンション
(屋内工無し)
7,600円初回3,000円

2回目以降170円×30ヵ月

東日本の場合はホームタイプ・マンションタイプともに屋内配線の工程を行うかどうかで工事費が大きく変わります。

以前光回線やフレッツ光を利用したことがあり、すでに屋内配線が引いてある場合は屋内配線を引くための工程が必要なくなるのでその分工事費が安くなります。

フレッツ西日本の工事費

次にフレッツ西の工事費を見ていきます。

回線タイプ総額(一括払い)分割払い
ファミリータイプ18,000円初回3,000円

2回目以降500円×30ヵ月
マンションタイプ15,000円初回3,000円

2回目以降400円×30カ月
マンション
(LAN方式)
7,600円初回1,600円

2回目以降200円×30ヵ月

西日本はホームタイプの場合、そもそも屋内配線がある物件がほとんどないので工事費は一定です。マンションタイプの場合、配線のタイプがLANケーブルを使用する「LANタイプ」の場合は他の配線方式よりも安く工事できます。

東日本、西日本ともになかなか高額な工事費がかかります。他社の光回線では条件を満たすことで工事費が無料になったり、月額料金割引やキャッシュバックで実質無料になったりすることがあります.

しかし、フレッツ光にはそういった工事費無料キャンペーンがありません。工事費は必ず支払うことになります。

また、工事費は規約によって定められているので自分でやるとか、すでにケーブルがある等の理由で安くなったり、免除となることは通常ありません。

解約の際に発生する違約金について

契約時には忘れがちですが、解約の際にかかる違約金も確認しておくべきポイントです。

フレッツ光は下記の3種類の違約金、解除料金を払う必要があります。

    • 割引プランの違約金
    • 工事費の残金
    • プロバイダへの解約料金

フレッツ光は月額利用料が安くなる割引プランを実施しています。これらプランは2年契約を前提としているので、契約から2年経過すると更新月(2カ月)がやってきます。

その更新月で解約すれば違約金はかかりませんが、更新月以外で解約すれば違約金が発生するので要注意です。

また、フレッツでは初期工事費を30分割して、月ごとに支払いをしています。30ヶ月未満で解約すれば、工事費の残金を払う必要があります。

さらに、フレッツ光を利用する際はプロバイダと契約しているので、プロバイダに対しても解約金を支払わないといけません。

金額は各プロバイダによって違います。例えば、so-net・ぷららは0円ですが、OCN・Yahoo!BBは5,000円かかります。

このように、割引プラン・工事費残金・プロバイダへの解約料金の3つの支払いが発生するので要注意です。

フレッツ西の違約金について

フレッツ西日本の割引プランは「光もっともっと割り」、このプランの違約金は使用年数によって細かく変動があります。下記の画像は違約金の詳細になります。

解約料金は1年目10,000円、2年目5,000円、3年目30,000円とかなりバラバラです。3年目で解約すると、解約料金が最も高くなるのできるだけ避けたいですね。

2年間使えば更新月がきて、その期間に解約すれば違約金がかからないので、解約する際はそこを狙いましょう。

また工事費については最初に3,000円を支払い、残りの工事費は30回にわけて分割で支払います。つまり、工事費を支払うためには最低でも31ヶ月は継続してフレッツ西日本と契約する必要があり、それまでに解約した場合は残った工事費を支払わないといけません。

プロバイダへの違約金は会社によって変わってきます。例えばOCNの場合、2年ごとの解約月以外で解約すると違約金が発生します。他にもYahoo!BBの場合は開通ど、2年以内に解約すると5,000円の解除料が発生します。

フレッツ東の違約金について

フレッツ東日本の割引プラン「にねん割り」は2年ごとに更新月がやってきます。それ以外の期間に解約すると、違約金が発生します。

    • マンションタイプ:1,500円
    • ファミリータイプ:9,500円

更新月であれば違約金がかからないので、お得に解約することができます。

また、工事費の残金支払いについてはフレッツ西と全く同じです。こちらも分割した初期工事費を払い終わる前に解約した場合は残りの分を支払わないといけなくなります。30ヶ月未満で解約すると支払いが発生するので要注意。

さらにプロバイダへの違約金ですが、西日本と同様です。例えば、OCNは2年以内に解約すれば5,000円の違約金が発生します。

会社によって違うので要確認が必要です。

キャンペーンは現在個人向けはほぼない

以前はさまざまなキャンペーンをフレッツ光でもしていましたが、最近では個人向けのキャンペーンはほとんどなくなってしまいました。

現在でも4~5万円のキャッシュバックを実施していますが、すべて法人向けで個人向けではよくても5,000円ほどしかもらうことができません。

そのため、個人でフレッツ光に加入するメリットはもうあまりないと言えます。

関連記事:フレッツ光の新規申し込みキャンペーンおすすめランキング 2017

フレッツ光よりも他の回線を検討すべき

さきほど述べたように、フレッツはもうキャッシュバックがないので今から契約するメリットはほとんどありません。

他社の光回線なら高額のキャッシュバックがあり、非常にお得です。

さらに最近ではスマホでセットで契約することで月額利用料がお得になるセット割を実施している回線もあります。

光コラボレーションを検討する

NTTは現在フレッツ光をあまり積極的に販売しておらず、光コラボレーションという新しい回線への移行を勧めています。

光コラボレーションは他の事業者がフレッツ光の回線をレンタルし、独自のサービスや料金を設定して提供している光回線のことです。

ドコモやソフトバンクなどの大手携帯電話会社もサービスを提供しており、自分が使っているスマホの携帯電話会社の光回線を使うことで、ネットとスマホの料金がお得になります。

ドコモ光は料金割引が大きい

ドコモのスマホを使っている方はドコモ光がおすすめです。料金は下記の通りです。

プラン
種類
料金
プロバイダ
タイプA一戸建て5,200円ぷらら、BIGLOBE等
マンション4,000円ぷらら、BIGLOBE等
タイプB一戸建て5,400円so-net、nifty、OCN等
マンション4,200円so-net、nifty、OCN等

ネットとスマホの「セット割」を利用することで、ドコモ光を契約している間はスマホの月額利用料が500円〜3,000円割引になります。詳細は下記の表をご覧ください。

プラン名割引額容量
らくらくパック500円200MB
データSパック500円2GB
データMパック800円5GB
データLパック900円20GB
データLLパック1,100円30GB
シェアパック5800円5GB
シェアパック101,200円10GB
シェアパック151,800円15GB
シェアパック302,000円20GB
シェアパック502,500円30GB
シェアパック1003,000円100GB

ドコモを使えば使うほど安くなる「ずっとドコモ割」と併用可能。

ずっとドコモ割は300〜2,500円の割引なので、スマホセット割と合わせて月額利用料が最大5,500円の割引になります。

割引額が大きいのがドコモ光の特長です。

参照記事:ドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説

ソフトバンク光は割引がずっと続く

ソフトバンクのスマホを使っている方はソフトバンク光がおすすめです。下記はセット割りの詳細になります。

スマホプラン名スマート値引き額
少容量(2GB)500円
標準(5GB)(20GB)1,522円
大容量(30GB)2,000円

「おうち割り 光セット」を利用すれば最初の2年間はネットとスマホの月額利用料が最大2,000円値引きされ、かなりお得になります。3年目以降も、割引額は半額ほどになりますがずっと割引されます。

参照記事:ソフトバンク光ってどう!?月額料金や評判、話題のスマート値引きを考察

so-net光はキャンペーンが豊富

auのスマホを使っている方はso-net光がおすすめ。「auスマートバリュー」が利用できるので最初の2年間はスマホの月額利用料が最大で2,000円割引され、3年目以降も割引額は下がりますがずっと割引されます。下記は割引の詳細です。

ご利用機器契約プラン割引額
auスマホデータ定額5(GB)以上
LTEフラット
ISフラット等
1,200円
データ定額1/2/3(GB)
ジュニアスマート
シニアプラン
LTEフラットcp(1GB)
500円
auガラケーカケホ+データ定額5(GB)以上1,200円
カケホ+データ付
カケホ+データ定額2/3(GB)
500円
auタブレットLTEフラット for Tab/Tab(i)
LTEフラット for Tab(L)
LTEフラット for DATA(m)
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
1,200円

また最大33,000円のキャッシュバックがもらえるので、かなりお得です。その他にも、月額500円するセキュリティソフトが1年間無料で使えたりとキャンペーンが豊富です。

参照記事:auひかり×so-netはお得?キャンペーンや評判等まとめ

まとめ

ここまで、フレッツ光を契約する際の注意点について解説しました。もう一度おさらいしましょう。

    • 初期工事費は必ずかかる
    • 解約の際に違約金が発生する
    • 個人向けキャンペーンはほぼない
    • 他の回線を検討しよう

以前はお得なキャンペーンを数多く行っていましたが現在では個人で契約する場合はほとんどメリットがないようです。

フレッツ光の回線をお得に使いたいなら光コラボレーションを利用するのがおすすめです。とくに大手キャリアのスマホを利用している場合は、セットにすることでネットとスマホの利用料が大きく割引されます。

フレッツ光にも割引サービスはあるのでスマホを利用していない場合はフレッツ光を利用するのもよいでしょう。その場合には工事費や違約金などにもしっかりと目を配り、思わぬところで思わぬお金を払わないで済むようにしておきましょう。

 

光回線 フレッツ光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。