フレッツ光からドコモ光へ転用はおすすめ?

やさしくねっと.

フレッツ光からドコモ光へ転用するのは本当に得か?

 

フレッツ光の回線を他の事業者が使用する光コラボレーション始まり、フレッツ光から他の事業者へと回線の転用を検討している人は多いと思います。

中でもドコモ光はドコモのモバイルとのセット割引があり、ドコモショップや家電量販店等で勧められ、

「実際にドコモ光への転用は得なの?」

「ドコモ光は実際にどれぐらいの料金?」

といった疑問を持っている方も多いのではないしょうか。

今回はフレッツ光とドコモ光の違い、ドコモ光の割引・注意点について解説します。

結論から言うとドコモ光はドコモのモバイルとセットで割引されるのでドコモ利用者ならお得ですが、それ以外だとあまりメリットはありません。

フレッツ光とドコモ光の比較

ドコモ光はフレッツ光の回線を他の事業者が使用する「光コラボレーション」のサービスの1つです。

光コラボレーションはフレッツ光の回線を使用しているので基本的にはフレッツ光と変わりませんが事業者ごとに独自のサービスや値段設定がされています。

最初にフレッツ光とドコモ光の違いについて説明します。

月額料金比較

インターネットを利用するうえで気になるのは月額利用料です。

どちらも高品質なフレッツ光の回線を使用していますが、月額料金に違いはあるのでしょうか?フレッツ光とドコモ光の月額料金を以下の表にまとめました。ドコモ光はプロバイダ料込の価格となっています。

回線名ファミリーマンションプロバイダ料
フレッツ光
(東日本)
5,100円3,450円
~4,450円
500円~
フレッツ光
(西日本)
4,310円3,030円
~3,920円
ドコモ光5,200円4,000円無料(基本料に含む)

※フレッツ光は新規申込をした場合の現在の月額料金を表記しています。適用されている割引プランや利用状況によって変わってきます。

※ドコモ光の料金はタイプAのものを記載しています。

ドコモ光詳細記事:ドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説

単体だと高くなる場合もある

単純に回線の月額利用料だけを比較するとドコモ光に転用したほうが高くなってしまうケースが多いです。

プロバイダ料を考慮すると、プロバイダ料が無料のドコモ光のほうが安い場合もありますが、フレッツ光西日本と比べるとプロバイダ料込みでもドコモ光のほうが高くなってしまうことがあります。

回線速度に違いはない

光回線を使う上で回線速度は非常に大事ですね。

フレッツ光とドコモ光、どちらの回線速度のほうが速いか気になりますが、ドコモ光はフレッツ光の回線をレンタルして利用しているサービスです。

そのため理論上はフレッツ光もドコモ光も回線速度や安定性はあまり変わりません。

ドコモ光は回線を借りている立場なので周辺の利用者の数や時間帯など環境によっては速度が低下する恐れがありますが、基本的にはフレッツ光同様に高速で安定したインターネット環境を整えられます。

また、ドコモ光はプロバイダが選べる回線ですが、プロバイダによって速度に差があるということもありません。

サービスもほとんど同じ

フレッツ光と契約する際、ひかり電話やひかりTVといったフレッツのその他のサービスに同時に加入した方も多いと思います。これらのサービスはドコモ光に転用してもそのまま使用することができます

ひかり電話の電話番号もそのままです。

さらにフレッツ光を契約する場合はいずれかのプロバイダとも契約しますが、ドコモ光に転用する場合、プロバイダもそのまま継続することができます。

そのプロバイダがドコモ光のプロバイダ料込のプランに対応している場合はプロバイダ料もかからなくなります。

※プロバイダの詳細はドコモ光のプロバイダはどこがおすすめか。特徴、違いをまとめるでまとめています。

回線やサービスについてはフレッツ光とドコモ光には大きな差がなく、ドコモ光に転用してもフレッツ光と同じような感覚で使えますね。

ドコモ光のスマホ割引について

フレッツ光とドコモ光を比べると、月額料金は単体だとドコモ光のほうが高いですし、回線やサービスについてもフレッツ光とはさほど差がありません。

これだけ聞くとドコモ光に転用するメリットが全く無いように思えます。

しかし、ドコモのスマートフォンを使用している「ドコモユーザー」の方なら、ドコモ光の「セット割」を利用することでフレッツ光よりも非常にお得になります。

ドコモスマホとのセット割

ドコモ光のセット割とは、その名のとおりドコモのスマホとドコモ光をセットで契約することでスマホの料金が安くなるサービスです。

このサービスは期間限定などではなく、ドコモ光に加入している限りずっとスマホの料金が割引されます。

割引される料金は加入しているプランによって変わります。セット割の割引額を以下の表にまとめました。

プラン名割引額容量
らくらくパック500円200MB
データSパック500円2GB
データMパック800円5GB
データLパック1,000円8GB
シェアパック5800円5GB
シェアパック101,200円10GB
シェアパック151,800円15GB
シェアパック202,400円20GB
シェアパック303,000円30GB

この表を見ると基本的には月々のデータ容量が多いプランほど割引額が多いです。

さらに一人のデータプランよりも家族でシェアパックを利用しているほうが割引額は多くなっており、最も容量が多いウルトラシェアパック100ではなんと毎月3,200円も割引されます。

さらにドコモには利用期間が長くなるほど割引額が大きくなるドコモ割がありますが、こちらはセット割と組み合わせることができ、両方を組み合わせると月額料金が最大で5,700円も割引になります。

ずっと割引になるセット割と、使えば使うほど安くなるドコモ割は非常に相性が良いサービスですね。

単体では割高だったドコモ光ですが、セット割でドコモのスマホと一緒に使う場合はスマホ料金がお得になり、ドコモ光とスマホを合わせた料金ならフレッツ光とスマホを合わせて使うよりもかなりお得になります。

光回線とセットにすることでドコモのスマホの料金が安くなるのはドコモ光だけです。インターネットがフレッツ光でなおかつスマホはドコモのものを使っている方なら、ドコモ光への転用はおすすめです。

まとめ

ここまでフレッツ光とドコモ光の違いやドコモ光の割引について解説してきました。

ドコモ光は単体で使う場合はほとんどメリットがなく、むしろ月額料金は高くなる可能性が高いので、現在フレッツ光を使っている方がわざわざ転用する必要はないでしょう。

逆にドコモのスマホを使っている場合はセット割引を使うことでスマホの料金がずっと割引されるため、ドコモ光への転用が非常におすすめです。

ドコモ光はフレッツ光からの転用は工事が不要になるため、初期費用は事務手数料3,000円だけで抑えることができます。これなら月々のスマホ利用料の割引だけで元が取れますね。

ただしセット割はプランによって割引額が異なり、フレッツ光との月額利用料の差を考えると500円しか割引されないプランの場合はほとんどメリットがありません。

ドコモ光割りを利用した際にどれだけ割引になるかは、ドコモの公式サイトでもシミュレーションをして確認することができます。

フレッツ光からドコモ光への転用を考えている場合は、まずは自分のプランを確認し、セット割でどれだけ割引きになるのかを試算するようにしましょう。

 

光回線 フレッツ光 光回線 フレッツ光 フレッツ光転用 光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。