フレッツ光

フレッツ光はアパートでも利用できる?契約する前に注意したいこと

フレッツ光をアパートで利用したいと考えている人も多くいると思います。

もちろんアパートでの利用も可能です。

しかし戸建てやマンションでフレッツ光を契約する場合とは異なる点もありますので、注意すべきところが多少あります。

今回は、アパート等の小規模集合住宅でフレッツ光を契約する場合の注意点や、フレッツ光だけでなく光コラボの導入のメリットについて解説していきます。

アパートでフレッツ光を契約する時の注意点

まずはアパートでフレッツ光を契約する際の注意点について説明します。

マンションタイプ・ファミリータイプのどちらなのか確認

フレッツの料金プランには、戸建て向けのファミリータイプと集合住宅向けのマンションタイプがあります。

下記は料金をまとめた表です。

回線名 ファミリー マンション
フレッツ光
(東日本)
5,100円 3,450円
~4,450円
フレッツ光
(西日本)
4,310円 3,030円
~3,920円

※フレッツ光は東日本・西日本で料金が異なります。

マンションタイプの方が料金が安く設定されていますね。

アパートは集合住宅になりますのでマンションタイプが主流となりますが、マンションタイプに加入していない場合も多くあります。

その場合には、ファミリータイプが契約可能となります。

自宅アパートがマンションタイプを導入しているかどうかは、フレッツの公式サイトで確認できます。

→フレッツ東日本のタイプ確認はこちら

→フレッツ西日本のタイプ確認はこちら

マンションタイプ未導入の場合

マンションタイプが導入されていない場合、大家さんや管理会社の許可が必要になってきます。

フレッツ光の契約上、6名以上のユーザーが必要になります。ユーザーが6名に満たない場合は、そもそも契約ができないので、導入もできません。

また、許可がおりない場合や回線が引けない環境にある場合などは、工事が出来ないこともあります。

ちなみにマンションタイプの回線の種類は下記の3種あります。

  • ひかり配線方式
  • VDSL方式
  • LAN方式

が、小規模のアパートはマンションタイプが導入されていても、「マンションミニ」というプランになっており、マンションミニでひかり配線方式以外のタイプが導入されていることは極めて稀です。

フレッツ光より光コラボレーションを検討すべき

ここまでフレッツ光に関して解説してきましたが、現在フレッツ光は個人向けプランはあまりオススメできません。

個人向けはキャンペーン・キャッシュバックも一切ないので、あまりメリットがありません。

フレッツ光は現在個人向け販売を縮小しているため、プロバイダによってはフレッツ光の新規申込を終了していることもあります。
ですので、キャペーンが豊富だったり、スマホとのセット割引がある光コラボを検討した方がお得です。

光コラボなら工事費が実質無料

光回線を利用する上でネックになるのが、工事費です。

工事は回線によってバラバラですが、高いところだと4万円近くかかる場合もあります。

光コラボなら工事費が実質無料になるキャンペーンを行っている回線が多いです。

例えばソフトバンク光やso-net光は、キャンペーンにより初期費用が実質無料となっています。

さらにソフトバンク光は工事費が最大24000円が無料になり、且つ他社の回線を利用している場合の違約金を全額キャッシュバックで受け取れます。

乗り換えをする際には違約金が発生するので、そこまでカバーしてくれると安心して乗り換えができますね。

参照記事:ソフトバンク光ってどう!?月額料金や評判、話題のスマート値引きを考察

またso-net光の場合は、回線工事費代(24,000円)をキャッシュバックで受け取ることができます。これで、工事費は実質無料ですね。

参考:auスマホとセット割があるso-net光コラボレーションの評判や料金の解説

スマホセット割がお得

ドコモ・ソフトバンク・auはそれぞれキャリアに対応してスマホユーザーに対してセット割を行っています。

例えば、ドコモのスマホユーザーはドコモ光と併用することで、月最大2,000円の割引が適応されます。

回線名 小容量 中容量 大容量
ドコモ光 500円
(2GB)
800円
(5GB)
1,100円
(30GB)
auひかり 最大934円
(2・3GB)
最大1,410円
(5・8GB)
最大2,000円
(10・13・30GB)
ソフトバンク光 500円
(1・2GB)
最大1,000円
(5・20GB)
最大1,000円
(50GB)


スマホとのセット割が適応されれば、月額料金をグッと抑えることができます。

もし、3大キャリアのスマホを使っているなら、それに対応した光回線を選びましょう。

キャッシュバック・キャンペーンが豊富

光コラボには豊富なキャッシュバック・キャンペーンがあります。

フレッツは個人向けのキャンペーンを行っていないので、光コラボの方がお得ですね。

下記はキャンペーンの詳細をまとめたものになります。新規申し込みと乗り換えでキャンペーンが異なります。

種類 キャッシュバック 月額割・工事費 その他
ドコモ光 15,000円
(要ひかりTV or スカパー)
なし ドコモセット割適用
Wi-Fiルーターレンタル無料
dポイント10,000円分プレゼント
ソフトバンク光 30,000円 工事費無料 ルーターor中継機プレゼント
おうち割適用
so-net光 なし 36カ月間毎月2,000円割引
工事費実質無料
auスマートバリュー適用
ビッグローブ光 25,000円 300~450円割引*40ヶ月 BIGLOBEモバイルとのセット割適用
ぷらら光 なし なし 契約手数料無料
ひかりTVセット割
@nifty光
20,000円 戸建:700円割引*24回
集合:580円割引*24回
auスマホとセット割
OCN光 10,000円 1100円割引 最短2ヶ月で振り込み
DMM光 5,000円 なし 工事費無料
DMMモバイルとセット割適用

※上記は新規申し込みの場合のキャンペーン

種類 キャッシュバック 月額割 その他
ドコモ光 15,000円
(要ひかりTV or スカパー)
なし ドコモセット割適用
Wi-Fiルーターレンタル無料
dポイント5,000円プレゼント
ソフトバンク光 13,000円 なし 他社の違約金と撤去工事費を満額還元
おうち割適用
so-net光 なし 36ヶ月間毎月2,000円割引 auスマートバリュー適用
ビッグローブ光 25,000円 戸建:200円割引*24ヶ月
集合:400円割引*24ヶ月
BIGLOBEモバイルとセット割適用
ぷらら光 なし なし 契約手数料無料
ひかりTVセット割
@nifty光
10,000円 なし auスマホとセット割
OCN光 10,000円 1100円割引 なし
DMM光 3,000円 なし 工事費無料
DMMモバイルとセット割適用

※上記は乗り換えの場合のキャンペーン

これだけのキャンペーンを受けれるのは、光コラボのメリットです。

フレッツ光よりも光コラボを選んで、特典を受け取るのがオススメですね。

auひかりという選択

上記で説明した光コラボ以外にも、auひかりという選択肢もあります。

auひかりは大手キャリアのauが提供するネット回線サービスです。

auひかりの特長はキャンペーンが豊富なところ。最大4万円のキャッシュバックが貰えたり、乗り換えの際に発生した違約金を最大3万円までサポートしてくれるサービスもあります。

また4万近くする工事費が実質無料になるキャンペーンも行っています。

キャンペーン・キャッシュバックのことを考えるとauひかりもオススメです。

参照記事:auひかりに乗り換えると料金そのままで高額キャッシュバックが得られる

まとめ

今回はフレッツ光がアパートでも使用できるかどうか、その他の注意点について解説しました。
もちろんアパートで利用可能です。お住いのアパートがフレッツのマンションタイプを導入していないこともあるので、事前に確認が必要です。

フレッツ光には個人向けのキャンペーンがなく、キャッシュバック・割引がないのが事実です。

お得の光回線を使いたいなら、光コラボがオススメです。また、3大キャリアのスマホを使っている人はスマホとのセット割が使える回線を選びましょう。

参照記事:結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください