格安スマホ

使った通信量で料金が決まる!エキサイトモバイルのプラン等を解説

格安プロバイダとして知名度の高いBB.exciteですが、現在exciteモバイルという格安SIMサービスも提供しています。

エキサイトモバイルの特徴としては通信量によって料金が決まってくる半従量制の料金プランとなっているところです。

他にも豊富なデータ容量から選べるプランなどが特徴で早くも話題になっています。

本ページでは気になる料金やプラン、特徴などについて解説します。


⇒エキサイトモバイルの公式サイトはこちら

exciteモバイルの料金プラン

大きく分けると「最適料金プラン」「定額プラン」の2つのプランがあり、SIMカードの数を1枚、3枚~5枚で選ぶことが出来ます。SIMカード複数枚プランを利用する時はギガ数をそのSIM全部で分け合うようなイメージです。

※下の表はSIMカード4枚、5枚のプランを省略しています。

・最適料金プラン

データ容量 1枚コース 3枚コース
低速通信のみ 500円
~100MB 1,050円
~500MB 630円 1,100円
~1GB 660円 1,180円
~2GB 770円 1,340円
~3GB 880円 1,550円
~4GB 1,150円 1,780円
~5GB 1,450円 1,890円
~6GB 1,600円 1,950円
~7GB 1,900円 2,100円
~8GB 2,120円 2,190円
~9GB 2,200円 2,380円
~10GB 2,380円 2,540円
~11GB 2,830円
~12GB 3,100円
~13GB 3,450円
~14GB 3,790円
~15GB 3,980円


最適料金プランは使った分だけを支払うプランです。1GB以下は「~100MB」「~500MB」という区切りがあり、通信量が少ない人は価格を抑えることが出来ます。

また、低速通信のみ利用する場合は、月額500円で使うことが出来ます。

インターネット接続時にはWi-Fi等を利用し、普段は低速で十分だという方にはとてもお得なプランです。容量の少ないプランもありますが、逆に大容量のプランも用意されています。大容量の場合は、SIMを複数枚使う方にオススメです。

・定額プラン

データ容量 1枚コース 3枚コース
1GB 670円 1,260円
2GB 770円 1,450円
3GB 900円 1,680円
9GB 2,250円 2,460円
20GB 4,750円 4,480円
30GB 5,980円 6,580円
40GB 7,980円 8,580円
50GB 10,180円 10,680円


8種類のデータ通信量から選ぶことが出来ます。料金を気にすることなく使えます。

最初から自分がどのくらいの通信料が必要か解っている方にはこちらがオススメ。余ったデータは繰り越すことが出来るので、無駄になることはありません。

音声通話はいずれも月額700円を追加することで利用できます。音声通話にはSMS機能が標準で付いています。留守番電話オプションは月額350円・割り込み着信(キャッチホン)は月額250円の追加で利用できます。

音声通話を付けず、SMSのみを利用したい場合は月額140円を追加することで利用できます。

国内への通話は20円/30秒・SMS送信は3円~30円/1通となっています。

他社との料金比較

BB.exciteと言えば格安プロバイダのイメージが強いですが、エキサイトモバイルはどうでしょうか。

定番のデータ通信5GBプランを他社と比較すると、

  • エキサイトモバイル 1,450円
  • OCNモバイルONE 1,450円
  • 楽天モバイル 1,450円
  • U-mobile  1,480円
  • DMM mobile 1,210円

エキサイトモバイルはごく平均的な価格と言えます。業界最安値のDMM mobileはやはり圧倒的に安いですね。

ただエキサイトモバイルは使用量に応じて毎月の料金が決まるので使い勝手の面で言えば他社に比べお得感があります。

ちなみに使用量に応じて月額料金が決まるプランはフリーテルでも採用されていて、そちらの場合5GBまでで1,520円なので価格面ではエキサイトモバイルの方に軍配が上がります。

関連記事:SIMフリースマホのコスパは最強!フリーテルの料金プラン等を解説。

SIMが最大5枚まで使える

1つの契約で、SIMが最大5枚まで利用できます。2・3枚にしたい方は、1枚コースから3枚コースにプラン変更する必要があります。

3枚プランからSIMを追加したい場合は、1枚につき月額390円で5枚まで利用可能です。

定額コースでSIMを3枚以上にしたい場合は、9GB以上のコースでなければできません。

また、初回申し込み時以外で追加SIMを契約したい場合は、SIM追加手数料3,000円が必要です。

家族みんなのスマホを1つの契約にまとめておきたいという方や、複数の端末にSIMを差し込んで利用したいという方にはオススメです。

契約を1つにすることで管理や支払いがとても楽になります。SIM1枚単位で音声通話機能を付けることが可能。家族全員で乗り換えしたい、複数の端末を1つの回線で利用したいと考えている人はぜひチェックしてみてください。

データ通信速度とバースト機能

高速データ通信は下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsとなります。

低速通信の場合は、最大200kbpsとなります。データのみプランで低速通信だけを使う場合は月額500円で利用できます。他の低速通信サービスを行っている格安SIMと比べても速度は申し分ないでしょう。

また、低速通信と高速通信のON/OFFを切り替えられるバースト機能もあります。

最近増えているこのバースト機能は、データ通信量を節約できるので、よりコストを抑えたい方にはオススメの機能です。マイページからON/OFFの設定が可能です。

キャッシュバックキャンペーン

エキサイトモバイルは格安SIMでは珍しいキャッシュバックキャンペーンを行っています。

ただし対象はスマホ本体のセットのみ。

キャッシュバック金額は契約するプランによって変わりますが、最大で28,100円(50GB契約時)。

一例を上げると3GB、音声通話付きSIMをスマホ本体セットで契約すると10,100円のキャッシュバックを得ることが出来ます。

これは他社にはない割りの良いキャンペーンなのでかなりお勧めできます。

※キャンペーンは2017年7月3日まで

※リンク

セットで選べるスマホは?

選べるスマホは現在3種類。

いずれも格安スマホ、格安SIM会社ではおなじみのHUAWEI(ファーウェイ)社のものです。

また、いずれも同シリーズのもので表にまとめると下記のような感じ。

スペック P10 Plus P10 P10 lite
本体価格
(一括時)
63,800円 54,800円 27,800円
画面サイズ 5.5インチ 5.1インチ 5.2インチ
RAM/ROM 4GB/64GB 4GB/64GB 3GB/32GB
カメラ画素数
(アウトカメラ)
2,000万画素 2,000万画素 1,200万画素
バッテリ 3,750mAh 3,200mAh 3,000mAh

特にP10 liteに関しては低価格でありながらも高性能で非常にコストパフォーマンスの高いスマホと言えるでしょう。

エキサイトモバイルの注意点

格安SIMを利用する際には、以下の3点に注意が必要です。

  • 通話し放題プランがない
  • キャリアメール(@docomo~等)のメールアドレスが使えない
  • ドコモショップ等の窓口がない

その他格安スマホについてあまり詳しく解らないという方は下記ページをご参照ください。

知らないと失敗する格安スマホの5つのデメリット

データ通信のみ・SMS機能付きの場合は、最低利用期間や解約手数料は必要ありません。縛りなしで利用することが出来ます。ですが、音声通話付きの場合は、契約の翌月から12か月後の末日までが最低利用期間となります。

利用期間内に解約する場合は、解約事務手数料9,500円が必要となります。

まとめ

BB.exciteモバイルからリニューアルしたエキサイトモバイル。他の格安SIMにはないデータ容量プランが用意されているので、「こういうプランのSIMが欲しかった!」という方も多いでしょう。

特に複数枚のSIMを使っている方はお得になるのでオススメ。

色々なSIM会社で契約している場合は、エキサイトモバイルで1回線に絞るというのも良いのではないでしょうか?価格も他社と比べて「最安」とは言えませんが、十分に安い価格帯となっています。

  • 豊富なデータ容量の中から選びたい
  • 家族みんなで同じSIM会社のものを使いたい
  • SIMを3枚~5枚ほど複数使いたい

という方にマッチするSIMサービスです。まだ新しいサービスなのでこれから更にサービスが増えていくことも予想されます。気になった方は是非チェックしてみて下さい。

⇒エキサイトモバイルの公式サイトはこちら

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。