eo光

eo光とフレッツ光はどっちがお得?徹底比較してみた

関東ではフレッツ光のシェア率は8割とも言われているのですが、関西圏での光回線のシェア率を見ると、

  • NTTグループのフレッツ光
  • 関西電力の子会社であるケイオプティコムのeo光

上記の2つが同じくらいのシェア率で競っている状態です。

滋賀県ではeo光の方がシェア率が上回っており、2つとも高い人気があります。

そのため「eo光にするか、フレッツ光にするか」で迷っているという方も多いでしょう。

今回はこの2つの光回線の料金キャンペーン速度などの違いについて、詳しく比較していきます。

どちらが自分に合った光回線なのかを判断するための参考にしてみてください。

eo光の方が月額料金は安い

一番重要視されるのは、やはり料金。

できるだけ安い方がイイ!と考えている方も多いでしょう。

それぞれの月額料金を見ると、以下のようになります。

回線名 ファミリー マンション
フレッツ光
(西日本)
4,800円~ 3,700円
~5,000円
eo光 2,953円
(2年目以降4,953円)
2,524円
(2年目以降3,524円)

表を見て解るように、月額料金を見るとeo光の方が安いです。

場合によっては月当たり数百円~数千円程度の差ですが、年間で考えると万単位の差になるケースもあります。

光回線は基本的に長期間使うものなので、何年もこの差が続くと考えると、大きな違いになりますよね。

実際にeo光を契約している人の多くがその料金の安さに魅力を感じています。

できるだけお得に契約したい、お得に回線を利用したいという方にはeo光がオススメです。

対応エリアはフレッツ光西日本の方が広範囲

eo光は関西電力の子会社で、提供エリアも関西圏に限られています。

【eo光の提供エリア】大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県
>>詳しいエリア範囲はこちら

一方NTT西日本は幅広い提供エリアになっています。

【NTT西日本の提供エリア】
福井・石川・富山
愛知・岐阜・三重・静岡
兵庫・京都・滋賀・大阪・奈良・和歌山
島根・鳥取・岡山・山口・広島
愛媛・香川・高知・徳島
福岡・大分・宮崎・佐賀・長崎・熊本・鹿児島・沖縄
>>詳しいエリア範囲はこちら

エリア内に入っていないと使えないので、契約前に必ずエリア検索をしておきましょう。

速度の評判はどちらもほとんど互角

快適にインターネットを利用するためにしっかりチェックしておきたいのが通信速度です。

実際に使っている人の声を参考に、速度について調査してみました。

eo光の速度

https://twitter.com/27000rpm/status/947137992610549760

中には遅いという評価をしている人もいますが、速度は環境によっても異なります。

全体の意見を見れば比較的速度は安定していて速いという意見が多くみられました。

フレッツ光の速度

フレッツ光の場合も、eo光と同様に速いという意見の方が多くみられました。

ですがフレッツ光はプロバイダを自分で選んで契約します。

このプロバイダによっては速度が遅くなるケースがあるようです。

実際にプロバイダの問題で速度が遅くなって困っているという意見もありました。

フレッツ光からeo光に乗り換えて満足している人は多い!

以下のようにフレッツ光からeo光に乗り換えた人の意見もありましたが、フレッツ光から乗り換えると「速くなった」と感じる人が多いようです。

総合的にはどちらも比較的快適にインターネットが使えます。評判もほとんど互角です。

ですがプロバイダの問題なども考えると、eo光の方が快適に使える可能性が高いと言えそうです。

もちろん環境によっても速度は異なります。

必ず自分のエリアにはどちらの回線がイイのか、しっかりエリア検索して問題なく使えるエリアに入っているかどうかを調べておきましょう。

キャンペーンはeo光が圧倒的にお得

新規契約の際にはキャンペーンでキャッシュバックなどを受け取れる場合もあります。

この点ではeo光の方が圧倒的にお得

フレッツ光西日本にはそもそも個人向けのキャッシュバックサービスが無く、特にお得に契約する方法がありません。

一方でeo光は高額のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンが実施されています。

eo光のキャッシュバックキャンペーン

代理店の専用サイトから申し込むことで受けられるキャンペーンです。

  • eo光ネット(ホーム/メゾン)お申し込み:10,000円分の商品券
  • eo光ネット(マンション)お申し込み:5,000円分の商品券
  • 他社乗り換え時の違約金・撤去費用分:最大30,000円負担

乗り換えの際に違約金がかかるので、乗り換えを躊躇しているという方には特に注目してほしいキャンペーンです。

違約金がかかっても、その分をあとから商品券で負担してもらえるのでとてもお得になります。

乗り換えではなく完全新規契約の場合も10,000円分の商品券が受け取れる、かなりお得なキャンペーンとなっています。

まとめ

eo光とフレッツ光を比較すると、月額料金の安さ・キャンペーンの充実などeo光の方がメリットが多いことが解りました。

しかしエリアが関西圏と限られているので要注意。エリアの範囲内ならeo光を選ぶことをオススメします。

eo光のエリア外の方はフレッツ光しか選択肢がない、というケースもあるでしょう。

フレッツ光には「光コラボ」と呼ばれるよりお得に契約できるものもあります。

月額料金を抑えて契約したいなら光コラボの回線もチェックしておくといいでしょう。

>>結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較