エディオン光の料金プランを解説

やさしくねっと.

量販店で契約出来るエディオン光の料金や評判はどうだろう

 

imgres

ヤマダ電機、ビックカメラグループに次いで、業界売り上げ高3位の、大手家電量販店エディオンも光コラボレーション「エディオン光」を提供しています。

店舗へ行かれた方の中には、店頭でのPOP広告を目にしたり、店員から転用を勧められた方もいるのではないでしょうか。

料金プランが少し分かりにくい所があるエディオン光、そんなエディオン光の料金プランや評判等を解説していきたいと思います。

エディオン光の概要

エディオン光の料金プランですが

    • ファミリープラン - 月額利用料金4400円
    • マンションプラン - 月額利用料金3200円

となっています。

※表示されている価格はすべて税別となっています。

エディオン光はドコモ光Marubeni光と同様にプロバイダが別契約となっているため、上記金額に別途プロバイダ料金が加算されます。

しかし、Marubeni光と違いプロバイダの制限がない為、現在お使いのプロバイダがそのまま使えるようです。

割引キャンペーン

エディオン光ではフレッツ光から転用される際に適用される「のりかえ割」とauのスマホとセットで適用される「auセット割」の2種類の割引キャンペーンがあります。

それではそれぞれの割引キャンペーンを解説していきます。

のりかえ割

こちらはフレッツ光から転用した方が使える割引キャンペーンとなっており、フレッツ光の契約経過年数に応じて月額利用料金が変わる仕組みになっています。

※NTT東日本と西日本で割引サービスに違いがある為エリア別で紹介していきます。

フレッツ光から光コラボレーションの転用については下記ページをご参照ください。

フレッツ光の卸売りで始まる光コラボレーションモデルとは何か

キャンペーン適用後の料金は西日本と東日本で変わってくるのでご注意ください。

NTT東日本のりかえ割

東日本のキャンペーン適用後の月額料金は下記の通り。長く使えば使うほど段階的に料金が下がります。

経過年数ファミリータイプマンション1マンション2
1年目3,900円2,900円2,750円
2年目3,850円2,850円2,700円
3年目3,800円2,800円2,650円
4年目3,750円2,750円2,600円
5年目3,700円2,700円2,550円
6年目3,700円2,700円2,550円
7年目3,700円2,700円2,550円
8年目以降3,700円2,700円2,550円

※ギガファミリー(マンション)スマートタイプをお使いの場合は上記の金額プラス毎月300円かかります。

※マンションタイプ1と2はお住まいのマンションに導入されている回線の種類で分かれます。自分で選択することはできません。

毎年割引されていきますが、5年目を最後に毎年の割引が終わり、それ以上金額が下がることはありません。

後述のNTT西日本エリアでは割引額が上下するところもあり、分かりにくいのですが、NTT東日本エリアは月額利用料金は下がる一方なので、比較的わかりやすいですね。

NTT西日本のりかえ割

西日本のキャンペーン適用後の月額料金は下記の通り。

経過年数ファミリータイプマンションタイプ1マンションタイプ2
1年目3,560円2,880円2,480円
2年目3,560円2,880円2,480円
3年目4,010円2,980円2,630円
5年目3,810円2,880円2,530円
6年目3,710円2,830円2,480円
7年目3,610円2,780円2,430円
8年目以降3,560円2,780円2,430円

こちらも毎年割引され利用料金が下がりますが、3年目に一度割引額が下がり、月額利用料金があがるので、非常に分かりにくい料金プランですね。

分かりやすく説明すると、

    • 初めの2年間は割引金額が大きい
    • 3年目は割引金額が下がり、月額利用料金が上がる。
    • 4年目からファミリープランは100円、マンションタイプは50円ずつ下がっていく。
    • 8年目に初めの2年間の料金にもどり、以降月額料金が下がることはない。

という感じです。

auスマホとのセット割

こちらはso-net光コラボレーションや@nifty光DTI光等、他社でもよくある割引キャンペーンです。

 

auの携帯電話やスマートフォンを利用していると、毎月の利用料金から最大1,200円割引されます。

ファミリータイプだと、毎月の利用料金が4,4000円ですので、割引後の利用料金は3,200円になります。

 

割引金額はお使いのauの携帯電話や、スマートフォンのご利用プランで変わりますので、下の表を参考にしてください。

ご利用機器契約プラン割引額
auスマホデータ定額5(GB)以上
LTEフラット
ISフラット等
1,200円
データ定額2/3(GB)
ジュニアスマート
シニアプラン
LTEフラットcp(1GB)
500円
auガラケーカケホ+データ定額5(GB)以上1,200円
カケホ+データ付
カケホ+データ定額2/3(GB)
500円

プロバイダについて

冒頭でも説明しましたが、エディオン光はプロバイダ別契約型ですので、転用した後も現在お使いのプロバイダをそのまま使うことができます。

プロバイダを継続して使用することで、面倒な変更手続きをしなくても済みますし、違約金もかかりません。またメールアドレスも継続して使えるというのも嬉しいですね。

しかし、エディオン光へ転用すると同時にプロバイダも変更したいという人は、同じエディオンが提供する、「エンジョイネット」というプロバイダがお勧めです。

エンジョイネットはエディオンカードで支払いをすることで、毎月800円で利用できます。」

気になる評判は?

エディオン光の評判をTwitterで調べてみましたが、少なかったですね。

まだまだ知名度が低いのか、知らなかったというTweetが多かったです。

 

 

 

 

夕方から夜間にかけて、回線が混雑する時間帯は回線速度が落ちるようですね。

OCNが提供している回線を利用しているみたいなので、OCNの利用者が多くなると遅くなるのかもしれませんね。

まとめ

まとめると、

    • 月々の回線利用料金は安いが、別途プロバイダ料金が必要になる
    • プロバイダ別契約の為、メールアドレス等を変えたくない人にはお得
    • auの携帯端末をお持ちなら、のりかえ割よりau割のほうがお得
    • 夕方~夜間など混雑する時間帯は回線速度が遅くなるかも

という感じですね。

月々の利用料金を安くしたいけれど、メールアドレスを変えたくないという人にはいいのではないでしょうか。

エディオン光公式サイトはこちらから

 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。