DTISIMのプランや料金の解説

やさしくねっと.

光とのセットもある!DTISIMのプランや料金の解説

 

imgres

格安SIMの中でも格安と言われていて、最近では「半年無料キャンペーン」が注目されているDTISIM。光やADSLなど様々なインターネットサービスを提供している会社で知名度はそこまで高くありませんが、20年以上の歴史がある会社です。

新たにネット使い放題電話かけ放題といった注目のプランも提供も始まりました。気になるDTISIMのプランや料金などについて解説します。

DTISIM公式サイトはこちら

DTISIMの基本料金プラン

プランは、「データ通信のみ・SMS付き・音声付き」の3つのプランがあります。データ容量は「1G・3G・5G・ネット使い放題」の3つから選べます。

プラン名1GB3GB5GBネット使い放題
データプラン600円840円1,220円2,200円
SMS付きプラン750円990円1,370円2,350円
音声通話プラン1,200円1,490円1,920円2,900円

※2016年5月26日から10GBプランがネット使い放題プランに変更になりました。データ容量の上限なしで使い放題になるプランで、通信量が他の利用者の平均利用用量を著しく超えるときは通信速度に制限がかかります。制限後は上り下りともに200kbpsとなり、毎日0時になると解除されます。

ネット使い放題プランは他のSIMと比べても最安値と言っていいでしょう。まだ始まったばかりのサービスですが、これからこのプランにする方も増えそうです。

それ以外のプランも他社と比べると比較的安い印象です。

例えばIIJMioの3GBの音声通話は1,600円、楽天モバイルも(こちらは3.1GBですが)1,600円なのでDTIは比較的安い価格設定となっています。

DTISIMのiPhoneレンタルセット

DTISIMはスマホのセット販売は行っていませんが、iPhoneのレンタルサービスを行っています。
このサービスは毎年新しいiPhoneを格安で使用できるサービスです。レンタルの開始から1年経ったら、

      • 端末変更・新しい端末へレンタル契約を変更
      • 端末購入・買取料金を支払ってレンタル中の端末を購入
      • レンタル継続・同じ端末のレンタルを継続

の3つのどれかを選ぶことが出来ます。2016年現在取り扱われている端末はこちら。

機種名カラー初期登録費用月額料金
iPhone 6s 16GBスペースグレイ2,000円3,600円

このレンタルプランは音声プランでのみ利用できます。新規契約と同時でないと申し込めません。

レンタルオプションのみでは利用できません。また、最低利用期間の設定があります。

端末によって期間が違いますが、最低期間内に解約すると違約金が発生するので注意しておきましょう。カラーや機種は契約更新期間にDTIが提供するものから選ぶことが出来ます。

話題の半年無料キャンペーン

DTIは現在6月30日までのキャンペーン期間中に新規で3GBプランに申し込むと、月額料金が半年間0円になる半年無料キャンペーンを行っています。
ネット使い放題プランにした場合は、半年間980円の割引が行われます。既に申し込んでいる場合も、期間中にネット使い放題に変更・追加すると月額料金が半年980円分割り引かれます。

電話かけ放題オプションが登場!

新しく追加された電話かけ放題オプションは、音声プランを選んだ場合、月額780円で基本プランにプラスできるオプションサービスです。5分以内の通話であれば何度でもかけ放題。専用のアプリは不要です。通話が5分を越えた場合は、20円/30秒の通話料がかかります。
各データ容量ごとの月額料金(税抜)はこちら。

オプション名1GB3GB5GBネット使い放題
電話かけ放題1,980円2,270円2,700円3,680円

光サービスとの併用でもっとお得に

DTIにある「DTI光」と一緒に契約すると、月額料金が割引になるサービスが受けられます。月額料金から毎月150円割引されます。同時契約はもちろん、既にどちらかを契約している場合でも、後から「DTI光」または「DTISIM」を追加で契約すれば割引サービスが適応されます。

DTI光についての詳しい内容は下記ページを参照してください。

DTI光ってどうよ?料金やプラン、特徴を解説

割引額は150円と少額ですが、元々の料金が安価なので、「もっとお得に光もSIMも使いたい!」という方にはオススメです。

即日MNP対応

番号そのままで乗り換えるMNPを行う時は、申し込みからSIMが届くまでの間、今まで使っていた回線が利用できないことがあります。

ですが、DTISIMは即日MNP対応なので申し込みからSIMが届き、回線切り替えを行うまでの間既存の回線を継続利用できます。電話が使えなくなってしまう時間がほとんどないので安心です。

スマイルモールでポイントを貯めてお得に

DTISIMを契約すると、自動に入会されるスマイルモールというサービスがあります。ショッピングや資料請求・アンケートなどを利用するとポイントが貯まる(1ポイント=1円)サービスで、いわゆる「お小遣いサイト」のようなもの。

貯めたポイントは現金やギフトカードと交換可能。SIMを契約すると最初に500ポイントが付与されます。

DTISIMの注意点

格安SIMを利用する際には、以下の3点に注意が必要です。

        • 通話し放題プランがない
        • キャリアメール(@docomo~等)のメールアドレスが使えない
        • ドコモショップ等の窓口がない

その他格安スマホについてあまり詳しく解らないという方は下記ページをご参照ください。

知らないと失敗する格安スマホの5つのデメリット

通話し放題プランは、このたび新しく「でんわかけ放題オプション」として追加されています。ですが3大キャリアのような通話し放題ではなく、5分以内の通話に限定されているので注意しておきましょう。

音声通話プランの場合は、最低1年間の使用期間があります。1年以内に解約すると9,800円(税抜)の違約金が必要になります。

まとめ

業界内でも格安のDTISIM。より安く使いたい方にはオススメです。特にキャンペーンなどを利用すると非常に安くなるので、契約の際はキャンペーンの有無をチェックしておくといいですね。

データをたっぷり使いたい!という方も少しだけでいい!という方も、両方にあったプランがあるのでヘビーユーザーから初心者まで、幅広い方に人気の格安SIMです。

速度等に関しては賛否ありますが「DTIに替えてから良くなった」という方も居ます。気になる方はまず半年無料の3Gのデータプランを2台目として使ってみる、という方法もオススメです。

DTISIM公式サイトはこちら

 

格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。