DTI光のプランや料金まとめ

やさしくねっと.

DTI光ってどうよ?料金やプラン、特徴を解説

 

dti光

数ある光コラボレーションの中でも比較的安価な「DTI光」。

全国的な知名度はOCNや@nifty、BIGLOBEなどと比べて劣りますが、サポートも充実していて月額の利用料金も比較的安価と評判です。

他にも今流行りの格安SIMも取り扱っており、格安SIMとセットに光コラボレーションを申し込もうと考えている人もいるのではないでしょうか?

本ページではDTI光の料金プランや特徴などを解説していきます。

DTI光の概要

DTI光の料金プランは、

    • ファミリープラン - 月額4,800円(税別)
    • マンションタイプ - 月額3,600円(税別)


となっています。

月額料金はぷらら光と同じですね。

ドコモ光やソフトバンク光等多くの光コラボレーションはファミリータイプで月額5,200円なので比較的安価な方です。

が、月額料金だけでは決め手に欠けるように感じます。

通信速度について

通信速度は他の光回線と同じ概ね1Gbpsとなっています。

がもちろんこれは実測値ではありません。

DTI光も他の光コラボレーションと同様地域や環境によって速度が変わってきます。光回線はNTTの収容局のキャパシティ(容量)に対してどれだけ利用されているかで速度の差が出てきてしまいます。

DTI光の実測値はホームページで確認出来るので契約する前に自分の地域を確認してみましょう。※一部対応していない地域もあります。

公式サイト:ネットワーク実効速度状況

下の画像は神奈川県のものです。

DTI実測値サンプル

モバイルサービスとのセット割

DTI光では以下に記載する2種類のセット割があります。

    • DTI光xSIMセット割
    • auセット割

1つずつ解説をしていきます。

DTI光xSIMセット割

DTI光は光コラボレーションサービスの「DTI光」と、格安SIMサービスの「DTI SIM」を両方契約することで割引されるようになっています。

気になる割引金額は毎月150円です。

格安SIMプランは、データプランのみで毎月600円~となっています。

SIM自体が元々安価ということもあって割引金額は低めですが、DTIのSIMとセットで使えば月々の使用料が下がりさらにインターネットの月額料金も下がるのでお得感があります。

しかしこの格安SIMを家族で契約しても、割引される金額は150円と固定なので、どちらかと言うと一人暮らしをされている向けだと思います。

DTI SIMの詳細は下記ページにて解説しています。

光とのセットもある!DTISIMのプランや料金の解説

※後述のauセット割が適用されている場合この割引は利用できません。

Twitterでの評判を見てみると評判はいまいちですね。

 

元々の月額料金が安いので150円でも安くなれば魅力的と思うのですが、OCNや@nifty等は割引金額が200円なのでもう少し頑張って欲しかったという事なのでしょうか。

auのスマホ、携帯とセットで割引

auの携帯電話やスマートフォンを利用していると、最大で毎月1,200円割引されます。

ファミリープランの場合は月額利用料金が4,800円なので割引は実質月額料3,600円なります。

割引金額はお使いのauの携帯電話、スマートフォンのプランによって異なるので、下の表をご参照ください。

ご契約プラン割引額
データ定額5/8/10/13
データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)
データ定額5(VK)/8(VK)/10(VK)/13(VK)
LTEフラット
LTEフラット(キャンペーン)
LTEフラット(V)
ISフラット
ISフラット(キャンペーン)
プランF(IS)/プランF(IS)シンプル
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
LTEフラット for DATA(m)
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)

1,200円
データ定額1/2/3
データ定額1(V)/2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
電話カケ放題プラン(ケータイ・データ付)
LTEフラット cp (1GB)
500円

※割引プランについては予告なく変更があることもあるので検討される場合は公式サイトも合わせてご確認ください。

DTI光 auセット割

こちらもスマホ1契約に限りなっているためやはり家族でセット割引が可能なauひかり等に見劣りしてしまいます。auスマホを一人で使っている方向けかも。

初期費用、工事費について

光コラボレーションはフレッツ光からの転用の場合原則工事費は掛かりません。

※光プレミアム等旧タイプの場合工事費が発生することがあります。

そのためフレッツ光からの転用の場合は工事費が掛からず、事務手数料1,800円のみでDTI光へ移行することが可能です。

転用ではなく、新しく回線工事を行う場合は、

  • ファミリータイプ - 18,000円
  • マンションタイプ - 15,000円

の工事費が発生します。この場合事務手数料は800円となります。

工事費キャッシュバックキャンペーン(東日本のみ)

現在上記工事費が掛かる新規開設の場合のみファミリータイプで9,000円、マンションタイプで7,000円のキャッシュバックを得ることが可能です。

※期間は10月末日まで

キャッシュバックは東日本のみの対応となっています。

※北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、栃木、群馬、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川(静岡の一部含む)、 山梨、新潟、長野

工事費が発生する新設のみなので工事費の一部を還元という感じですね。金額が大きくないのであまり魅力的なキャンペーンとは言えない部分があります。

 

遠隔サポート

もう一つ、DTI光の魅力的なオプションサービスとして「サポートツールSiLK Touch」というサービスがあります。

これはメールや、インターネットブラウザの設定、パソコンのトラブルがあった場合に、DTIサポートセンターのオペレーターがパソコンを遠隔操作してサポートをしてくれます。

OCN、@nifty等、多くの企業は有料サービスとなっていますが、DTI光ではこちらのサービスが無料で使えます。

電話では分かりにくい事でもパソコンを遠隔操作してもらいながら教えてもらえればわかりやすいですね。

パソコンやインターネットがあまり得意ではないという方にとって、このサービスが無料というのは非常に魅力的だと思います。他社にもリモートサポートサービスがあるところは多いですがその多くが月額500円~の有料オプションです。

契約期間及び最低利用期間はない

DTI光は現状では最低利用期間及び契約期間の定めはありません。

なので現状では解約による違約金等は発生しません。

DTI光の最大のメリットかも・・・。

まとめ

という感じで上記をまとめると

    • 月額利用料金は比較的に安めである
    • SIMセット割やauセット割でさらに安くなる
    • キャッシュバックで還元
    • 遠隔サポートサービスが無料で受けられる。


という感じでしょうか

DTIは価格は抑え目ながらもサポートも充実していますが、割引サービスの金額をもう少し頑張ってほしいという声もあります。

「月額料金は安く済ませたい。けどサポートはしっかりした所がいい」

「フレッツ光の回線契約が古く、新しい回線に契約しなおそうと考えていた」

という人は検討してみてはどうでしょうか。

 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。