スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

ドコモ光のWi-Fiルーターはレンタルと購入どちらがお得?メリットをまとめる

 

自宅のネット回線にかかせないのがWi-Fi。より安定した高速のインターネットサービスを利用するにはWi-Fiは必要不可欠なものになっています。Wi-Fiをスマホやパソコン、テレビやゲームなどで利用する場合はWi-Fiルーターが必要です。

ドコモ光を契約する場合は、Wi-Fiルーターをレンタルするか自分で購入するか、の2つの方法があります。

レンタルと購入どちらがお得なのか?ネットに詳しくない人にはなかなかわかりずらいですよね。

そこでこのページではそれぞれのメリットデメリットをわかりやすく解説していきます。

これからドコモ光を契約する人も、すでに契約している人も是非参考にしてみてください。

 スポンサーリンク



レンタルするのはルーターではなく無線LANカード

ドコモ光ではオプションでルーターをレンタルすることが可能です。ルーター代そのものは基本料金に含まれているので追加費用はかかりません。

一般的な無線ルーターは「ホームゲートウェイ」と呼ばれる機器です。ONUというネット接続に必要な機器と無線ルーターが一体型になっているものもあります。ドコモ光でレンタルできるルーターは全部で3種類。ONUと一体型になっているものも選ぶことができます。

無線ルーターはそれだけでは接続することはできず、機器に「無線LANカード」というものが必要です。

※下画像の機器をホームゲートウェイに装着する

実はドコモ光のオプションでは、ルーターをレンタルするというよりも、無線LANを使うのに必要な「無線LANカード」というものをレンタルしているという形になります。

この無線LANカードは使用するのに月額300円が必要です。ルーターをレンタルする場合は毎月300円の料金がかかると考えておきましょう。

レンタルのメリット・デメリット

レンタルをする場合のメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

【レンタルのメリット】

  • ドコモ光契約時に申し込みをすると一緒に設置してくれる
  • 故障した場合は無料で交換してもらえる

レンタルの場合、工事の担当者が当日にルーターを持ってきてくれて設置と接続を行ってくれます。設定など難しいことが苦手な人にはありがたいサービスですよね。

また、もしルーターが故障してしまった場合、その故障が故意や過失で起きたものではない場合は無料で機器を好感してくれます。自分で購入した場合はもちろん実費で交換しなければなりません。

【レンタルのデメリット】

  • 毎月お金がかかる
  • 解約したら返却する必要がある

ルーター代は基本料金に含まれているので無料ですが、無線LANカードのレンタル料月300円がかかってしまいます。年間で3,600円の費用が掛かります。

また、レンタルですので契約が終われば当然返す必要があります。その度に新しいルーターに変えられる、という捉え方もできますが、毎回違うものを用意したり設定するのは少し面倒です。

Wi-Fiルーターを自分で購入の場合

ドコモ光のルーターは必ずしもレンタルしないといけないものではありません。Wi-Fiルーターは家電量販店で数千円〜1万ほどで売っています。ネットでも2,000円~3,000円程度で購入することが可能です。

関連記事:Wi-Fiルーターの選び方と目的別おすすめ機種5選+2選

自分で設置・設定をする必要はありますが、そこまで難しいものではありません。

購入のメリット・デメリット

ルーターを自分で購入する場合のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

【購入のメリット】

  • 好きなタイプ、仕様のルーターが買える
  • 月々の費用がかからない

レンタルでは端末の種類が選べません。仕様やデザインが気に入らないといった理由での交換もできないので、こだわりがある方は購入の方がいいでしょう。

また、LANカードのレンタル料が月300円かかりますが、購入の場合はLANカードをレンタルする必要がありません。月々の追加料金ももちろんかかりません。

【購入のデメリット】

  • 自分で設定する必要がある
  • 故障した場合実費で買い直し

購入した機器は自分で設置し、設定も自分で行う必要があります。そこまで難しいものではありませんし、ネットで調べれば簡単に接続方法が解ります。ですが自身が無い方はレンタルを選んで設置してもらったほうがいいかもしれません。

レンタルの場合は故障しても無料で交換してくれるので、安心です。

キャンペーン利用でルーターを無料で手に入れることも

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むと、Wi-Fiルーターレンタル0円キャンペーンというものが利用できます。

このキャンペーンは0円で高性能のWi-Fiルーターがレンタルできるものになります。ドコモ光のオプションでレンタルする場合にかかる無線LANカード300円/月の料金もかかりません。

GMO経由で申し込めば5700円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンも受けることができます。5700円が貰えて最新のルーターも無料で手に入るのでチェックしてみましょう。ドコモ光の他の契約方法と比べても

GMO経由で申し込むと受けられるこのキャンペーンは一番お得な契約方法となっています。

⇒GMOとくとくBBのドコモ光の詳細はこちら

レンタル代で元をとることもできる

レンタルと購入でかかる費用は以下のようになります。

  • レンタル:初期費用0円 LANカードレンタル料300円/月
  • 購入:初期費用2,000円~1万(ルーター本体料金)

レンタルで1年使うと3,600円、3年使うと費用は10,800円となります。このように費用を比較すると、安いルーターを購入して使用したほうがお得だと言えます。

レンタルの場合は故障しても無料で交換してもらえるという大きなメリットがありますが、ルーターはそこまで頻繁に故障するものでもないのであまり気にしなくてもいいでしょう。

一番お得な方法は、上記でご紹介したキャンペーンで無料でルーターを手に入れる方法です。これなら初期費用も掛かりませんし、月々の料金も不要なので現状では一番お得にドコモ光でルーターを使う方法となります。

これから契約をするという方はキャンペーンの利用を検討しましょう。

スポンサーリンク



 

光回線 光コラボレーション ドコモ光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。