ドコモ光

ドコモ光で自宅をWi-Fi化する全手順をわかりやすく解説する

スマホ、タブレットの普及によって自宅のWi-Fi化はもはや必須になりましたね。

スマホ、タブレットの他最近はテレビやレコーダー、冷蔵庫などの家電製品もWi-Fi対応のものが増えてきているので、むしろWi-Fiがないと光回線を利用するメリットがないと言えるくらいです。

本ページでは現在もっとも加入者数を伸ばしている人気の「ドコモ光」を使って自宅でWi-Fi化する方法を解説します。

現在ドコモ光を利用している人、加入を検討している人はご参考ください。

自宅をWi-Fi化する方法の基本

まずは自宅でWi-Fiが使えるようになる基本的な手順から解説します。

Wi-Fiでインターネットを利用するためには以下が必要になってきます。

  • ネット回線(今回はドコモ光)
  • Wi-Fiルーター
  • 接続及び設定をする機器(パソコン、スマホ、タブレットなど)

インターネット回線の契約が必要

自宅でWi-Fiを使ってネット接続するためには必ずインターネットの契約が必要です。

今回は「ドコモ光の」としているのでドコモ光をこれから契約する、またはすでに契約している人向けに解説します。

まだ契約していない人は申し込みを行いましょう。

ドコモ光の月額料金は、

  • ホームタイプ – 5,200円
  • マンションタイプ – 4,000円

となっています。

詳細はドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説でも解説していますが、ドコモ光はドコモのスマホ(携帯電話)とセットで割引が出来るため、ドコモを利用している人は確実にお得に利用出来ます。

あわせて読みたい
ドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説現在国内の携帯電話の契約者数が最も多いのはドコモで、その影響もあってかドコモ光の契約者数も飛躍的に伸びています。 ドコモの携帯、ス...

 Wi-Fiルーターが必須

光回線(ドコモ光)を利用してWi-Fi接続したい場合は必ずWi-Fiルーターが必要になってきます。

Wi-Fiルーターはヤマダ電機などの家電量販店でも売っていますし、Amazonなどでも購入することが可能です。

Wi-Fiルーターは中クラスのベーシックタイプであれば5,000円くらいで購入することが出来ます。

Wi-Fiルーターの選び方やおすすめについて詳しく知りたい方は下記ページをご参考ください。

あわせて読みたい
これで解かる!Wi-Fiルーターの選び方と目的別おすすめ機種5選スマホ、タブレットが普及し、通信量節約のために自宅にWi-Fi環境を作ろうと思っている方も多いと思います。 Wi-Fi環境を構築す...

まだドコモ光を契約していなくて、これから契約される方はGMOとくとくBBのドコモ光が提供するWi-Fiルーター無料レンタルがおすすめです。

GMOとくとくBBが提供するWi-Fiルーターは実売価格1万円程度の高性能のものです。

詳しくは後述しますが、

  • インターネットの初期設定が不要
  • 高速通信が実現可能なIPv6プラスに対応

という大きなメリットがあります。

レンタルですが無料なので購入費用が掛からない分、間違いなくお得です。

⇛GMOとくとくBBのドコモ光のキャンペーンを見てみる

設定をするスマホ、パソコンが必要です

自宅でWi-Fi接続する際、原則Wi-Fiルーターの設定が必要になってきます。

設定方法について詳しくは後述しますが、今はスマホでもパソコンでも設定が可能です。

それ以外の機器(テレビやゲーム機)では原則出来ません。

最近はスマホのアプリで設定が出来る機種が多いので、スマホで設定することをおすすめします。

Wi-Fiの設定方法

上記3つ(ドコモ光、Wi-Fiルーター、スマホ)が揃ったところで、ここからは実際に設定する方法について解説します。

スマホで設定する手順は下記の通り。

  • Wi-Fiルーターを接続、電源を入れる
  • スマホとWi-Fiルーターを接続する
  • インターネットの設定を行う

で完了します。

後は接続したい機器の追加を行うだけです。

Wi-Fiルーターを接続、電源を入れる

すべて説明書に書いてあるので悩むほどではないと思いますが一応解説しておきます。

Wi-Fiルーターは通常電源アダプタに接続すると電源が入ります。完全に起動するまで3分くらい掛かることがあるので、待ちましょう。

後はLANケーブルでドコモ光の終端装置(ONU、またはホームゲートウェイ)とWi-Fiルーターを接続します。

※以下図のようなイメージです。

Wi-Fiルーターを購入した場合、このルーターの設定が必要になってきます。

スマホとWi-FiルーターをWi-Fi接続する

ONUとWi-Fiルーターの接続が完了したら、次はWi-FiルーターとスマホをWi-Fi(無線)接続します。

手順は以下の通り。

※画像はバッファローのWi-Fiルーターで設定したものですが、他社の機種でもほぼ同じ手順で設定が可能です。

iPhoneの場合はitunesから、Android端末の場合はGoogle Playから「QRsetup」をインストールしましょう。

Androidの場合はこちら

iPhoneの場合はこちら

Screenshot_2015-09-05-22-50-54

インストールが完了したら起動し、ルータの箱に同梱されているセットアップカードの裏面に付いているQRコードを読みとります。

Screenshot_2015-09-05-22-51-52

読み取りに成功したら確認画面が出てきます。

Screenshot_2015-09-05-22-51-59

「次へ」を押すと自動的にwi-fiの設定が始まりwi-fiの設定が無事完了するとブラウザを開きインターネットの設定に移ります。

Screenshot_2015-09-05-22-56-36

※Wi-Fiの設定でエラーが出る場合は無線LANの環境を確認してください。距離が遠すぎたり電子レンジ等による電波障害等の影響で設定が上手くいかない場合もあります。失敗した場合はアプリを再起動し再度QRコードの読み取りを行ってください。

これでWi-FiルーターとスマホのWi-Fi接続が完了しました。

ドコモ光で光電話を利用している場合はここまでの設定でインターネットも利用出来るはずです。

光電話を利用していない場合、「Internet回線判別中」という画面になるので、その際はプロバイダ情報の入力(※後述)が必要になってきます。

Screenshot_2015-09-05-22-56-45

インターネットの設定を行う

「internet側の確認を行う」をタップするとログイン画面が出てきます。

  • ユーザー名:「admin」
  • パスワード:「password」

と入力すると設定画面に入ることが出来ます。下の画像が設定画面です。

Screenshot_2015-09-05-22-57-57

一番上の回線の種類の設定はそれぞれ利用している回線の種類に合わせてください。ドコモ光の場合は「フレッツ光ネクスト」になります。

次に事前に調べたプロバイダ情報(ユーザー名とパスワード)を入力します。ドコモ光の場合は他の項目は初期値のままで構いません。

※プロバイダ情報はプロバイダから開通時に送られてくるハガキ(手紙)に記載されています。わからない場合はプロバイダに問い合わせしてみてください。

接続先ユーザー名と接続先パスワードを正確に入力を終えて、一番下の「設定」をタップすると認証が始まります。

入力に誤りがなければ設定が完了し、インターネットが利用出来るようになります。

Screenshot_2015-09-06-00-15-34

こちらの画面が出ればインターネットの設定は完了です。

「認証に失敗しました」と出る場合はユーザー名、もしくはパスワードの入力に誤りがあります。再度確認して慎重に入力してみてください。

私も以前何度も入力ミスをしてしまい結構苦労しました・・・汗

スマホなので間違って入力してしまうことが多いです。ゆっくり確認しながら入力しましょう。

接続するスマホ、タブレットを追加する

Wi-Fi接続、インターネットの設定が完了したら他のスマホ、タブレット、ゲーム機なども追加しましょう。

スマートフォンの場合は「設定」→「wi-fi」とタッチし、セットアップカードに書かれたSSID(Buffalo-○-××××)をタッチ。

Screenshot_2015-09-05-22-34-23

するとパスワード入力画面が出てくるのでセットアップカードに書かれた暗号化キーを入力するとwi-fi接続が出来ます。

ゲーム機や他の機種でも若干設定項目の名称が違ったりします(Wi-Fi設定が無線LANになっているとか)が、手順は同じです。

有線で接続したい場合は?

例えばWi-Fiに対応していないデスクトップパソコンや出来る限り通信速度を落としたくないゲーム機などで、個別で有線接続したい場合もあると思います。

その際はWi-Fiルーターの有線LANポートにLANケーブルで接続しましょう。

インターネットの接続設定が完了していればケーブル接続するだけでOKです。

LANケーブルは家電量販店やAmazonなどで購入することが可能です。

Wi-Fiの設定が不安な場合はGMOのドコモ光を選ぼう

ここまで読んで、Wi-Fiの設定が出来るか心配な場合は、上述したGMOをとくとくBBのドコモ光がおすすめです。

GMOとくとくBBのドコモ光では高速通信が期待出来る次世代の通信方式、IPv6プラスを無料で提供しており、またそれに対応するWi-Fiルーターが無料でレンタル出来ます。

GMOとくとくBBのIPv6プラスのメリットは回線速度が速いだけでなく、インターネットの設定が不要という点も挙げられます。

インターネット利用開始に必要な接続ID・パスワードの設定ですが、「v6プラス」を利用いただく場合、設定は不要です。

機器にケーブルを繋いで、待つだけ!

面倒な接続設定がないので、パソコンが苦手な方も簡単にご利用いただけます。

「設定とかよくわからない…」

「ここまで読んでみたけど出来るかどうか不安」

「どうせなら回線速度は速い方が良い」

という方はGMOとくとくBBのドコモ光をご検討ください。

GMOとくとくBB-ドコモ光-

⇛GMOとくとくBBのドコモ光のキャンペーンを見てみる

Wi-Fiの回線速度が遅い場合の対処法(※追記)

Wi-Fiの回線速度が遅い場合は以下の原因が考えられます。

  1. Wi-Fiルーターまでの距離が遠い(壁があると遅くなる)
  2. Wi-Fiルーター本体が古い
  3. そもそもインターネットの回線速度が遅い

①の場合は接続したい機器を近くに持っていってみてください。それで速くなれば確実に距離が原因です。高性能のWi-Fiルーターにバージョンアップすれば解決することもありますが、厚い壁を挟んだり、2枚以上挟んだりすると難しいです。

ルーター本体が古い機種の場合は買い替えを検討しましょう。4年以上前のものは買い替えた方が良いかも。

あわせて読みたい
Wi-Fiルーターを買い替える際におすすめの機種と設定方法について解説Wi-Fiルータ-のようなIT機器は進化が早く、新しいものがどんどん出てきますよね。 最近は新しい規格の製品(詳細は後述)が主流に...

そもそもインターネットの回線速度が遅い場合の対処法

Wi-Fiでなく、インターネットそのものが遅い場合はインターネットの乗り換え、またはIPv6プラスを検討しましょう。

ドコモ光の場合、ほとんどのプロバイダでIPv6が対応しているので、現在利用している人はプロバイダに問い合わせしてみましょう。

その際Wi-FiルーターもIPv6に対応している必要があるので注意してください。

※画像はバッファローのカタログの一部です

回線の乗り換えを検討される場合は下記ページをご参考ください。

あわせて読みたい
乗り換えに圧倒的におすすめ出来る光回線と乗り換える際の注意点現在光回線やADSL等のネット回線を使用していて、 「今使っている回線速度が遅い」 「月額料金をもっと安くしたい」 「...
ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。