光回線比較

ドコモ光とソフトバンク光はどちらを契約すべきか?わかりやすく解説

現在もっとも契約者数を伸ばしている光回線はドコモ光です。2015年頃に本格的にサービスがスタートして3年あまりで現在契約者数は300万件以上に昇っています。

次いで人気上昇中なのがソフトバンク光。こちらも2015年頃にサービスが開始されたのですが、すでに人気のあったauひかりを上回る勢いで契約者数を伸ばしています。

どちらも携帯ショップや家電量販店、テレビCMなどでも宣伝されており、名前くらいは知っているという方がほとんどではないでしょうか。

本ページではすでにドコモ光やソフトバンク光を利用していて乗り換えを検討している方や、これから新しく契約を検討している方向けに、

「ドコモ光とソフトバンク光はどちらの方がおすすめか?」

出来る限りわかりやすく解説していきます。

結論から言うとやはり今利用しているスマホ、携帯電話に合わせて選ぶべきであると言えます。

ドコモ光とソフトバンク光のプラン比較

ドコモ光とソフトバンク光はどちらの方がお得か?

月額基本料金と話題のスマホ、携帯電話セット割引をそれぞれ比較します。

月額基本料金の比較

はじめにそれぞれの月額料金を比較してみましょう。

どちらもプロバイダ料込の金額となっています。

回線名 ホーム マンション
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円

※ドコモ光はプロバイダによって上記価格+200円となることがあります

単純に月額料金だけを比較するとどちらも同じくらいとなっています。マンションタイプだとソフトバンク光の方が200円ほど安いですね。ホームタイプは同じです。

月額料金だけ見るとドコモ光からソフトバンク光へ、ソフトバンク光からドコモ光へそれぞれ乗り換えるメリットはほとんどありません。

ドコモ光とソフトバンク光のスマホ割引

ドコモ光とソフトバンク光はそれぞれスマホ、携帯電話とセットで割引がされるプランがあります。

どちらも割引額は大きいので、ソフトバンクスマホ・携帯を利用しているのであればソフトバンク光を、ドコモのスマホ・携帯を利用している場合はドコモ光を利用することを強くおすすめします。

それぞれの割引額は以下のとおりです。

ドコモ光のドコモ光セット割

ドコモ光のモバイルと光回線のセット割引は家族で利用している場合シェアパックからの割引となっています。

下の表は割引額をまとめたものです。

プラン名 割引額 容量
らくらくパック 500円 200MB
データSパック 500円 2GB
データMパック 800円 5GB
データLパック 1,400円 20GB
データLLパック 1,600円 30GB
シェアパック5 800円 5GB
シェアパック10 1,200円 10GB
シェアパック15 1,800円 15GB
シェアパック30 2,500円 20GB
シェアパック50 2,900円 30GB
シェアパック100 3,500円 100GB

例えばシェアパック15を利用している家族の場合、月額1,800円割引されるので月額実質3,400円でホームタイプのドコモ光を利用出来る計算となります。

例えば他社(auひかりなど)でキャシュバック4万円得たとしても、月額1800円が3年間続けばシェアパックによる割引の方がお得になります。※1,800円×36カ月=64,800円となる。

なので割引ができない他社光回線でキャッシュバックを得るよりもドコモ光セット割引を適用させた方が総合的に安くなるでしょう。

ドコモとセットで割引出来る光回線はドコモ光しかないのでドコモを利用している人はドコモ光が圧倒的におすすめです。

ソフトバンク光のおうち割

ソフトバンク光のスマホセット割引は「スマホ一台につき割引」なのでドコモ光以上に大きく割引が出来る可能性があります。

割引額は下の表の通り。

スマホプラン名 スマート値引き額
データ定額(2GB/1GB)
3Gケータイ
500円
データ定額(50GB/20GB/5GB)
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円

5GB以上のプランであれば月額1,000円割引されるので例えばデータ定額5GBを家族3人で利用していれば合計月額3,000円割引される計算となります。これは非常に大きい。

月額なので1年間で36,000円、2年間で72,000円です。

ソフトバンクスマホ、携帯を利用している人はソフトバンク光が圧倒的におすすめです。

ただしソフトバンク光の場合、スマホ割引を適用させるには月額500円のオプションに加入する必要があります。

関連記事:ソフトバンクのスマート値引き(おうち割)の適応条件等を分かりやすく解説

ちなみにこのソフトバンクスマホセット割引(おうち割)ですが、関東、関西、東海地方で人気のあるNURO光でも適用が可能です。

NURO光は月額料金が安く、回線速度も速いのでソフトバンクスマホを利用していてエリアが対象の人は圧倒的におすすめできます。

関連記事:おうち割が適用されるNURO光とソフトバンク光はどっちがお勧め?

初期工事費と解約違約金の比較

光回線は原則初期工事費が発生します。

初期工事費は一般的に2万円から3万円ほどするので注意したいところ。

また、現在光回線は2年~3年の自動更新制となっており、解約月以外に解約すると違約金が発生してしまうので、それについても比較しておきましょう。

初期工事費の比較

それぞれ初期工事費をまとめると以下の通りとなります。

回線名 ホーム マンション
ドコモ光 18,000円
(12~60回で分割払い可能)
15,000円
(12~60回で分割払い可能)
ソフトバンク光 24,000円
(60回払いで月額400円)

工事費はいずれも分割払いが可能です。

工事費はドコモ光よりソフトバンク光の方が高くなっています。マンションプランは9,000円も変わってくるので単純に月額料金だけを比較してはいけませんね。

また詳細は後述しますがドコモ光、ソフトバンク光ともに工事費が無料になるキャンペーンも行っています。

解約違約金の比較

続いては解約金の比較です。

ドコモ光、ソフトバンク光ともに携帯電話の契約と同じく、2年間の自動更新となっており。解約月以外に解約すると以下の解約違約金が発生してしまいます。

回線名 ホーム マンション
ドコモ光 13,000円 8,000円
ソフトバンク光 9,000円

解約月の考え方

解約違約金が掛からない解約月は回線によって違ってきます。

ドコモ光の場合、契約満了月(1月に契約したら12月が満了月)の翌月と翌々月は違約金が発生しません。

定期契約プランをご契約で契約期間内(契約満了月の翌月・翌々月を除く)の契約解除の場合、解約金をお支払いいただきます。

ドコモ光公式サイトより引用

ソフトバンク光の場合、契約満了月(1月に契約したら12月が満了月)が違約金が発生しない解約月となるようです。

自動更新ありプラン(2年)の場合、2017年1月に契約成立した場合は2018年12月が契約満了月(解除料がかからない月)となります。

ソフトバンク光公式サイトより引用

キャンペーンの比較

ドコモ光、ソフトバンク光ともに新規申込みキャンペーンを行っています。

新しく契約する場合のキャンペーンについてそれぞれチェックしておきましょう。

ドコモ光のキャンペーン

ドコモ光は現在プロバイダ(OCNやビッグローブなど)を選べるようになっています。

現在お得に申込みが出来るのはGMOとくとくBBというプロバイダです。

GMOとくとくBBのドコモ光は新規申込みによって以下の特典を得ることができます。

  • 初期工事費無料
    (2018年9月30日まで)
  • 最大15,000円キャッシュバック
    (ひかりTV契約時)
  • dポイント最大1万ポイント
  • 無料出張サポート
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料

キャッシュバックを得るにはひかりTVを契約する必要があるので、あまり魅力的とは言えませんが、現在工事費無料キャンペーンを行っているのでかなりお得な状況ではあります。

⇛ドコモ光の現在のキャペーンを確認する

ソフトバンク光のキャンペーン

ソフトバンク光は代理店経由で申込みをすると高額キャッシュバックを得ることができます。

  • キャッシュバック3万円
    (または2.5万円+Wi-Fiルーター)
  • 初期工事費(24,000円)分実質無料
    (転居による新規、または他社乗り換え時)
  • 他社違約金最大10万円還元

ソフトバンク光はほぼ無条件でキャッシュバック3万円が得られることが魅力的です。

初期工事費に関しては転居(引っ越しなど)による新規、または他社乗り換えの場合は実質無料となりますが、通常の新規申込みでは適用されません。

他社乗り換えの場合、乗り換え時に掛かる違約金も還元されるので、ソフトバンク光は全体的に乗り換え時に手厚い特典が得られる印象です。

⇒ソフトバンク光の現在のキャンペーンを確認する

 

比較すると全体的にソフトバンク光の方がキャンペーンは手厚いですね。

まとめ

キャンペーンについてはソフトバンク光の方が手厚い印象ですが、たとえ3万円キャッシュバックを得たとしても、2年くらい利用すればドコモのシェアパック割の方が安くなる可能性が高いので、やはりスマホ・携帯のセット割引を優先すべきです。

現在ドコモのスマホを利用していてソフトバンク光を利用している人はドコモ光に。ソフトバンクを利用していてドコモ光を使っている人はソフトバンク光に乗り換えた方が長期的に見るとお得です。

回線の乗り換えは手間が掛かりますが2年、3年使うとかなり差が出てくるので時間のある時に検討しましょう。

⇛ドコモ光をお得に申し込めるページはこちら

⇒ソフトバンク光をお得に申し込めるページはこちら

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。