ドコモ光のプロバイダ

やさしくねっと.

ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめか

 

ドコモ光2

2015年にスタートしたドコモ光は光コラボレーションの中でも最も人気があり、現在契約者数は100万件以上に昇っています。

そんなドコモ光は他の光コラボレーション大きく違う点が一つ、それはプロバイダを多数選べることです。

光コラボレーションはプロバイダと回線業者が分かれていないことが多いのでドコモ光はかなり特殊と言えます。

本ページではドコモ光のプロバイダはどこを選べばいいのかを解説します。

ドコモ光の基本的な概要、料金プランについては下記ページをご参照ください。

ドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説


スポンサーリンク



選べるプロバイダの種類

ドコモ光は現在AタイプとBタイプがありそれぞれプロバイダの種類によってタイプが決まっています。対応するプロバイダは下記の通り。ちなみにBタイプの方が月額料金が200円ほど高いです。

タイプAタイプB
ドコモnet、ぷらら、so-net、ビッグローブ、
DTI、BBエキサイト、エディオンネット、シナプス、楽天、ゼロワンヒカリコアラ、
アンドライン、クイット、@ネスク、
hi-ho、GMO、ic-net、タイガースドットコム
アサヒネット、@nifty、@Tcom、
TNC、OCN、ワクワク、
@ちゃんねるネット

タイプAが圧倒的に多いですね。その前に割と詳しいはずの私でも知らない業者があって驚きです。

ちなみにプロバイダはこれ以外にも選択することが出来るようです。

その場合ドコモ光を単体契約にして別途プロバイダ契約をするようですが、料金が高くなってしまう上に個人で上記プロバイダ以外のプロバイダに拘りがあって使う人はきっとほとんどいないと思うので単体で別途プロバイダ契約をすることはほとんどないでしょう。

どこのプロバイダが優れているか

ドコモ光はプロバイダによって月額料金が変わってくるわけではないので実際Aタイプのプロバイダであればそれほど大きな違いはありません(BタイプはAタイプに比べて200円ほど高くなっています)。

よってプロバイダの違いはそれぞれが提供しているサービス、オプションのみとなってくるわけですが、その点においても月額料金が200円高いBタイプの方が優れているというわけではないので特に拘りがなければあえてBタイプを選ぶ必要もありません。

プロバイダの差異についてすべて書くとかなりのボリュームになってしまうので詳細を知りたい方は下記公式サイト(PDF形式)をご覧ください。

ドコモ光プロバイダサービス一覧

セキュリティ面でso-netが優れている

ざっと比較表を見てもやはり大きい差はないんですよね。まあ月額料金が変わらないのでサービス自体で大きな差が付くわけないんですが。

その中で少し優れていると感じたのがやはりso-netでした。

so-netはauひかりのプロバイダとしても圧倒的なシェアを誇っているわけですが、その理由としてはセキュリティ面が優れていることにあります。

so-netのセキュリティソフトはパソコンだけでなくandroidスマートフォン、タブレットを含めて最大5台まで利用が可能で、セキュリティソフトとして人気のあるソフトです。

so-netのセキリュリティソフトは月額500円ですが、プロバイダと同時に申し込みをすると24カ月間無料となります。

ドコモ光の他のプロバイダ、ドコモnetやぷらら、ビッグローブ等もセキュリティソフトの無料期間がありますが、いずれも12ヵ月でこの点に関してはso-netに軍配が上がります。

⇒公式サイトはこちら

GMOとくとくBBはWi-Fiルータープレゼント

それほど大きな特典とは言い難いですが、GMOとくとくBBではバッファローのWi-Fiルーターがプレゼントされます。

特典としてもらえるWi-Fiルーターは市販で1万円前後(定価で2万円程度)するものなのでドコモ光のプロバイダ特典としては最も大きい特典であると言えます。

⇒GMOとくとくBBのキャンペーンを見てみる

※プレゼントされるルーターはこちら(2016年秋時点)

それ以外のそれぞれの特色

セキュリティ面以外ではプロバイダによって大きく変わる点は少ないです。

なので後は個人的に「これが必要」と思うものがあればそのプロバイダを選ぶ形になるでしょう。

特色のあるプロバイダとサービスを抜粋すると、

    • ぷらら、DTI、楽天、GMOは取得出来るメールアドレスが多い(有料オプションの場合があります)
    • ぷらら、ビッグローブはリモートサポートが無料
    • 楽天は楽天ポイント100ポイント/月の付与がある
    • タイガースネットドットコムはタイガース戦ライブ等のオリジナル映像コンテンツがある
    • アンドラインはWi-Fiルータ等を無償提供(利用期間中)

というようなモノがあります。

楽天サービスをよく利用する人は楽天がいいですし、リモートサポート(NTTのPC操作支援サービス)が必要なら無料となているぷららやビッグローブがいいと思います。

ドコモ光のプロバイダの通信速度に関して

ドコモ光は契約者数が多いためか、設備増強が追い付いていないのか、

「通信速度が遅い」

という意見をよく目にします。

このサイトにもたまに「ドコモ光が遅いですがどうすればいいでしょうか」というような問い合わせがあったりします。

そのためどこのプロバイダが良いかを探す人も多いみたいです。

じゃあどこがいいのかと言うと、正直どこのプロバイダの通信速度が安定しやすいかは分かりかねます

というのもプロバイダによって通信速度が影響するとは思いますが、それがいつ、どこのプロバイダが安定して、どこのプロバイダが安定しないかまでは私達利用者が把握することは不可能だからです。

ネットの通信速度は基本的に設備に対してどれくらいの利用者がいるかが重要なんですが、その情報は表に出てこないので分かりません。

Aプロバイダは100という設備に対して利用者が80となっている一方で、Bプロバイダは80という設備に対して利用者が120となっている可能性もあります。もちろんその場合は後者の通信速度が遅くなってしまうんですが、この情報は表に出てこないのでわからないんです。

なので口コミを調べるしかないんですがやはりアテにならないことが多く、AさんとBさんで評価が大きく違っていることはよくあります。

つまりどのプロバイダが良いか、はおそらく中で働いている関係者の中でも分かりかねるレベルではないかと予想します。利用者数も毎月変わってくるわけですから。

プロバイダの変更は可能

ドコモ光はプロバイダを自由に選ぶことができ、ドコモ光契約中はある程度自由にプロバイダ変更が出来るようです。

プロバイダ変更に掛かる料金は事務手数料3,000円、これにプロバイダによって違約金が発生する場合があるようです。

ぷららやso-net等違約金が発生しないプロバイダもあります。ちなみにBタイプのOCNは3,000円違約金が発生してしまうことがあるようです。

※詳細は公式サイトのプロバイダご利用にあたっての注意事項でご確認ください。

プロバイダを変更するとそのプロバイダで利用していたサービス(メールアドレス等)が利用出来なくなるのでご注意ください。

それらを留意すれば例えば回線速度が異常に遅い時にプロバイダを変更してみるのもいいと思います。

⇒GMOとくとくBBのドコモ光キャンペーンを見てみる

 

タグ :

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。