スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

ドコモ光のセット割は本当にお得?au・ソフトバンクと比較してみる

 

ドコモスマホを使っている人なら、ドコモ光の利用を勧められたことがあるはずです。

ドコモ光はドコモスマホをもっていると「ドコモ光パック」という割引サービスが利用できるため、携帯料金をお得にすることができます。そのためショップの店員も積極的にドコモ光の利用を勧めます。

「スマホと固定回線、まとめてお得に利用できる」

それはわかっているけど、他社と比べてどのくらいお得なのかがわからない。そう思っている方も多いかと思います。

スマホや固定回線の料金プランは複雑でわかりにくいですからね。

そこでこの記事では、ドコモ光にした場合スマホとのセット割は本当にお得なのかを説明します。

具体的な数字を出してわかりやすく書いているので、是非参考にしてみてください。


スポンサーリンク



ドコモ光パックはどのくらい安くなるの?

ドコモ光パックは、ドコモスマホとドコモ光を両方契約していると利用できる割引サービスです。

割引額はスマホのプランによって変わります。800円~最大で3,200円の割引が適応されます。各プランの割引額は以下のとおりです。

利用プラン(スマホ)
割引額(戸建て)
割引額(マンション)
データSパック(小容量)
500円
データMパック(標準)
800円
ウルトラデータLパック
900円
ウルトラデータLLパック
1,100円
シェアパック5(小容量)
800円
シェアパック10(小容量)
1,200円
シェアパック15(標準)
1,800円
ウルトラシェアパック30
2,000円
ウルトラシェアパック50
2,500円
2,400円
ウルトラシェアパック100
3,200円
3,000円

ドコモ光パックは家族で複数のスマホを持っていても、割引が適応されるのは代表となる1つの回線のみとなります。

代表として光契約と紐づけされる回線を「ペア回線」とよび、割引額はこのペア回線のスマホプランによって変化します。

ドコモの割引を活かすには、家族でそれぞれのパケットプランに入るのではなくシェアプランにまとめるのがコツです。

auひかり・ソフトバンク光のセット割はどうなの?

auひかり・ソフトバンク光もドコモ光と同様に、スマホと光回線の契約をセットにすることで割引が適応されるシステムがあります。細かい違いはありますが、

  • 光回線とスマホを同じ会社でセットにすると割引が受けられる
  • スマホのプランによって割引額が変わる

という点は同じです。では、どのキャリアのセット割が最もお得なのかをチェックしていきましょう。

1人で使う場合はソフトバンクがお得

1人でセット割を使う場合、マンションタイプで契約から2年間の毎月の割引額を比較しました。

 ドコモ光
ドコモ光パック
ソフトバンク光
おうち割
au光
スマートバリュー
2GB
-
500円
934円
3GB
-
-
934円
5GB
800円
1522円
1410円
8GB
1000円
1522円
1410円
10GB
1200円
2000円
2000円
13GB
-
-
2000円
15GB
1800円
2000円
-
20GB
900円
2000円
1000円
30GB
1100円
2000円
1000円

2年以内の割引額を見てみると、ソフトバンクのおうち割が最も割引額が大きくなります。次いでauのスマートバリュー、ドコモ光は割引額だけを見ると一番金額が小さくなっています。

しかし、ドコモで2年以上契約している場合は「ずっとドコモ割」などの長期契約者がよりお得になるサービスもあり、割引額が変わってくるため必ずしもソフトバンクが一番お得というわけではありません。

家族での利用は大きく差がでる

auひかりとソフトバンク光は、家族で複数のスマホを使っている場合は家族の分も一緒に割引が適応されます。ドコモ光は前述したように、代表となる「ペア回線」の1つしか割引が適応されません。

このため、家族で利用すると割引額には大きな差が出てくると考えられます。そこで家族3人で使用した場合の割引額を比較しました。

比較プラン条件:カケホライト・15G利用・家族3人

ドコモ光

スマホ基本料金:1700円*3人=5100円
プロバイダ基本料金:300円*3人=900円
シェアパック15:12500円*1人=12500
シェアパック子回線:500円*2人=1000円
セット割:-1800円

計17700円/月

auひかり

スマホ基本料金:1700円*3人=5100円
LTEネット:300円*3人=900円
データ定額5:5000円*3人=15000円
スマートバリュー:-1410*3人=-4230円

計16770円/月

ソフトバンク

スマ放題ライト:1700円*3人=5100円
ウェブ使用量:300円*3人=900円
データ定額5:5000円+3人=15000円
おうち割:-1522円*3人=-4566円

計16434円/月

大きな差が出ると思われましたが、ソフトバンクが一番安くなるものの、意外に大差はないという結果になりました。

これはドコモでシェアパックを選んでいるからです。シェアパックは家族でパケットを分け合うプラン。上記の例では15Gを3人で分け合うプランでこのプランの金額は13,500円になります。auやソフトバンクの場合は1人が5G分使えるプランに3人が加入するデータ定額になるので5,000円×3人で合計は15,000円。ドコモとの差額は1,500円になります。

割引額が低くてもシェアパックを使っていればスマホ料金を抑えることができます。また、シェアパックはセット割の割引額が比較的高額になるということもあり比較するとそこまで差は出ないという結果になりました。

まとめ

ご紹介したように、ドコモ・au・ソフトバンクではソフトバンクが最もセット割でお得になるもののそこまで大きな差はないということが解りました。

大きな差はないので自分が好きなキャリア、使っているスマホのキャリアに合わせて回線を選ぶといいでしょう。2年ごとの更新月なら違約金がかからないので2年ごとに乗り換えてキャッシュバックキャンペーンなどを活用してお得に利用するという方法もあります。

ドコモ光は家族で使う場合はシェアパックを上手く活用すれば金額を抑えてお得に利用することができます。また長年使用すると適応される「ずっとドコモ割」というサービスもあります。これを活用すると月々最大で2,500円の割引が適応されます。この割引が適応されると上記で比較した金額も変わり、ドコモの方がソフトバンクよりもお得になる可能性もあります。

今ドコモスマホを使っていて、4年以上契約しているという場合は他のキャリアに乗り換えるよりもそのままでドコモ光を契約したほうがお得になる可能性が高くなるということを覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク



 

光回線 光コラボレーション ドコモ光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。