ドコモ光の工事費

やさしくねっと.

ドコモ光の工事費はどれくらい?工事内容とともに解説

 

自宅のネット回線を契約する時にまず発生するのが、回線工事費です。

契約する回線によって工事費が違うという点はもちろん、工事費に関する料金やキャンペーンも異なり、正直いくらかかるのか解りづらいですよね。

このページではドコモ光を契約する際に工事費が実際いくらかかるのか具体的にご紹介。

また高額な工事費を安くする、お得な申し込み方法について解説していきます。

ドコモ光の工事費は他社に比べて安い

ドコモ光の工事費は戸建てかマンションか、派遣工事が必要かどうかで異なります。具体的な金額は以下のとおりです。

住宅タイプ派遣工事あり派遣工事なし
戸建配線工事あり18000円-
配線工事なし7600円2000円
マンション配線工事あり15000円-
配線工事なし7600円2000円

※土日祝日や深夜の工事の場合は追加料金が必要な場合があります

ドコモ光の工事費は他のauひかりやNURO光などの回線と比べると安く設定されています。

auひかりは37,500円・NURO光は40,000円と非常に工事費が高額になります。高額ではありますが工事費は分割で支払い、その分月額料金が割引になるといった実質無料サービスもあります。しかし中途解約すると残った高額の工事費を負担しなければならないので注意が必要となります。

ドコモ光は最初から低価格に設定されているのでもし中途解約することになっても高額な工事費を支払う必要が無く、安心です。

また、すでに自宅に配線がある場合は、配線工事と派遣工事が不要で自分で設定をするだけでネットが開通することもあります。この場合は2,000円しか工事費がかかりません。

フレッツ光から転用の場合は基本的に無料

ドコモ光は「光コラボ」呼ばれるフレッツ光の回線を利用したインターネットサービスの1つです。

参照記事:光コラボレーションとは?転用とは?メリットとデメリットまで解説

auひかりやNURO光との大きな違いは、フレッツ光回線から「転用」が出来るということです。転用とは回線はそのままで事業者だけが変わること。通常乗り換えとは違って今まで使っていた回線は工事をして配線を変える必要がありません。

フレッツ光からドコモ光へ転用する場合は大掛かりな工事をする必要がありません。手数料だけを支払えばOKで工事費を支払う必要はないので安心できます。

ただし、例外もあります。「フレッツ光プレミアム」「Bフレッツ」「フレッツ光ライト」というプランで契約していた場合は、ドコモ光へ転用する際に工事費がかかることがあります。以下の場合は工事費がかかることがあるので注意しておきましょう。
[/normal_box2]

  • 転用と同時に最大通信速度を変更する場合
  • 「フレッツ光プレミアム」「Bフレッツ」のマンションタイプから戸建てタイプに変更する場合
  • 無派遣工事なのに、工事の方に機器の交換を依頼した場合
  • 無線ルーターを新規でレンタルする場合
  • 転用の際にレンタルを止める場合

[/imglist]
かかる工事費は設備状況によって異なります。当てはまる場合は確認しておきましょう。

工事にかかる日数

派遣工事が必要になる場合は、申し込み後に工事日を相談して決めることになります。必ずこちらが指定した日に工事がしてもらえるとは限りません。

派遣工事がある場合は、申し込みから工事日までに2週間ほどかかることがあります。日数にはばらつきがあるので申し込みから2週間以内で工事が出来ることもあれば、1ヶ月以上先に延びてしまうこともあります。

例えば春は引っ越しシーズンになり回線工事を頼む人が多く、予約が取りづらくなる申し込みから1ヶ月以上かかってやっと工事がしてもらえる、ということもあります。

工事が遅れれば遅れるほど、インターネットが使えない「不通期間」が伸びることになります。

ネットが使えないと不便なので、早く工事をしてもらえるように工事の予約は早めに摂っておくようにしましょう。

フレッツ光からの転用の場合はスムーズに切り替え可能!

転用の場合は、上記でご紹介したような例外に当てはまらない限り、工事は必要がありません。

プロバイダも変更していなければ、フレッツ光とドコモ光側が勝手に変更手続きを行ってくれるため待っているだけで変更が完了となります。

工事が不要なのでネットが使えなくなる不通期間というものがなく、スムーズに切り替えることが可能です。

例外に当てはまり、工事が必要な場合は新規契約と同様に2週間程度の日数がかかると考えておきましょう。

キャンペーンの適用で料金を抑えることも可能

工事費をできるだけ抑えたい!と考えている方には、キャッシュバックキャンペーンを利用して工事費分の金額を浮かせるという方法がオススメです。

ドコモ光の申し込みは今までキャンペーンが少なくキャッシュバックキャンペーンが行われていないこともありました。しかし最近ではキャンペーンの内容も充実していてキャッシュバックが貰えるケースも増えてきています。

ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンは以下の2つとなります。

ドコモ光公式 dポイントプレゼントキャンペーン

  • 新規:dポイント20000ポイント
  • 転用:dポイント10000ポイント

2年の定期プランに加入し、dポイントクラブ会員になれば上記のポイントが貰えます。

dポイントは1ポイントあたり1円として利用できます。現金ではありませんが、各種ネットショップはもちろんローソンや無印良品・マクドナルドなど有名店で利用可能。ギフトカードやマイルに交換したり、携帯料金の支払いなどにも活用できます。

GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン

  • 新規:5500円
  • 転用:5000円

GMOとくとくBBの公式ページから申し込みをした方限定で申し込めるキャッシュバックキャンペーンです。このキャンペーンは公式キャンペーンと同時申し込みが可能です。

GMOから申し込めば新規は合計で25,500円相当、転用は15,000円相当のキャッシュバックが受けられることになります。

GMOとくとくBBではキャッシュバック以外にも

  • 高性能無線ルーターレンタル無料
  • セキュリティサービス1年間無料

というお得なキャンペーンも行っているのでチェックしておきましょう。

GMOとくとくBBのドコモ光の公式サイトはこちら

まとめ

ドコモ光は他の回線と比べると工事費が低価格です。高い工事費を払いたくないからと言って乗り換えをためらっている方には嬉しい価格設定になっています。

キャッシュバックキャンペーンも利用すればよりお得に乗り換え・転用が出来ます。

申し込む場合はキャッシュバック金額がアップするGMOとくとくBBからの申し込みが一番お得な方法となります。

ドコモショップや家電量販店などの店舗ではキャッシュバックがほとんど行われていませんし、キャッシュバックがあっても条件が厳しいことが多いのであまりオススメできません。

キャッシュバックキャンペーンは期間によって内容も変わるので、乗り換える前に必ずチェックしておくことをオススメします。

GMOとくとくBB-ドコモ光-

 

光回線 光コラボレーション ドコモ光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。