ドコモ光のエリアについて

やさしくねっと.

ドコモ光がエリア外だった場合どうする?調べ方と解決策を紹介

 

ドコモのスマホ利用者は、ドコモ光にすることで割引を受けられます。

しかし、ドコモ光にも契約できるエリアがあることを知っていますか?

もしも住所がそのエリア外だった場合、ドコモ光を契約することができません。

このページでは、ドコモのエリアの調べ方から、エリア外だった場合のおすすめの方法を紹介しています。

これからドコモ光を契約しようと思っている人も、引っ越しをしようとしている人も、是非参考にしてください。


スポンサーリンク



ドコモ光サービス提供エリアの調べ方

ドコモ光の提供エリアはフレッツ光と全く同じです。

これはドコモ光がフレッツ光と同じ回線を利用したサービスだから。同様にフレッツ光の回線を利用して提供しているソフトバンク光などの「光コラボ」と呼ばれる回線はすべてフレッツ光と同じ提供エリアになっています。

ドコモ光の提供エリアを知りたい方は、フレッツ光の提供エリアが解るページから確認をしていきましょう。下記を参照してみて下さい。

⇒フレッツ東日本の提供エリアはこちら
⇒フレッツ西日本の提供エリアはこちら

※西日本は「通常申し込み」を選択するとエリアの判定ができます

提供エリアをチェックしてみて、この画面が出たらフレッツ光に対応しているということになります。つまりドコモ光が利用可能です。

マンションタイプのエリアについて

ドコモ光に限らずフレッツ系の回線すべてに言えることですが、マンションタイプはマンションやアパートによって対応しているかどうかが変わってきます。

集合住宅でもマンションタイプが導入されていない場合はマンションタイプを契約することができません。

マンションタイプが導入されていなくても、条件によってはファミリータイプを契約することができます。

※マンションタイプが導入されていない物件は下画像のような判定となる

また、レオネットやエイブルネット等、集合住宅独自の回線が導入されている場合、エリア内地域でもエリア外という判定をされることがあります。

その場合、指定のネット回線以外開通工事ができないので、回線速度などに不満がある場合は無線タイプのネット回線を利用するしかありません。

関連記事:エイブルネットやレオネット等の光回線が遅い時の対処法

サービス提供エリア外だった場合の解決策

上記の方法で調べて提供エリア外だった場合は、ドコモ光の契約ができません。エリア外の場合は自分ではどうすることもできないので、他の回線を選択するしか方法はありません。

ドコモ光が無理だということは、フレッツ光やコラボ光の回線も使えないということになります。そのため必然的に選べる回線の選択肢は少なくなってしまいます。その中でも特にオススメの回線は以下の3つです。

  • auひかり
  • NURO光
  • WiMAX・SoftbankAir

それぞれの回線の特徴についてご紹介します。

キャッシュバックが魅力のauひかり

auひかりは独自の回線を使っているサービスです。ドコモスマホを持っていても割引は受けられませんがドコモユーザーにも選ばれている人気の回線です。もし家族でauスマホを持っている人がいる、という場合はauスマートバリューでスマホ代が安くなるので特にオススメです。

優良販売店から加入すれば高額のキャッシュバックが受けられることも多く、回線速度も比較的安定しています。フレッツ系の回線が使えない場合はまずauひかりを第一候補に検討してみましょう。

⇒auひかりのキャンペーンの詳細はこちら

回線速度重視ならNURO光

NURO光は関東及び一部の関西限定の光回線ですが、国内最速で月額料金も安く、注目の光回線です。月額料金は戸建ての場合プロバイダ込み4,743円という低価格。もし提供エリア内に入っている場合はNURO光がオススメです。

安い、速いというメリットだけではなく無線LANやセキュリティサービスが標準装備されているといった特典も充実しています。関東に住んでいる方は利用できるかどうかチェックしてみましょう。

⇒NURO光のプランや評判はこちら

無線タイプのWiMAX・SoftbankAir

固定回線ではなく、WiMAXやSoftbankAirなどの無線のインターネットを固定回線の代わりに利用するという方法もあります。

固定回線に比べると速度が安定しないというデメリットもありますが、通常のインターネット利用であれば近年は無線でも十分に固定回線と同じように使えると言われています。

データの重いゲームなどを頻繁に行うといった場合では不十分かもしれませんが、通常のネット検索や動画視聴であれば問題ありません。工事不要で手軽に導入でき、キャンペーンも魅力的なものが増えています。持ち運びが可能でとても便利なので、フレッツ光が使えないという場合は1つの方法として検討してみましょう。

⇒WiMAXのメリットやデメリットはこちら

エリア外は乗り換えの機会

もし現在ドコモ光を使っていて、引っ越し先ではドコモ光のエリア外だという場合は、これまで通りの回線が使えないので困ってしまいますよね。エリア外の場合はどうしようもないので回線を変えるしかありません。しかし引っ越し先がエリア外になっているということは、乗り換える絶好のチャンスであるともいえます。

乗り換えをすることで新規契約キャッシュバックなどのお得なキャンペーンに申し込むことができたり、今までよりも良い回線を安くお得に利用できる可能性があります。

まとめ

エリア外の場合はドコモ光が使えないので、スマホと光回線のセット割を利用することはできません。

しかし、auひかりはauスマホを利用していれば割引が受けられますし、NURO光はソフトバンクスマホを利用していれば割引が受けられます。モバイルルーターの中にはUQモバイルなどの格安スマホとのセットで割引が受けれられるものもあります。

このようにスマホとセットで契約するとよりお得になるので、エリア外でドコモ光が使えない場合はスマホごと回線を乗り換えるという方法もオススメです。

ドコモがエリア外になっている場合は今回ご紹介した3つの回線をチェックしてみて下さいね。

関連記事:自宅のインターネット回線の選び方と選ぶ際の注意点

 

スポンサーリンク



 

光回線 光コラボレーション ドコモ光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。