eo光

ドコモ光とeo光はどちらがおすすめ?人気のある光回線を徹底比較

現在最も契約者数を伸ばしている光回線は「ドコモ光」です。

ドコモ光は全国的に人気があり、特にドコモを利用している方のほとんどの人がドコモ光を選んでいる状況です。

同時に関西では関西電力のグループ会社(ケイ・オプティコム)が提供する「eo光(イオ光)」も人気があります。

現在関西に住んでいる方は人気があり知名度の高い「ドコモ光」にするか「eo光」にするか迷うところかと思います。

本ページでは料金プランや速度、サービスなどを比較し、どちらを契約すべきかについて解説します。

結論から言うとドコモのスマホ、携帯電話を利用している人であればドコモ光、auのスマホ(携帯電話)を利用している人はeo光を選ぶのがおすすめです。

月額料金の比較

まずは最も重要になってくる月額料金の比較を見てみましょう。

わかりやすく比較表を作成しました。

プラン ドコモ光 eo光
ホームタイプ 5,200円 4,953円
マンションタイプ 3,800円 3,524円

※プランによって若干前後することがあります

月額料金だけ見るとeo光の方が安い

表を見ての通りですが、単純に月額料金だけ比較するとeo光の方が安いです。

eo光はキャンペーンも行っており、最初の1年間は更に安くなります。

※キャンペーンは終了することもあります

ただ1年をすぎるとホームタイプ、マンションタイプともに月額料金に大きな差はありません。

初期工事費は現在どちらも実質無料

どちらも光回線なので工事が必要ですが、現在キャンペーンにつきいずれも工事費が実質無料となっています。

そのため初期費用はどちらも事務手数料3,000円のみでOKです。

※キャンペーンは予告なく終了することがあります

どちらもスマホでセット割引がされる

冒頭でも触れた通り、ドコモ光はドコモのスマホ(及び携帯電話)、eo光はauのスマホ(及び携帯電話)とセットで大幅に割引がされるプランがあります。

ドコモ光のセット割で月額料金を大幅に安くなる

ネット単体での月額料金だけを比較するとeo光の方が安くてお得なように見えますが、ドコモを利用している人はドコモ光を使った方が総合的に安くなります。

ドコモ光のドコモセット割の割引額はプランごとに異なっているためやや複雑ですが、下記ホームページ(真ん中くらい)から試算が可能です。

⇛ドコモセット割を試算してみる

セット割引の例

シェアパック(家族で利用)30GBで月額2,500円割引

シェアパック(家族で利用)10GBで月額1,200円割引

データパック(個人で量)5GBで月額800円割引

上記割引が毎月されるので、非常に安く光回線が利用できる計算となります。

あわせて読みたい
ドコモ光の料金プランと評判、知っておくべきデメリットについてわかりやすく解説現在国内の携帯電話の契約者数が最も多いのはドコモで、その影響もあってかドコモ光の契約者数も飛躍的に伸びています。 ドコモの携帯、ス...

eo光はauスマートバリューで大幅に割引される

eo光はauのスマホ、携帯電話が割引されるauスマートバリュー対象の光回線となっており、スマホ1台に付き月額最大2,000円の割引がされます。

割引金額は以下の通りとなります。

モバイルプラン 割引額
データ定額10/13/30(GB) 最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/8/20(GB)
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/カケホシンプル):2GB超~20GBまで
最大1,000円
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)
auピタットプラン(シンプル):1GBまで
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
auピタットプラン(シンプル):1GB超~2GBまで
500円

例えばスマホのデータ定額5GBプランを利用していれば毎月1,410円の割引がされるので非常にお得です。

あわせて読みたい
auひかりのauスマートバリューとは?条件、対象プラン等まとめauはauひかりを始めとするインターネット回線とauのスマホ・ケータイ(ガラケー)をセットで利用すると割引される、auスマートバリューと...

回線速度に違いはある?評判を調査した結果

月額料金の次に気になるのはやはり回線速度ですよね。

いくら月額料金が安くても「回線速度が遅い」では契約する価値はありません。

回線速度についてはどちらも下り最大1Gbpsとなっており、ベストエフォート(理論上の最大値)としては同じです。

しかし上記はあくまでベストエフォートなので実際そこまで出ません。

回線速度は設備に対して利用者数が多すぎると遅くなってしまったりすることがあるので、やはり実際に使ってみてどうなるか気になるところですね。

というわけでそれぞれ評判を調べてみました。

ドコモ光の回線速度の評判

先にドコモ光の口コミを見てみましょう。

ドコモ光は2018年頃からIPv6プラスと呼ばれる新しい接続方式に以降しており、最近の口コミは「速い」というものが多いです。

2017年以前くらいのIPv6プラスを利用していない回線は遅いと感じることも多いようですが、現在速度に関してはほぼ改善されています。

eo光の回線速度の評判

次にeo光を見てみましょう。

eo光は全体的に満足度が高い印象でした。遅いという意見が非常に少なかったです。

 

回線速度に関してはいずれもほぼ心配はないと思います。

ちなみによく「どれくらいの速度があれば快適に使えるのか?」と聞かれることがありますが、パソコンで動画を観る人でも下り10Mbpsくらい出ていれば十分快適に使えます。

そのため10Mbps以上出ていれば、プロバイダに「遅い」とクレームをしても相手にしてくれません。

関連記事:ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるか

まとめ

月額料金、回線速度に大きな差がないためやはり、

  • ドコモを利用している方はドコモ光
  • auを利用している方はeo光

を選ぶのが安く利用できる秘訣となります。

いずれも現在初期工事費無料やポイント還元などお得なキャンペーンを行っているのでおすすめできます。

⇛ドコモ光のキャンペーンを見てみる

⇛eo光のキャンペーンを見てみる

ちなみにですが、ソフトバンクを利用している場合は同様にソフトバンク光という割引がされる回線があるのでこちらもおすすめです。

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください