ポケットWi-Fi

ドコモのポケットWi-Fiの料金プラン、メリットとデメリットを分かりやすく解説する

大手キャリアのドコモは携帯電話の他、ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)も取り扱っています。

料金プランが少しに分かりにくく、どういうシステムになっているのかを把握できてない人も多いのではないでしょうか。

また、ドコモスマホユーザーとそれ以外では大きくプランが異なります。

本ページではドコモが提供しているポケットWi-Fiの料金プランからメリット、デメリットまで分かりやすく解説します。

公式サイトはこちら

余談ですがポケットWi-Fiはソフトバンクの商標なのでドコモの同サービスはデータ通信製品という名称になっています。

公式サイトではページが分かれていたり、文字が小さかったりで少々わかりにくい部分もあるので極力分かりやすくまとめてみます。

ドコモスマホユーザーの場合のプラン

まずプランからですが、冒頭でもお伝えした通りドコモのスマホ利用者と他社利用者ではプランが異なります。

ドコモスマホユーザーの場合は基本使用料にオプションでデータ通信端末(ポケットWi-Fi)を利用するような形になります。

月額1,900円で追加可能

基本使用料に月1,900円を追加支払いすることで使用可能です。内訳は下記の通りです。

  • 基本プラン 1,200円
  • インターネット接続サービス料 200円
  • シェアオプション月額定額料 500円

モバイルルーターの端末代は別途かかりますが、最新機種のN-01J以外は2年間使用すると実質0円で使用することができます。今までの傾向から、新しい端末が出たら旧端末は実質0円になるので、N-01Jも待っていれば安くなることが予測されます。

データ通信はスマホと共有

ドコモはパケットパックという料金体制をとっており、それをシェアしてモバイルルーターを利用します。Wi-Fi用の通信量が追加される訳ではないので、注意が必要です。

パケットパックの詳細は下記の表をご覧ください。

プラン名 料金 容量 備考
データSパック 3,500円 2GB ひとり向けプラン
データMパック 5,000円 5GB
ウルトラデータLパック 6,000円 20GB
ウルトラシェアパックLLパック 8,000円 30GB
シェアパック5 6,500円 5GB 家族向けプラン
シェアパック10 9,500円 10GB
シェアパック15 12,500円 15GB
ウルトラシェアパック30 13,500円 30GB
ウルトラシェアパック50 16,000円 50GB
ウルトラシェアパック100 25,000円 100GB 

例えばパケットパック一人用プラン、データMパック(5GB)に加入していれば、月額5GBの通信量をスマホ・モバイルルーターでシェアして使用します。

5GBを超えると速度制限がかかってしまいます。

月額利用料の一例

ドコモスマホユーザーは追加料金を支払えば、モバイルルーターを使用できることが分かりました。ここでは実際に月額料金がどれぐらいかかるのかを見ていきましょう。

例えば、モバイルルーターを利用するために、データMパック(5GB)からウルトラデータLパック(20GB)にプラン変更した場合、料金が5,000円→6,000円と1,000円増額します。

ドコモのデータ通信(ポケットWi-Fi)は月額1,900円で追加出来るので合わせて2,900円で15GBのWi-Fiが使える計算となります。

WiMAXの7GBプラン、ソフトバンクの7GBのポケットWi-Fiがともに月額3,696円なので2,900円で15GB使えるドコモのモバイルデータ通信は悪い選択ではないように思えます。

しかしWiMAXのギガ放題プラン(月間通信制限なし)は月額4,000円程度で利用できるため、たっぷり使いたいという人は明らかにこちらの方が適しています。

データ通信のみのプラン

ドコモスマホユーザーではない人がデータ通信のみで契約する場合は、1,400円+データパックが月額料金となります。シェアパックというシステム上、ドコモユーザー以外には少し割高になっています。

月額料金の一例

例えば、データMパック(5,000円)を選択すれば、1,400円+5,000円=6,400円の月額料金がかかります。

一番安いブランのデータSパック(3,500円)を使用すれば、1,400円+3,500円=4,900円で使用できますが、月2GBまでしか使えないのでオススメできません。

他社と比較すると割高

ドコモのポケットWi-Fiは先述した通り、ドコモユーザーが追加する分には良いですが、単独で契約すると他社に比べて割高になっています。

先ほども例にあげましたが、データMパック(5GB)を選択すれば、1,400円+5,000円=6,400円の月額料金がかかります。つまり、月5GBで6,400円かかるということです。

人気ポケットWi-FiであるWiMAXと比較してみると、例えばGMOとくとくBBのWiMAXは月7GBを3,609円で利用することができます。

無制限プランでも4,000円程度で利用できるのでドコモのWi-Fiを単独で契約するのは非常にコスパが悪いです。

参考記事:WiMAXの最安と言われるGMOとくとくBBはおすすめなのか?プランや評判をまとめる

スマモバと比較

ドコモの回線を使用した上記と同様のモバイルWi-Fiルーターサービス、スマモバと比較します。

スマモバのプランは月額3,980円の使い放題プランのみです。月額の通信量は無制限ですが、3日で3GBまでの制限があるので注意が必要です。

ドコモのポケットWi-Fiの料金は最安でも4,900円かかります。しかもそれは月2GBまでしか使用できないので、ほぼ使うことはないでしょう。

スマモバの料金はドコモの最安プランよりも1,000円ほど安い上に、通信量は無制限です。

同じ回線を使っているため、つながるエリアの範囲も同じになっています。

参考記事:スマモバのWi-Fiは良い?使い方や料金プラン等解説

ただしスマモバは無制限と言ってもあくまでドコモの回線を買い取って再販しているわけですから、「無制限」と公表していてもドコモより安く、しかも無制限に利用できるというのは怪しげ、というか無理があるように思えます。

実際スマモバは回線速度が遅いという利用者の声も多いため、品質はあまり期待出来ません。

ドコモポケットWi-Fiのメリット

ではドコモのポケットWi-Fiにはどのようなメリットがあるでしょうか。

先述した通りドコモのパケットパック及びシェアパックを利用している人は割安でポケットWi-Fiが利用できるので比較的お勧めできます。

また、ドコモの電波は現状でモバイル回線(持ち運びが出来るインターネット)としては最もエリアが広く安定しています。

ワイモバイルのポケットWi-FiやWiMAXよりも利用できるエリアが圧倒的に広いので、品質を重視したいという人にお勧めです。

ドコモポケットWi-Fiのデメリット

では逆にデメリットはあるか?

これも先述した通り、ドコモ利用者以外は割高になってしまうというのが最大のデメリットであると言えるでしょう。

また、

  • 通信量に制限がある
  • シェアならではの不都合が起こる
  • 新規申込特典がほとんどない
  • テザリングでも十分なことがある

等のデメリットもあります。

ドコモはデータ通信容量が決まっているのでWiMAXやワイモバイルのアドバンスドモードのように無制限に使えるプランはありません。

また、家族や自分のスマホとデータを共有するのでポケットWi-Fiを使いすぎると他のスマホで制限が掛かるという事態も起こります。シェアパックは一見無駄のないようなプランですが、自由に使えないというデメリットもはらんでいます。

まとめ

ここまで解説してきた通り、ドコモのポケットWi-Fi(モバイルデータ通信サービス)はドコモの利用者にとってはまあまあオススメです。

特に電波、品質を重視する場合はドコモのポケットWi-Fiを選んで間違いないでしょう。

ただしデータ通信に限りがあるので月間通信無制限が良い場合はWiMAXやワイモバイルを選択しましょう。

ドコモを利用していない場合は割高になるのでやはりWiMAXやワイモバイルがおすすめです。

WiMAXならキャッシュバックもある

WiMAXがお勧めな理由の一つに、

新規申込キャンペーンが圧倒的に魅力的である

というものがあります。

詳しくはWiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきことでまとめていますが、現在最も申込特典が大きいGMOとくとくBBのWiMAXであれば3万円以上のキャッシュバックを得ることが可能です。

ネット回線の申し込みキャンペーンはオプション等が必要だったりして面倒なことが多いですが、WiMAXに限っては契約が完了してちゃんと数か月使えば振り込まれます(受取手続きは必要です)。

なので新規申込特典のないドコモのデータ通信端末を契約するより圧倒的にお得です。