ドコモのポケットWi-Fi

やさしくねっと.

ドコモのポケットWi-Fi(モバイルルーター)の料金プランを分かりやすく解説する

 

大手キャリアのドコモは携帯電話の他、ポケットWi-Fiも取り扱っています。料金プランが少しに分かりにくく、どういうシステムになっているのかを把握できてない人も多いのではないでしょうか。

また、ドコモスマホユーザーとそれ以外では大きくプランが異なります。

今回はドコモスマホユーザーとそれ以外のユーザーのプランを分かりやすく紹介します。

ドコモスマホユーザーの場合のプラン

ドコモスマホユーザーの場合は基本使用料にオプションでデータ通信端末を利用するような形になります。データ通信のみの契約と比較しても、かなり安価に利用することができます。

月額1,900円で追加可能

基本使用料に月1,900円を追加支払いすることで使用可能です。内訳は下記の通りです。

    • 基本プラン 1,200円
    • インターネット接続サービス料 200円
    • シェアオプション月額定額料 500円

モバイルルーターの端末代は別途かかりますが、Wi-Fi STATION HW-01H以外は2年間使用すると実質0円で使用することができます。

データ通信はスマホと共有

ドコモはパケットパックという料金体制をとっており、それをシェアしてモバイルルーターを利用します。Wi-Fi用の通信量が追加される訳ではないので、注意が必要です。

パケットパックの詳細は下記の表をご覧ください。

プラン名料金容量備考
データSパック3,500円2GBひとり向けプラン
データMパック5,000円5GB
ウルトラデータLパック6,000円20GB
ウルトラシェアパックLLパック8,000円30GB
シェアパック56,500円5GB家族向けプラン
シェアパック109,500円10GB
シェアパック1512,500円15GB
ウルトラシェアパック5016,000円50GB
ウルトラシェアパック10025,000円100GB 

例えばパケットパック一人用プラン、データMパック(5GB)に加入していれば、月額5GBの通信量をスマホ・モバイルルーターでシェアして使用します。

5GBを超えると速度制限がかかってしまいます。

月額利用料の一例

ドコモスマホユーザーは追加料金を支払えば、モバイルルーターを使用できることが分かりました。ここでは実際に月額料金がどれぐらいかかるのかを見ていきましょう。

例えば、モバイルルーターを利用するために、データMパック(5GB)からウルトラデータLパック(20GB)にプラン変更した場合、料金が5,000円→6,000円と1,000円増額します。

ドコモのデータ通信(ポケットWi-Fi)は月額1,900円で追加出来るので合わせて2,900円で15GBのWi-Fiが使える計算となります。

WiMAXの7GBプラン、ソフトバンクの7GBのポケットWi-Fiがともに月額3,696円なので2,900円で15GB使えるドコモのモバイルデータ通信はコスパが高いです。

ドコモユーザーであればお勧めできます。

 

データ通信のみのプラン

ドコモスマホユーザーではない人がデータ通信のみで契約する場合は、1,400円+データパックが月額料金となります。シェアパックというシステム上、ドコモユーザー以外には少し割高になっています。

月額料金の一例

例えば、データMパック(5,000円)を選択すれば、1,400円+5,000円=6,400円の月額料金がかかります。

一番安いブランのデータSパック(3,500円)を使用すれば、1,400円+3,500円=4,900円で使用できますが、月2GBまでしか使えないのでオススメできません。

他社と比較すると割高

ドコモのポケットWi-Fiは先述した通り、ドコモユーザーが追加する分には良いですが、単独で契約すると他社に比べて割高になっています。

先ほども例にあげましたが、データMパック(5GB)を選択すれば、1,400円+5,000円=6,400円の月額料金がかかります。つまり、月5GBで6,400円かかるということです。

人気ポケットWi-FiであるWiMAXと比較してみると、例えばGMOとくとくBBのWiMAXはは月7GBを3,609円で利用することができます。

無制限プランでも4,000円程度で利用できるのでドコモのWi-Fiを単独で契約するのは非常にコスパが悪いです。

参考記事:WiMAXの最安と言われるGMOとくとくBBはおすすめなのか?プランや評判をまとめる

スマモバと比較

ここではドコモの回線を使用したスマモバと比較します。

スマモバのプランは月額3,980円の使い放題プランのみです。月額の通信量は無制限ですが、3日で3GBまでの制限があるので注意が必要です。

ドコモのポケットWi-Fiの料金は最安でも4,900円かかります。しかもそれは月2GBまでしか使用できないので、ほぼ使うことはないでしょう。

スマモバの料金はドコモの最安プランよりも1,000円ほど安い上に、通信量は無制限です。

同じ回線を使っているため、つながるエリアの範囲も同じになっています。ドコモスマホユーザー以外はスマモバをオススメします。

参考記事:スマモバのWi-Fiは良い?使い方や料金プラン等解説

まとめ

今回はドコモのポケットWi-Fiについて紹介しました。

ここまで解説してきた通り、ドコモのポケットWi-Fi(モバイルデータ通信サービス)はドコモの利用者にとってはオススメです。

その他の利用者に割高になるので、WiMAXやスマモバ等他のモバイルWi-Fiを検討しましょう。

 

ポケットWi-Fi    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。