dmm光

やさしくねっと.

DMM光のプロバイダはどうなってる?DMM光のメリットまで解説

 

人気の高い光回線のDMM光。

加入を検討する際に気になるのがプロバイダはどうなっているのかという点です。

今回はDMM光のプロバイダについてそのシステムや特徴、メリットなどについて詳しくご紹介します。

DMM光とはどんなサービス?

DMM光は業界内でも最安レベルの月額料金で使える光回線です。基本の月額料金は以下のとおりです。

タイプ料金
ファミリータイプ4,820円
(定額)
3,720円~5,420円
(2段階定額)
マンションタイプ3,780円
(定額のみ)

一戸建て向けのファミリータイプには料金設定が2種類あります。

2段階定額は通信量によって金額が変わります。10GB以内なら4,000円を切る低価格になりますが、極端に使用する通信量が少ないといった方以外はすぐに10GBを超えてしまうので、定額制の方がオススメです。

⇒DMM光の公式サイトはこちら

回線はフレッツ光と同じ

DMM光で使われている光回線は、実はフレッツ光と同じものになります。フレッツ光が提供している光回線をDMMがフレッツから借りて私たち消費者に提供するという形をとっています。このようなシステムの光回線のことを「光コラボ」といいます。

取り扱っている事業者はDMMになりますが、使っている回線そのものはフレッツ光と変わりません。

DMM光のプロバイダはDMM

DMM光に加入すると、プロバイダはDMMになります。DMM光専用の独自のプロバイダなので、フレッツ光でプロバイダだけDMMにするといったことはできません。

また、DMM光はプロバイダ一体型のサービスなので、プロバイダのみを他のものに変更することもできません。

 

上記で説明したように、DMM光は回線そのものはフレッツ光と同じものになります。契約上は回線もプロバイダもDMMとなりますが、実質は回線はフレッツ光、プロバイダはDMMというイメージです。

DMM光に加入すれば回線とプロバイダを取り扱う会社が両方ともDMMになるので、契約を1つにまとめることができます。

フレッツ光から乗り換える場合は「転用」となり回線はそのままで事業者だけが変わることになります。

プロバイダはDMMになるのでフレッツ光の時に契約していたものは解約しなければなりませんが、手続きは簡単です。

DMMプロバイダのメリット

DMM光で契約をしてプロバイダがDMMになることで、得られるメリットには

  • V6プラスで高速通信ができる
  • DMMmobileのセット割が利用できる

というものがあります。どんなものなのか具体的にご紹介します。

v6プラスで高速通信ができる

v6プラスとは、フレッツ光ネクストという回線を利用した高速接続サービスです。

従来のインターネット通信では夜など混雑する時間帯になると速度が遅くなることがありました。

ですがv6プラスを活用すれば混雑する時間帯でも快適な速度の通信が出来るようになります。

動画や電子書籍をとく視聴するという場合は安定した速度のインターネットが使えるととても便利ですし、現在回線が遅いと感じている方にとっても非常にメリットの多いサービスです。

DMM独自のメリットとして、DMMのサーバーに接続しているのでDMMの電子書籍や動画コンテンツが速く視聴できるというものがあります。

v6プラスは他のプロバイダではまだあまり開始していないサービスです。V6プラスが導入されていても有料となるケースもありますがDMM光では無料で使えます。

DMMモバイルとセットで割引がつく

DMM光に加入すると、DMMmobileとセットで割り引かれる「DMM光mobileセット割」というサービスを利用することができます。

既にDMMmobileを持っているという方も、これから加入するという方でも受けられます。セットで加入すると毎月500円が割引されます。割引はセットで加入している限りずっと続きます。

DMMmobileは格安SIMの中でも低価格でスマホを利用できるサービス。データSMプランで440円~、一番人気の通話機能付きSIMプラン3GBで1,500円という価格になります。

一番人気の1,500円のプランに加入すればファミリータイプならスマホと回線代合わせて5,460円・マンションタイプで4,420円になります。
参照:DMMmobileセット割の詳細はこちら

DMM光への転用・乗り換えの際に一緒にDMMmobileを契約すれば、スマホ代と固定回線代の両方を節約することが可能なので、とてもオススメです。

まとめ

DMM光に加入すると、プロバイダはDMMが独自に提供しているものを利用することになります。プロバイダがDMMだと高速のインターネット通信を利用することができるのでオススメです。他のv6プラスが使える光回線をチェックしてみてもDMMは月額料金がとても安く、一番オススメできる回線です。

DMM光にしておけばプロバイダと光回線の契約をひとまとめに出来るので便利ですし、安くて速いというのは継続して利用するインターネット回線選びにおいてとても重要なポイントとなります。

DMM光ではお得なキャンペーンも行っています。キャッシュバックや月額料金が数ヶ月分無料になるといったキャンペーンがあるのでチェックしておきましょう。

 

光回線 光コラボレーション    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。