ポケットWi-Fi

クラウドWi-Fiとは?メリットとデメリットをわかりやすく解説

クラウドWiFiという言葉を聞いたことはありますか?

クラウドWiFiとは、クラウドSIMという技術を利用したWiFiルーターのことで、最近話題のWiFiレンタルサービス「どんなときもWiFi」などで利用されています。

クラウドWiFiが今までのWiFiルーターと違うのは、SIMカードを使わずにクラウド上で情報を管理しているというところです。

今までは契約した会社のSIMカードをWiFiルーターに挿すことで情報を読み込み、契約した通信会社の電波を使うことができていました。

クラウドWiFiではクラウド上に複数のSIMが保管されていて、WiFiルーターを使う場所に応じて最適なSIMの情報を送ってくれるので、複数の通信会社の電波を使うことができるというのが魅力です。

クラウドWiFiは主に海外で利用する人向けのサービスとして使われていて、料金も比較的安いのが特徴です。

クラウドWi-Fiのメリット

クラウドWiFiが今までのWiFiルーターサービスと比べて優れているのは、SIMカードが不要で、複数の通信会社の電波を使えるというところです。

それによってどんなメリットがあるのか下記で説明していきます。

海外での利用に最適

クラウドWiFiは、日本で利用しているWiFiルーターをそのまま海外に持っていくだけで自動で現地の電波を使うことができるので、海外での利用に向いています。

そのためクラウドWiFiサービスでは海外向けのプランが充実していて、多いところでは世界100カ国以上での利用に対応しています。

現地の回線を使っているので料金が比較的安いというのも嬉しいポイントです。

今までの海外でWiFiルーターを使おうとすると、

  • 切り替え手続きが大変
  • 現地でSIMカードの調達が必要
  • 料金が高い

などの難点がありましたが、クラウドWiFiの登場により海外でのWiFi利用が簡単でお得にできるようになってきています。

国内で利用するWiFiルーターとしても優秀

クラウドWiFiは国内で使うWiFiルーターとしても良いサービスです。

契約する会社によっては複数の通信会社の電波を使うことができるので、広いエリアで安定してWiFiを利用することができます。

  • どんなときもWiFi … au・docomo・softbankの3社のLTE回線が使える
  • GLOCALNET … docomo・softbankの2社のLTE回線が使える

上記のように複数社の回線が使えると、例えばsoftbankの電波が入らなかったら自動的にdocomoの電波に切り替える、ということができます。

LTE回線はもともと利用できるエリアが広く、繋がりやすい安定した電波です。

それが複数社分使えるとなると国内での通信エリアの心配はなくなりますね。

クラウドWi-Fiのデメリット

クラウドWiFiのデメリットとして下記のようなことが挙げられます。

  • 海外で現地の通信規制が適用される
  • WiMAXより速度が遅い
  • サービスが少ない

海外で現地の通信規制が適用される

海外ではインターネットが規制されている地域があります。

クラウドWiFiの契約によっては現地で通信をする際に、その場所の法律や通信規制が適用される可能性があります。

事前に渡航先の通信事情を確認しておいた方が良いでしょう。

WiMAXより速度が遅い?

WiFiルーターのサービスとしてWiMAX回線が有名ですが、クラウドWiFiでは基本的にLTE回線を使用します。

WiMAXとLTEの通信速度の理論値を比べると、LTEの方が通信速度が遅いということが分かります。

  • WiMAX … 下り最大867Mbps
  • LTE … 下り最大100~200Mbps

実際にクラウドWiFiサービスを利用している人は通信速度についてどう思っているのでしょうか。

Twitterで調べてみました。

 

WiMAXより速度は少し遅いですが、気にならないという意見が多かったです。
あまり速度にこだわらないのであれば、LTEでも十分な速度が出るので問題なさそうですね。

通信が遅いときは再起動することで回線が設定し直され、繋がりやすくなるようです。

サービスが少ない

クラウドWiFiのサービスはまだ始まったばかりなので、提供している会社や対応している機種が限られています

今後、より良いサービスや高性能の機種が増えることを期待するしかありませんね。

クラウドWi-Fiサービスを紹介

おすすめのクラウドWiFiサービスを3つご紹介します。

どんなときもWiFi

月額料金:3480円(無制限)
WiFi端末:U2s

  • 容量無制限でネット使い放題!
  • au、docomo、softbank3社のLTE回線が利用できる!

2019年3月からサービスが始まった今話題のクラウドWiFiサービスです。

無制限でネットが使い放題ということでとても人気があり、現在は契約しても入荷するまでに時間がかかっているようです。

世界107カ国での利用に対応しており、海外では1日1280円〜(1GB)で使うことができます。

どんなときもwifiの詳細を見る

Sky berry

月額料金:3980円(7GBの場合)
WiFi端末:Sky berry GiRa(ギラ)

  • 日本と同じ通信料のまま海外でも利用できる!
  • 世界120カ国での利用に対応している!

海外で利用するのにとっても便利でお得なクラウドWiFiです。

ボーダレス対象国であれば、日本と同じ通信料のまま現地でもWiFiを利用することができます。(接続料として1日90円は発生します)

ボーダレス対象国には90以上の国と地域があるので、たくさんの国でお得にWiFiが利用できます!

Sky berryはソフトバンクと提携しているので、日本国内にいる時はsoftbankのLTE回線を拾います

契約する端末Sky berry GiRa(ギラ)は、他社でも提供しているU2sという機種とほぼ同じものです。

Sky BErryの詳細を見る

GLOCALNET

月額料金:4380円(無制限)
WiFi端末:U2sかG3s

  • 国内プランも海外プランも充実している!
  • 国内でdocomo、softbankのLTE回線が利用できる!

国内プランには「定額制」と「従量制」があり、自分の使い方にあったプランで契約することができます。

国内プランは加入任意なので、海外でだけWiFiを使いたいという人は国内プランをなしにできます。また後から国内プランに加入したり、解約したりすることも可能です。

海外では利用した日だけ1日(300MB)/780円〜で使うことができ、他にも通信料が多い人向けの海外大容量プランなどを提供しています。

グローカルネットの詳細を見る

まとめ

クラウドWiFiはまだ始まったばかりの新しいサービスですが、かなり評判も良く実用的なので、今後どんどん広まっていくと言われています。

特に海外によく行く人にとっては、簡単で安く利用できるクラウドWiFiは嬉しいサービスです。

これからWiFiルーターの契約を考えている方は、クラウドWiFiのサービスも視野に入れて検討してみても良いかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください