スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

光回線の記事一覧

BBエキサイト光の料金プランや評判等を解説

 

フレッツ光のプロバイダとしても知名度が高いBBエキサイトもプロバイダ一体型の光コラボレーション、BBエキサイト光を提供しています。

フレッツ光のプロバイダをBBエキサイトにしている人はプロバイダから転用を勧められた人も多いのではないでしょうか。

BBエキサイト料のプロバイダ料金は他社と比較しても破格に安いので利用している方も多いと思います。

というわけで本ページではBBエキサイトについて解説しようと思います。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

光コラボレーションの大本命、ぷらら光の料金や評判等まとめ

 

光コラボレーションの中でも比較的安価で大手プロバイダで人気もあるぷらら光。

すでにプロバイダをぷららにしている人はもちろんそうでない人も、フレッツ光ユーザーであればぷらら光を勧誘された人は少なくないと思います。

余談ですがひかりTVがぷららのサービスなのでひかりTVを使っている人は一度は勧誘の電話があったかも?本当はこういう営業のために個人情報使っちゃいけないんですけどね・・・

とまあそんなことはさておきこのぷらら光、実際どうよ?って思っていろいろ調べたので解説しようかと思います。

まずは料金システムから。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

ビッグローブ光の料金と特徴、評判等をまとめる

 

フレッツ光やプロバイダとして有名なビッグローブですが、こちらもまた光コラボレーションとして自社サービスオンリーの光回線、ビッグローブ光を提供しています。

光コラボレーションがわからない人は下記ページをご参照ください。

フレッツ光の卸売りで始まる光コラボレーションモデルとは何か

フレッツ光のプロバイダのシェアはOCN、yahooBBに次いで3番目に多く、すでに勧誘を受けたという方も多いんじゃないでしょうか。

光コラボレーションの乗り換え、フレッツ光からビッグローブ光への乗り換えはとても簡単で違約金も発生せず数千円の低コストで乗り換えることが出来ます。

なので乗り換えを検討している方も多いかと思いますので本ページで解説します。

⇒オプションなしでキャッシュバックが得られるビッグローブ光販売店はこちら


 

タグ :

光回線 光コラボレーション    コメント:0

光コラボレーションを解約する際の注意点

 

2014年からフレッツ光の卸しサービスが本格的にスタートし、去年光コラボレーションに転用したという人も多いのではないでしょうか。

私も去年の4月くらいにIIJmioの光コラボレーションに転用しました。

IIJmioひかりに乗り換えて半年以上経つので感想とか書く

私としては特に可もなく不可もなく、以前のフレッツ光より月額料金が少し安くなったので良しとしていますが、中には回線速度が非常に遅くなったという声もあったりして解約したいという人もいるようです。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:2

フレッツ光東日本でライトプラスというサービスが始まるらしい

 

今のところ東日本限定みたいですが、2016年3月1日からフレッツ光の二段階定額サービス、フレッツ光ライトプラスというサービスが始まるらしいです。

NTT東日本、「フレッツ 光」を3000MB月額3800円から利用できる二段階定額サービス -INTERNET Watch

NTTの公式発表はこちら。

「フレッツ 光ライトプラス」の提供開始について

プラスが付くのはあまり知られてないけど元々「フレッツ光ライト」というプランがあるからなんですよね。こちらは東西両方あります。

本ページではNTT東日本で新しく開始されるプラン、フレッツ光ライトプラスについて簡単に解説します。


 

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:0

光回線やプロバイダの電話勧誘に注意しよう

 

光回線、プロバイダの電話勧誘や訪問営業は以前から多かったんですが、ここ最近光コラボーレーションが登場し、それを巻き返そうとauひかりも力を入れているので更に増えてきたように思います。

「乗り換えるだけで毎月の支払いが安くなる!」

「乗り換えに違約金は掛からない!」

「キャッシュバックも貰える!」

「お客様にとって何も損することはない!」

こういった言葉に惑わされて乗り換えた方がいいのではないかと思ったりする人も多いでしょう。

しかしネット上にはそういった勧誘で光回線を乗り換えて後悔している人をたまに見かけたりします。

これは光回線に限ったことではありませんが電話勧誘や訪問販売にはいかなる場合でも注意した方がいいです。


 

光回線    コメント:0

光電話って必要?メリットとデメリット、必要性等解説

 

NTTのフレッツ光にしてもその他の光回線にしても、契約する時に同時に勧められるのが光電話。

家電量販店などで光電話を同時に契約すると更に特典が付いて合計5万円キャッシュバックなんてこともありますよね。

月額も安いし特典が付くならって思って加入する人も少なくないはず。だけど注意すべきことも少なからずあります。

というわけで今回は光電話の話です。


 

タグ :

光回線    コメント:0

インターネットを新規契約する際のキャッシュバックに関する注意点

 

インターネットを新規契約する際に新規申し込み特典として

「キャッシュバック○万円!!!」とか、

「ネット加入でパソコン0円!」

のようなキャンペーンをインターネットや家電量販店等で見たことがある人は多いんじゃないかと思います。

これらのキャンペーンは上手く活用するとお得に契約することが出来るんですが、悪質な販売店や販売サイトで申し込むと宣伝通りの特典をほとんど受けられず、損してしまうことがあります。

せっかく毎月料金が発生する契約を申し込むわけですから出来る限りお得に契約したいですよね。

本ページではインターネットの新規で申し込みする際に失敗しないようにキャッシュバックキャンペーンの注意点や安心して申し込みが出来る販売店等を解説します。


 

光回線    コメント:0

結局どれが良い?光回線の種類と比較とお勧めを具体的に解説

 

現在固定回線の7割以上は光回線が使われていますが、その光回線にもいくつか種類があります。

代表的なモノは以下の4つ。

1.NTTが提供するフレッツ光

2.KDDIのauひかり

3.CATV(ケーブルテレビ)関連

4.その他電力グループ等が提供している光回線サービス

5.フレッツ卸売り開始後の光コラボレーション

国内の光回線は主にこのどれかにあたります。

回線種別提供会社解説
フレッツ光NTTシェアNo.1の光回線。現在はあまり個人向けに勧めていない。
auひかりKDDIシェアNo.2の光回線。個人向けにキャッシュバックキャンペーン等が豊富。
CATVの光回線CATV提供会社各社ケーブルテレビの回線を応用したインターネット回線。
電力系光回線各電力会社中部電力、中国電力、九州電力、四国電力等が提供する光回線。
光コラボレーション各プロバイダフレッツ光の回線を各プロバイダが販売する新しい形態の回線。


 

タグ :

光回線    コメント:1

自宅のインターネット回線の選び方と選ぶ際の注意点

 

新春、引っ越しや入学、単身赴任等で自宅に新しくネット回線を契約したいと思う人は多いと思います。

私が初めてインターネットを利用するようになった頃はADSLが主流でそれ以外の選択肢はほとんどありませんでした。

しかし現代はそのADSLに変わる光回線が主流で、その光回線にもフレッツ光、auひかり、電力系の光回線等があり、さらに近年光コラボレーションというサービスまで生まれました。

そして現代は固定回線だけでなく無線が発達し、WiMAXやsoftbank air等無線タイプのインターネットも増えてきました。

そうなるともう何を選べばいいのか分からなくなりますよね。

本ページではこれから新規でインターネットを契約しようと思っている人、契約する予定の人のために自宅で使うインターネットの選び方と選ぶ際の注意点について解説します。


 

光回線    コメント:0