スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

光回線の記事一覧

U-NEXT光とは?料金プランや評判等を解説する

 

U-NEXT光とは株式会社U-NEXTが提供する光コラボレーションモデルの光回線です。

光コラボレーションモデルというのはこちらの記事で詳しく解説していますが、簡単に言えばフレッツ光の回線を利用した光回線サービスです。

株式会社U-NEXTは主に動画配信サービス、U-NEXTを提供する会社で現在はこの光回線の他に話題の格安SIMは音楽配信サービスなども展開しています。

そんなU-NEXTが提供するU-NEXT光はお得なのか?また評判はどうなのか?を本ページで解説します。


 

タグ :

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:2

フレッツ光のオプション、ひかりテレビとU-NEXT、光電話について解説

 

フレッツ光を新規で契約するにキャッシュバックやパソコン、タブレット等の加入特典を貰えることが多いんですが、その条件に必須オプションの加入が必要になることが多いです。

中でも「ひかりテレビ」もしくは「U-NEXT」と「光電話A(エース)」の加入は必須なことが多いので本ページではその3つのオプションについて、

「それって必要なの?」

「すぐに解約してもいいの?」

「継続して使う価値あるの?」

そのあたりについて解説します。


 

タグ :

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:0

ドコモとセットでお得?ドコモ光の料金プランを分かりやすく解説

 

現在国内の携帯電話の契約者数が最も多いのはドコモで、その影響もあってかドコモ光の契約者数も飛躍的に伸びています。

2015年12月には契約者数100万件を突破したようです。

「ドコモ光」の契約数が100万件を突破

ドコモの携帯、スマホを利用している人は一度は勧められたことがあるのではないでしょうか。

本ページではドコモ光の料金プラン等や特徴等について解説します。

GMOとくとくBB-ドコモ光-

月額基本料金

ドコモ光は他社と比べて若干複雑なプランとなっています。

まずプロバイダとセットのプランと何のメリットがあるのかわからないプロバイダ別契約のプランに分かれます。

プロバイダ別契約のプランは月額料金も高くメリットは特にありません。

というわけでおそらくスタンダードになるであろうプロバイダ料金込みの月額料金表がこちら。

プラン
種類
料金
プロバイダ
タイプA一戸建て5,200円ぷらら、BIGLOBE等
マンション4,000円ぷらら、BIGLOBE等
タイプB一戸建て5,400円so-net、nifty、OCN等
マンション4,200円so-net、nifty、OCN等

プロバイダは任意で選択できるようです。

まずタイプAタイプBの違いですが選択するプロバイダによって変わるようです。例えばぷららの場合はタイプAでso-netの場合はBといった感じで分かれています。

タイプAとタイプBで200円ほど価格差はありますが機能面では各プロバイダで若干差があるもののどちらのタイプが優れているというものはなく、特別な理由がない限りタイプBを選ぶ理由はありません。

タイプBを選ぶべき理由は例えば「OCN光 with フレッツ」からの移行で、プロバイダを変更することで違約金が発生するのでタイプBのOCNを選ばざるを得ないのような場合くらいでしょう。

ドコモ光のプロバイダについて

先述した通り、ドコモ光は回線とプロバイダが分かれています。

選べるプロバイダは下記の通り。

タイプAタイプB
ドコモnet、ぷらら、so-net、ビッグローブ、
DTI、BBエキサイト、エディオンネット、シナプス、楽天、ゼロワンヒカリコアラ、
アンドライン、クイット、@ネスク、
hi-ho、GMO、ic-net、タイガースドットコム
アサヒネット、@nifty、@Tcom、
TNC、OCN、ワクワク、
@ちゃんねるネット

公式サイトによるとこれら以外をプロバイダにすることは出来そうですが、一般的な家庭で利用されているプロバイダをほぼ網羅しているのでかなり特別なケースを除いて上記のいずれかを利用することになると思います。

タイプAとタイプBでは先述した通りタイプBの方が月額200円高くなりますが、特にタイプBの方が優れているわけでもないので特別な理由がない限りタイプBを選ぶ必要はないと思います。

プロバイダについてはドコモ光のプロバイダはどこがおすすめかに詳しく書きましたが、月額料金に差がないということもありプロバイダによって大きく性能が違うということもありません。

強いて言うならセキュリティ面で優れているso-netか、無料でWi-Fiルーターが付いてくるGMOとくとくBBがおすすめかと思います。

⇒so-netの公式サイトはこちら

⇒GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

他社との比較

同じくらいのタイミングで始まるソフトバンク光と月額料金はほとんど同じ。マンションタイプが200円ほど高いくらいの違いです。

ソフトバンク光ってどうよ!?月額料金や話題のスマ割を考察

ちなみに純粋な月額基本料金だけならOCN光が安い。

光コラボレーション本命のOCN光の料金やプランまとめ

なのでソフトバンク光と同じくスマートフォンとのセット割による割引が適用されて初めて価値がありそうです。

ドコモ光のパケットパック割引

ドコモ光はauのスマートバリューやソフトバンクのスマート値引きと同じようにドコモのスマホ、携帯とセットで値引きがされます。

割引価格は下記の通り。

プラン名割引額容量
らくらくパック500円200MB
データSパック500円2GB
データMパック800円5GB
データLパック900円20GB
データLLパック1,100円30GB
シェアパック5800円5GB
シェアパック101,200円10GB
シェアパック151,800円15GB
シェアパック302,000円20GB
シェアパック502,500円30GB
シェアパック1003,200円100GB

以前はシェアパックからのみの値引きでしたが今は単体でも値引きがされます。

例えば利用者の多いデータMパック(5GB)の場合800円の値引きがされます。

ドコモのシェアパック(参考)

NTTドコモでは新しく家族でパケット通信が分け合えるシステムの「シェアパック」というサービスが始まりました。

新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」

単純に説明すると、これまでの料金プランはそれぞれ契約ごとに月額料金とデータ通信限度(5GB、7GB等)と決まっていました。

例えば上限7GBのプラン(月額8,000円)を家族3人で契約していた場合、8,000円×3人で24,000円を払うというシステム。

しかしこれだとデータ通信をあまり使わないお母さんがいたり、毎月制限が掛かってしまうくらいヘビーに使う息子さんがいたりと無駄が生じてしまいます。

グラフ1

その無駄をなくそうというプランがドコモのシェアパックです。

7GB×2=14GBを二人で使うイメージ。これだと息子さんがお母さんの分のデータ通信を余すことなく利用できます。そしてさらにお得になってます。

息子

シェアパック30で3,000円引きはお得か?

家族で分け合えるシェアパック。10、15、20、30と容量が増えると同時に価格も上昇。それに伴ってドコモ光の値引きも多くなります。

最も容量の多いシェアパック30の容量は30GBで4人家族なら一人平均7=8GB使用できる計算です。

シェアパック30の割引割引額は3,000円なので4人家族なら1人750円割引される計算ですね。

これが他社の場合、auのスマバリュは1台1410円、ソフトバンクのスマ割は1台2000円の値引きなので光回線のセット割引としては大きい値引きとは言えません。

が、そもそもシェアパックにすることで他社4台分より安くなるのですでにシェアパックを利用している人がまとめて他社で統一しても一概に安くなるとは言えません。

まとめ、総評

以前はシェアパックからのみの割引でしたが今は通常のパケットパックからの値引きもあるのでドコモを利用している人には乗り換えるメリットがあると言えます。

以前からドコモでシェアパックを利用していた人はかなりの割合でドコモ光に乗り換えています。

分け合えるシェアパックは一見無駄がなく、魅力的に感じるかもしれませんが、家族の誰かが急に通信量が大きくなったりして上手く機能しないことが多いのでまだ導入していない人はよく検討した方がいいと思います。

うまくいけば無駄なく安く使えるかもしれませんが魅力的なサービスは次々産まれてきて使用頻度が大きく変化してしまうことはよくあります。

お母さんが急にデータ通信量が増えたり、息子が急に増えたりすることは日常茶飯事。無計画でシェアパックにするとすぐに破たんすると思われます。

すでにシェアパックを利用している人は家の光回線をドコモ光に変えるだけで大幅に月額料金を安くすることが出来る可能性があるので魅力的ですね。

GMOとくとくBB-ドコモ光-

 

タグ :

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

光コラボレーション本命のOCN光の料金やプランまとめ

 

フレッツ光のプロバイダとして最も有名なOCN。

そのシェアの大きさは圧倒的でフレッツ光の数あるプロバイダのうち、実に3人に1人がOCNを選んでいるほど。

ということもあって、本ページで解説するOCNの新しい光回線、OCN光をご存じの方も多いのではないでしょうか。営業電話とかもやっているようなので。

というわけで本ページではOCN光の料金やプランに合わせて従来の『OCN光with フレッツ』と『OCN光』の違い等も合わせて解説します。


 

タグ :

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

【四国限定】ピカラはお勧めできる回線か?プランや料金などまとめる

 

四国電力グループが提供するインターネット回線サービスのピカラ。

かつては圧倒的な価格の安さで価格.com等でもよく上位にくい込んでいましたが近年、フレッツ光西日本の大幅な値下げにより低迷していたように思います。

が、それに対抗してピカラも全体的に料金が下がりました。

本ページでは四国電力グループであるSTnetが提供するピカラについて解説します。


 

タグ :

光回線 その他電力系等 光回線    コメント:0

フレッツ光のキャッシュバックを最も多くもらう方法はこれだ!

 

家電量販店やインターネットからフレッツ光を契約すると、パソコンがプレゼントされたり5万以上のキャッシュバックがあったりします。

そういった特典は様々で、「どれが一番得なのか」迷ってしまいますよね。

今回は一般的にあまり知られていない方法でその得点を最大限に引き出す方法を紹介します。もちろん合法ですよ。


 

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:0

フレッツ光を解約する時の注意点

 

スマートフォンが普及して、LTE等モバイル回線が普及した今、自宅に光回線を必要としないケースが増えつつあります。

だけど手続きとかめんどくさそう・・・

違約金とか掛からないの?

また工事が必要なのかな?

今回はその辺りについて解説しようかと思います。


 

タグ :

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:0

フレッツ光のプランをわかりやすく解説。ファミリータイプとマンションタイプって何?

 

フレッツ光にはファミリータイプやマンションタイプ等のプランがあって、各プランによって月額料金等が変わってきます。

普通、プランと聞けば私達利用者が選ぶのかなと思いがちですがフレッツ光の場合、住んでいる場所や建物によって自動で決定されます。


 

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:0

サルでも解る?!フレッツ光(西日本)の料金プランや違約金を徹底解説!

 

非常に分かりにくいことで定評のあるフレッツ光の料金プラン。

回線工事や光電話、さらに回線業者とプロバイダが分かれていて、ADSLやモバイル回線と比較してとても複雑。

私は以前、フレッツ光の販売をしていたこともあるのでその辺り解説します。


 

タグ :

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:2

光回線とは?必要性や特徴、優位性を易しく解説。

 

インターネット回線と言えば真っ先に光回線を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

現在インターネット利用者の約6~7割は光回線を使用しており、その加入者は毎年増加しています。

しかし近年、スマートフォンやタブレットの急速な普及に伴いモバイル回線の伸びが著しい半面、光回線の伸び率は鈍化しつつあります。


 

光回線    コメント:0

1 13 14 15