スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

光コラボレーションの記事一覧

フレッツ光からドコモ光へ転用するのは本当に得か?

 

フレッツ光の回線を他の事業者が使用する光コラボレーション始まり、フレッツ光から他の事業者へと回線の転用を検討している人は多いと思います。

中でもドコモ光はドコモのモバイルとのセット割引があり、ドコモショップや家電量販店等で勧められ、

「実際にドコモ光への転用は得なの?」

「ドコモ光は実際にどれぐらいの料金?」

といった疑問を持っている方も多いのではないしょうか。

今回はフレッツ光とドコモ光の違い、ドコモ光の割引・注意点について解説します。

結論から言うとドコモ光はドコモのモバイルとセットで割引されるのでドコモ利用者ならお得ですが、それ以外だとあまりメリットはありません。


 

光回線 フレッツ光 光回線 フレッツ光 フレッツ光転用 光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

キャッシュバックも多いismartひかりの評判やプランについて解説

 

「iSmartひかり」は(株)フォーバルテレコムがオリジナル料金で提供している光コラボレーションです。

光コラボレーションが分からない方は下記ページをご覧ください。

フレッツ光の卸売りで始まる光コラボレーションモデルとは何か

フォーバルテレコムはあまり聞かない社名ですが、IP電話などの通信サービスを提供している通信事業者です。元々電気通信事業者から回線を仕入れて販売していましたので、このコラボレーションはフォーバルテレコムが以前より行ってきた手法そのものです。

その他、フレッツ光にて「iSmart接続-Fひかり」という商品名で、フレッツ光のプロバイダサービスも展開しています。

本ページでは現在販売に力を入れている「iSmartひかり」の料金やサービス内容などをわかりやすくまとめていきます

結論から言うと最もおすすめの光回線はauひかりですが、auひかりがエリア外であれば新規申込キャンペーンがある分他の回線よりもお得であると言えます。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:2

ドコモ光とOCN光ではどっちにするべきか比較してみる

 

現在最も利用者の多い携帯電話のキャリアはドコモです。

その影響もあってか2015年初頭にドコモの光回線サービス、ドコモ光がスタートして1年余り、ドコモ光の契約者数は現在100万人を超えています。

「ドコモ光」の契約数が100万件を突破

ドコモをご利用されている方は一度はドコモ光へ乗り換え、転用の話があったのではないでしょうか。

一方固定回線で最も利用されているプロバイダはOCNで、フレッツ光の約4分の1を占めています。

そのためドコモとOCNから光乗り換えの、転用の勧誘を受けてどうするべきか、迷っている方も多いかと思います。

OCN光はもちろんですが、ドコモ光でもプロバイダをOCNにすることが出来るので、どちらに乗り換えても手間は不要です。

本ページではドコモ光、OCN光を比較し、どちらにすべきかを解説しようかと思います。

結論から言うとドコモを契約している人はドコモ光、そうでない場合はOCN光がお得と言えます。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

ひかりテレビがオススメ?hi-hoひかりの料金やプランを解説

 

NTTが光コラボレーションを開始して、多くの会社が参入してくる中、プロバイダ業者として多少知名度のあるhi-hoも光コラボレーションを開始しています。

hi-hoは格安SIM、格安スマホも提供していて同社が提供している格安SIMと光コラボレーションとセットでの割引サービスも有ります。

このページではそんなhi-hoひかりの料金や割引サービス、評判を解説していきます。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

動画配信サービスがセットで付いてくる!TSUTAYA光は映画ファン必見の光回線。

 

音楽ソフト・映像ソフトなどのレンタル店として日本最大手のチェーン店「TSUTAYA」が、光コラボレーション「TSUTAYA光」の提供を始めました。

TSUTAYA光はTSUTAYAらしい映画やドラマ見放題のサービスがあり、頻繁にDVDを借りていたり、遅滞金で泣いている方には、とても便利なサービスではないでしょうか。

本ページでは「TSUTAYA光」のサービス内容や料金プランなどを、解説していきます。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

量販店で契約出来るエディオン光の料金や評判はどうだろう

 

ヤマダ電機、ビックカメラグループに次いで、業界売り上げ高3位の、大手家電量販店エディオンも光コラボレーション「エディオン光」を提供しています。

店舗へ行かれた方の中には、店頭でのPOP広告を目にしたり、店員から転用を勧められた方もいるのではないでしょうか。

料金プランが少し分かりにくい所があるエディオン光、そんなエディオン光の料金プランや評判等を解説していきたいと思います。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

高額キャッシュバックもあるmarubeni光の料金プランや評判等まとめ

 

総合商社としては有名な「丸紅」のグループ会社である丸紅テレコムも光コラボレーションを提供しています。

商社としてはとても有名な丸紅。

平成25年-26年の総合商社ランキングでは第2位と大手ですが、光コラボレーションを取り扱っている事を知っている方は少ないのではないでしょうか?

もともとは「Mひかり」という名称でしたが、これだけでは丸紅グループだと分かりにくいので「marubeni光」に変更したみたいです。

本ページではmarubeni光について解説していきたいと思います。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

DTI光ってどうよ?料金やプラン、特徴を解説

 

数ある光コラボレーションの中でも比較的安価な「DTI光」。

全国的な知名度はOCNや@nifty、BIGLOBEなどと比べて劣りますが、サポートも充実していて月額の利用料金も比較的安価と評判です。

他にも今流行りの格安SIMも取り扱っており、格安SIMとセットに光コラボレーションを申し込もうと考えている人もいるのではないでしょうか?

本ページではDTI光の料金プランや特徴などを解説していきます。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

フレッツ光の種類と光コラボレーションの工事費について

 

光コラボレーションがスタートしてドコモ光を筆頭に多くのフレッツ光ユーザーが光コラボレーションに転用しています。

私の自宅の光回線も去年yahooBB光withフレッツからIIJmioひかりに転用しました。

転用方法は下記ページに記載しています。

フレッツ光からIIJmioひかりに実際に転用してみたのでやり方とか解説

フレッツ光から光コラボレーションへの転用は基本的に工事が不要で初期費用がほとんど掛からず出来ますが、フレッツ光の種類によっては工事が必要で初期費用が掛かってしまうケースがあります。

本ページでは、フレッツ光から光コラボレーションに転用する際に、

「うちのフレッツは工事費掛かるの?」

という疑問にお答えします。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

auユーザーなら更にお得!?@nifty光の料金プランや評判まとめ

 

NTT東日本、西日本が提供するインターネット回線のプロバイダの老舗@niftyも光コラボレーションモデルの@nifty光を提供しています。

@niftyはフレッツ光、auひかりのプロバイダとしてのキャリアも長く、利用者も多いプロバイダの一つです。

そのため@niftyから営業の電話があったりして@nifty光に乗り換えを検討されている方も多いのではないでしょうか。

本ページでは@niftyの概要、料金プランに加えて評判等をまとめたいと思います。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0