スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

フレッツ光の記事一覧

光コラボレーションとは?転用とは?メリットとデメリットまで解説

 

2015年にスタートした光コラボレーション、今では多くの事業者が参入し、フレッツ光から回線を転用するユーザーも増えています。

「そもそも、光コラボレーションって何?」

「回線の転用ってどういうこと?」

という方も多いのではないしょうか。

光コラボレーション・転用ともに専門用語で一般にユーザーには少し分かりにくいですね。

今回は光コラボレーション・転用を分かりやすく説明し、メリット・デメリットを解説します。


 

光回線 フレッツ光 フレッツ光転用 光回線 光コラボレーション    コメント:0

フレッツ光が安くなるは本当?営業が教えてくれない本当に安くする方法

 

事業者から営業を請け負っている代理店は、少しでも契約を増やすために様々な営業を行っています。
その一つが電話勧誘。

「フレッツ光から乗り換えると安くなる」

「フレッツ光が安くなる」

という電話がかかってきた人も多いのではないしょうか。
実際に安くなるなら乗り換えたいけど、正直怪しいですよね。
本ページでは本当に安くなるのか、電話に従って乗り換えを行っても問題ないのかを解説します。


 

光回線 フレッツ光    コメント:0

フレッツ光のポケットWi-Fi、光ポータブルLTEは買いか?

 

近年スマホやタブレットが普及し、それにともなってどこでもWi-Fiが利用できるポケットWi-Fiのサービスも続々と登場しています。

光回線で有名なフレッツ光も、実はポケットWi-Fiのサービス「光ポータブルLTE」を提供しています。現在フレッツ光東日本では新規の申し込みが終了していますが、フレッツ光西日本では今でも利用が可能です。

光回線としては高品質で評判の良いフレッツ光ですが、ポケットWi-Fiについては果たしてどうなのでしょうか?

今回は光ポータブルの概要や、利用するべきかどうかについて解説します。


 

光回線 フレッツ光    コメント:0

フレッツ光ライトはお勧め出来る?プランや料金等解説 

 

フレッツ光にはインターネットの通信をあまり利用しない人向けに「ライトプラン」という半従量制のプランがあります。

このプランは一般的なプランと違い、インターネットの使用量によって利用料金が変動します。

「実際ライトプランっていくらかかるの?」

「複雑でよく分からない」

という人もいるのではないでしょうか。

本ページではフレッツ光ライトプランの概要や料金システム等を分かりやすく解説します。

結論からいうと、ライトプランはインターネットをあまり利用せずフレッツテレビや光電話をメインに使う人にお勧めです。


 

光回線 フレッツ光    コメント:0

フレッツ光が安くなる詐欺に注意!光回線の電話勧誘は全部断るべき

 

「フレッツ光が安くなります」

「キャッシュバックも貰えます」

というような電話勧誘を受けたことがある人は多いと思います。

電話主はNTTと名乗ったり。KDDIと名乗ったり、様々ですが、いずれにしてもこれらの電話営業に耳を貸してはいけません。


 

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:0

フレッツ光東日本でライトプラスというサービスが始まるらしい

 

今のところ東日本限定みたいですが、2016年3月1日からフレッツ光の二段階定額サービス、フレッツ光ライトプラスというサービスが始まるらしいです。

NTT東日本、「フレッツ 光」を3000MB月額3800円から利用できる二段階定額サービス -INTERNET Watch

NTTの公式発表はこちら。

「フレッツ 光ライトプラス」の提供開始について

プラスが付くのはあまり知られてないけど元々「フレッツ光ライト」というプランがあるからなんですよね。こちらは東西両方あります。

本ページではNTT東日本で新しく開始されるプラン、フレッツ光ライトプラスについて簡単に解説します。


 

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:0

フレッツ光から乗り換えるならauひかりと光コラボレーションどっちが良いか

 

auひかりのスマートバリューに加えてドコモのドコモ光、ソフトバンクのソフトバンク光等の光コラボが始まり、今や光回線はどのキャリアを使っていても携帯電話とのセット割引が可能になりました。

だとすると、

「モバイルとのセット割引がないフレッツ光は割高なんじゃ…?」

って思いません?

現在フレッツ光は西日本の「どーんと割」が適用されていてなお且つBBエキサイトみたいな格安プロバイダを使っている人を除けばほとんどのケースで乗り換えをすると月額料金が安くなります

その「どーんと割」も2015年4月末で終了したため、現在NTTが自社で提供するフレッツ光自体の販売は縮小し光コラボレーションが主流になりつつあります。

フレッツ光の新規申し込みキャンペーンおすすめランキング 2017でも紹介していますがフレッツ光のキャッシュバック金額も縮小傾向にあります。

やっぱり毎月のコストは安くしたいですよね。1,000円違うだけでも1年経つと12,000円です。軽自動車の税金くらい軽く払えます。


 

タグ : 

光回線 フレッツ光 フレッツ光転用    コメント:0

フレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説

 

フレッツ光コラボレーションが始まり光回線にも様々な選択肢が生まれました。

私もこれまでフレッツ光(西日本)を利用していましたがフレッツ光から光コラボレーションへの移行は大きな違約金等も掛かりそうになかったので申し込んでみることにしました。

というわけで本ページでは転用の流れや注意点などを書いておきます。


 

光回線 フレッツ光 光回線 フレッツ光 フレッツ光転用    コメント:5

フレッツ光のオプション、ひかりテレビとU-NEXT、光電話について解説

 

フレッツ光を新規で契約するにキャッシュバックやパソコン、タブレット等の加入特典を貰えることが多いんですが、その条件に必須オプションの加入が必要になることが多いです。

中でも「ひかりテレビ」もしくは「U-NEXT」と「光電話A(エース)」の加入は必須なことが多いので本ページではその3つのオプションについて、

「それって必要なの?」

「すぐに解約してもいいの?」

「継続して使う価値あるの?」

そのあたりについて解説します。


 

タグ :

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:0

フレッツ光のキャッシュバックを最も多くもらう方法はこれだ!

 

家電量販店やインターネットからフレッツ光を契約すると、パソコンがプレゼントされたり5万以上のキャッシュバックがあったりします。

そういった特典は様々で、「どれが一番得なのか」迷ってしまいますよね。

今回は一般的にあまり知られていない方法でその得点を最大限に引き出す方法を紹介します。もちろん合法ですよ。


 

光回線 フレッツ光 光回線    コメント:0