ビッグローブモバイル

BIGLOBEモバイルの速度はどう?プランごとにリアルな評判を紹介

人気の格安SIM「BIGLOBEモバイル」はネットでの評判を見ると「速度が遅い」という意見も見られます。

スマホの料金を下げたいとBIGLOBEモバイルへの乗り換えを具体的に検討している人は、「本当に速度は遅いの?」「実際はどのくらいの速度なの?」と疑問に感じているでしょう。

BIGLOBEモバイルには複数の回線タイプがあり、そのタイプによって速度が違います。

そこで今回は気になる速度について、プラン別にリアルな評判を集めました。

BIGLOBEモバイルを検討している方は参考にしてみてくださいね。

タイプDとタイプAでは速度の評判が違う

BIGLOBEモバイルではタイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)と、親回線の違う2つの回線プランが用意されています。基本の料金やプラン内容はほぼ同じですがタイプによって使える端末が違うので、端末に合わせたタイプを選ぶというのが基本になります。

例えばZenFone Max Plus(M1)docomo回線のSIMカードしか使えないので、タイプDを選びます。

一方ZenFone 4 Pro (ZS551KL) au回線のSIMカードしか使えないのでタイプAを選ぶことになります。

両方のタイプが使える端末もありますが、この場合は好みによってどちらのタイプのSIMカードを使うのかを選びます。

2つのタイプはそれぞれに速度も異なります。回線速度が混み具合によって異なるからです。

格安SIMの速度は利用者の数によって異なります。利用者が多ければ多いほど回線が混み合って遅くなってしまうので、利用者が少ない方を選ぶとより速度が速くなる傾向にあります。

タイプDとタイプA、実際に使っている人の声をチェックしてどちらが速いのか見てみましょう。

タイプDの速度の評判

【良い評判】

以前までは速度が遅いという意見が多かったのですが、設備が整ってきたという理由もあり、速度が改善されたという意見も見られました。

2017年年末から「普通に使える」「遅いと聞いていたけど気にならない」という意見が増えているので、実際に多くの人が速度の改善を実感しているようです。

【悪い評判】

場所によっては回線の混み具合が酷く、ちゃんと使えないということもあるようです。

特にタイプDに関してはタイプAに比べると遅いという意見が多くみられました、

タイプAの速度の評判

【良い評判】

タイプDと比較してタイプAは速いという意見が多数みられました。

BIGLOBEモバイルを利用している人の中にはタイプDとタイプAの2つを使っているという方もいて、比較するとハッキリとタイプAの方が速いというデータが出るケースが多いようです。

実はBIGLOBEモバイルのタイプAは他の格安SIMと比較しても高い速度を維持しているケースが多く、上記のような速度を比較するデータを見てもかなり速いということが解ります。

【悪い評判】

タイプDと比べると速いと言われているものの、場所によっては低い速度になるケースもあります。

エリア外であったり、混み合う昼間などは少し遅くなることも考えられるでしょう。

それでも他の格安SIMに比べると全体的に速い速度が出ているので比較的快適に使えることが予測できます。

BIGLOBEモバイルのタイプAは、なぜ同じ会社のタイプDよりも速度が速いのか…

それはタイプAのサービス開始がタイプDよりも遅かったため、まだユーザーが少なく混雑しにくいことが理由だと考えられます。

これまでBIGLOBEモバイルはdocomo回線を使ったSIMカードしか取り扱っていませんでした。

しかし2017年10月になってau回線を使ったSIMカードも取り扱うようになり、どちらのキャリアの回線も取り扱うマルチキャリアMVNOとなりました。

タイプAはサービスが始まってからまだ1年も経っていないためユーザーの数が比較的少なくなっています。

そのため混雑する確率が低くスピードが出やすくなっています。

エンタメフリーオプションの速度はどうか?

BIGLOBEモバイルには月額480円(データのみプランの場合は980円)を追加で支払うだけで通信制限なく動画や音楽のサービスが利用できるエンタメフリーオプションというプランがあります。

データ容量の制限がないので見続けても速度制限が入ることがありません。

通信量の制限なく使えるサービスは以下のサービスです。

・YouTube
・Googleplaymusic
・AppleMusic
・AbemaTV
・AWA
・radiko.Jp
など・・・

エンタメフリーオプションは端末を操作してON・OFFの切り替えができます。ONにすると上記のサービスが制限なしで使えます、

ただしエンタメフリーをONにすると、通信の最適化が自動で行われます。通信の最適化とは端末に適したサイズに画像を圧縮すること。最適化することで利用する通信量を節約します。

通信量を節約する、つまり速度が遅くなるということです。エンタメフリーサービスを使わない場合はちゃんとOFFにしておかないと快適に使えない可能性もあるので注意しておきましょう。

実際に速度を図ると、上記のようにエンタメフリーをONにすると速度が遅くなってしまうということが解ります。

エンタメフリーオプションの速度低下を防ぐには?

前述したように、エンタメフリーをONにするとエンタメフリーの対象サービス以外のネット閲覧や動画視聴では速度が低下してしまうことがわかりました。

動画をよく見る、音楽をよく聞くという場合はこのオプションに加入していればいいのですが、普通のサイトを見る場合は速度が遅くて気になってしまうかもしれません。

そこでオススメしたいのがエンタメフリーをOFFにするという方法です。動画を見ている時や音楽を聴いているというとき以外はエンタメフリーをOFFにして速度低下を防ぎましょう。

エンタメフリーオプションをOFFにする方法

①ネットブラウザを立ち上げて「モバイル契約情報ページ」に飛びます。
②エンタメフリー昨日切り替え画面でオフの状態に切り替える。
③一度機内モードに入れてからまたネット接続をする「再接続」をする

簡単に切り替えができるので便利です。

まとめ

BIGLOBEモバイルは遅いという評判もありますが他の格安SIMと比較すると快適に使えるケースが多いようです。

タイプDとタイプAなら今はタイプAの方が新しくて混み合いづらいので、どちらか迷ったらタイプAを選ぶことをオススメします。

エンタメフリーは動画をよく見るという方にはとてもオススメのサービスなので是非チェックしてみてくださいね。