ビッグローブモバイル

ビッグローブモバイルはタイプAとタイプDのどちらを選ぶべきか。違いと評判はどう?

ビッグローブモバイルでは、タイプDタイプAの2種類のプランを提供しています。

「どちらのプランを選んで良いのかわからない」

タイプDタイプAでは、何が違うのだろう」

こんなふうに疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで本ページでは、ビッグローブモバイルのタイプDタイプAの違いや、それぞれの特徴についてわかりやすく説明していきます。

最後までお読みいただくと、タイプDタイプAの選び方がわかってきますので、参考にしてみてくださいね。

⇨Biglobeモバイル公式サイトはこちら

タイプDとタイプAの違い

ドコモ回線とau回線のプランで料金差がある格安SIMも多いのですが、ビッグローブモバイルタイプではタイプDタイプAの基本料金はまったく同じです。

料金体系のわかりやすさもビッグローブモバイルの魅力のひとつですね。

【月額料金】

プラン種別 音声通話SIM SMS付きデータ専用SIM データ専用SIM
(タイプDのみ)
1GB 1,400円
3GB 1,600円 1,020円 900円
6GB 2,150円 1,570円 1,450円
12GB 3,400円 2,820円 2,700円
20GB 5,200円 4,620円 4,500円
30GB 7,450円 6,870円 6,750円

【回線の種類や利用できる端末】

種別 タイプD タイプA
回線 ドコモ回線
(クロッシィ)
au回線
対応スマホ SIMフリースマホ
ドコモスマホ
SIMフリースマホ
(一部使用不可)
auスマホ
(※一部SIMロック解除必要)
その他 iPhone7のセット購入が出来ない
データ専用SIM対応
nova lite 2のセット購入が出来ない
(非対応)
データ専用SIMが
契約出来ない

タイプDはドコモ回線、タイプAはauの回線を利用

タイプDタイプAのもっとも大きな違いは、利用する回線の種類です。

格安SIMは三大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)いずれかの回線を使って通信を行うので、プラン名は利用するキャリアの頭文字を使っています。

タイプDはドコモ回線、タイプAはau 4G LTE回線に対応したプランということですね。

ビッグローブモバイルはもともと、ドコモ回線のタイプDのみを提供していたのですが、ビッグローブがauを運営するKDDIの子会社となったことから、タイプAも提供するようになりました。

格安SIM業者は数多くありますが、複数のキャリアから選べる業者は多くありません。ドコモ回線もau回線も選べる、というのがビッグローブモバイルの人気の理由のひとつなんです。

タイプDとタイプAでは、使える端末が異なる

タイプDタイプAは使える端末にも違いがあります。タイプごとにみていきましょう。
【タイプD】

  • ドコモで購入した全ての端末
  • SIMフリー端末

タイプDの魅力はドコモの端末をSIMロック解除なしで使えることや、テザリングに対応している端末が多いことです。

※テザリング・・・スマホを使って、パソコンやタブレットなどの通信機器をインターネットに接続する機能。データ通信を利用するのでキャリアの通信網であればどこでも利用できるのがメリット。

【タイプA】

  • auで購入した端末(一部端末に利用条件あり)
  • SIMフリー端末(一部利用不可)

一部端末を利用する場合、以下の条件をクリアする必要があります。(2019年4月現在)

①2017年8月1日以前に購入した端末は、SIMロック解除が必要

②au VoLTE対応端末のみで利用できるため、端末によってはソフトウェアの更新が必要

タイプAはテザリング対応端末が限られているため、テザリングの頻度が高い人は使用する端末の対応可否を確認した上で、プランの選択をしましょう。

【動作確認端末】

ビッグローブモバイル公式サイト内の以下のページにて、タイプDタイプA、それぞれのプランで利用できる端末を確認できます。

https://join.biglobe.ne.jp/mobile/device/compatibility.html

iPhone7のセットはタイプAのみ

ビッグローブモバイルの特徴のひとつが、端末とSIMのお得なセット販売。

選べる端末の多さが魅力ですが、iPhone7のセットはタイプAしか選択できないので、注意が必要です。

iPhone7本体と3GB付きの音声通話SIMがセットで月額3630円。三大キャリアで契約した場合と比較しても、かなりお得な価格設定となっています。

タイプAの方が通信速度が速いというメリットもあるので、iPhone7をコストを抑えて利用したい人にピッタリ。

データ専用SIMはタイプDのみ

SMSなしのデータ専用SIMは、コストを最小限に抑えたデータ専用の回線が欲しい人向けのプランです。ただし契約できるのは、タイプDのみとなっています。

通信速度の評判はタイプAの方が良い

プランを選ぶのに重要な決め手のひとつが通信速度。タイプDタイプAではどちらのプランが速いのでしょうか。

実際に利用している人の感想を調べてみました。

タイプDの評判

タイプAの評判

https://twitter.com/isoclam/status/1112178100714930176

他回線からの乗換えや、ビッグローブモバイルのタイプDタイプAに変更して通信速度がかなり速くなったという感想が多く、満足度の高さが伝わりました。

特に最後のツイート内の動画では、両タイプのSIMが入った同じスマホで同じサイトを開いたとき、タイプAの方が圧倒的に読込速度が速いのがよくわかります。

【タイプDよりタイプAの方が速い理由は?】

ビッグローブモバイルでは、タイプAは後発で始まったプランということもあり、タイプDに比べると利用者の数は多くありません。

利用する人が多いほど回線は混雑し、渋滞の道路を走っているような状態となります。当然スピード(通信速度)は出せません。

逆に利用者が少なければ、ガラガラの道路を走るのと同じなので速い速度が出るということですね。

タイプAは親会社であるKDDIのau回線を利用しています。親会社の回線利用ということで安定した通信の提供が期待できます。

タイプDとタイプA、おすすめするのはこんな人

タイプDタイプA、どちらを選べば良いかは、自分の使う端末や何を重視しているかで、判断するのがベストです。

【タイプDをおすすめするのはこんな人】

  • ドコモで購入した端末を使いたい
  • SIMフリー端末で、テザリングの利用が多い
  • SNSは使わず、データ通信のみのプランでコストを抑えたい

【タイプAをおすすめするのはこんな人】

  • auで購入した端末を使いたい
  • とにかく通信速度の速さを重視する
  • SIMフリー端末で、デザリングは使わない

まとめ

ここまで、タイプDタイプAの違いや特徴、それぞれのプランはどんな人にオススメできるか解説してきました。

プラン選びの基本的な考え方として、キャリア端末をそのまま使う場合は同じキャリアに対応したプランを選択するのが、一番スムーズでコストも抑えられます。

新しく端末を用意する、またはSIMフリースマホを使うならタイプDタイプA、それぞれの特徴をふまえ、自分が重視する用途にマッチしたプランを選びましょう。

⇨Biglobeモバイル公式サイトはこちら

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください