ビッグローブの格安SIM

やさしくねっと.

今格安スマホにするなら通話定額もあるビッグローブSIMがオススメ

 

ze551ml

インターネットのプロバイダとしても有名なビッグローブは話題の格安スマホにも力を入れていて現在他社は行っていない新規契約によるキャッシュバック(最大1万円)を行っています。

ビッグローブが提供している格安スマホ、格安SIMは月額料金も比較的安く、魅力あるセット端末(スマートフォン)やオプションが揃っておりキャッシュバック以外にも魅力的な部分が多いので詳しく解説します。

ビッグローブ LTE SIMのプラン

まずはプランと月額料金から。価格は税別です。

プラン名・容量データSIM音声通話SIM
1GB(音声通話のみ)なし1,400円
3GB(エントリープラン)900円
(+120円でSMS機能)
1,600円
6GB(ライトSプラン)1,450円
(+120円でSMS機能)
2,150円
12GB(12ギガプラン)2,700円
(+120円でSMS機能)
3,400円

※データSIMはデータ通信のみ、音声通話SIMは電話番号付き、通話機能付きのSIMです。MNP(他社からの番号移行)をする際は音声通話SIMを利用します。

※データSIMは+200円でSMS機能を持たせることが出来ます。音声通話付きはSMS機能は標準搭載されています。
BIGLOBE SIM公式サイトへ

ビッグローブSIMの最大通信速度は受信時(下り)375Mbps、送信時(上り)50Mbpsとなっています。上記制限を超えると送受信最大200kbpsとなります。

他社と比べて安い?

他社にはないキャッシュバックを行っているビッグローブのSIMですが他社と比較して果たして安いのか?

例えば3GB音声通話プラン(1,600円)を他社と比較すると、業界最安値と言われるDMM mobileが1,500円なので一番安いものと比べると100円ほど高いです。

ちなみに最も契約者数が多いと言われるOCNモバイルONEだと1,800円、次いで契約者数が多く私も利用しているIIJmioは1,600円なので全体的に見るとやや安いかごく平均的だと思います。

キャッシュバックのある6GB音声通話プラン(2,150円)はどうかと言うと、6GBプランは他社にあまりないんですが最安値のDMM mobileの5GBが1,970円、7GBが2,560円でその間くらいと考えれば安いプランだと言えます。

ビッグローブをすでに利用しているとさらに安い!

ビッグローブの接続サービスを利用している場合は上記料金表から200円を引いた価格で利用出来ます。

例えば自宅の光回線のプロバイダをビッグローブにしている場合、または光コラボレーションのビッグローブ光にしている場合は上記価格から200円安い金額で利用できます。

すでにビッグローブのインターネットを利用している人は他社に比べてお得ですね。

セットで買える端末(スマートフォン・タブレット)

ビッグローブのSIMはそれ単体でも契約することが出来ますがキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と同じように24カ月分割払いでスマホとセット購入することもできます。

BIGLOBEスマホ・タブレット

購入出来る機種は現在(2015年11月)下記の6種類。一番下のZenPadは8インチタブレット。

機種名メーカー価格
(×24回払い)
機能・特徴
Zenfone2 LaserASUS1,150円価格の割にカメラ、バッテリ性能が高くコスパ良好。
HUAWEI P9 liteHUAWEI1,240円CPU。カメラ、バッテリ性能が高くコスパ良好。人気機種。
arrows M02富士通1,380円国内メーカー。防水、おサイフケータイ機能あり。
arrows M03富士通1,490円上記後継機種。防水、おサイフケータイ機能あり。
Zenfone2(ZE551ML)ASUS1,490円大容量バッテリ搭載。
AQUOS mini SH-M03シャープ2,080円国内メーカー。防水、ワンセグ。やや小型。
Moto G4 Plusモトローラ1,490円指紋認証、デュアルSIM対応。5.5インチ大画面。
HUAWEI MediaPadHUAWEI1,040円タブレット。

※価格は24回払いの1ヵ月分の金額です。

この中で一番オススメと言えばやはり価格が最も安くなおかつ高性能で人気のあるZenfone2 laserですね。私がメインで使っているZenfone5の後継機種で価格に対して非常に使い勝手の良い製品です。

ASUS(エイスース)のZenfoneシリーズはどれもコスパが高く優良製品なのでとてもおすすめです。

HUAWEI P9 liteもコスパが高く人気のある機種です。

モトローラのMoto G4 Plusは今年の夏に発売された新機種です。

1600万画素のメインカメラや急速充電対応の大容量バッテリー(3000mAh)が魅力。SIMカードが2枚挿せるので1枚音声SIMを入れて予備でデータ専用SIMを入れて使うということもできます。

富士通のarrowsM03も新機種でコスパは高いです。SIMフリースマートフォンとしては珍しくおサイフケータイ機能もあるので便利ですね。

ビッグローブSIMの特徴

b5df6f5a58d95056b663d37f07f01de2_s

ビッグローブSIMならではの特徴は下記の3つ。

    • 余ったパケットを翌月へ繰り越し
    • シェアSIMで最大5人までデータ容量を分け合える
    • 格安スマホに嬉しい通話パックがある

 

順番に解説します。

使いきれなかったデータを翌月繰り越し

パケット繰り越しという響きに懐かしさを感じる人も多いのではないでしょうか。

かつてドコモの携帯電話でみんながiモードというインターネットサービスを利用していた頃、データ通信が定額じゃなかった頃、パケットパックというサービスが主流でした。

この頃に使いきれなかったパケットを翌月へ繰り越すというサービスが定着していたんですが、まさか再びこのサービスが出現するとは思っていませんでした。

今のスマホのデータ通信は高速で通信が出来る代わりに容量に制限が設定されています。

上記価格表の通り、1GB、3GB、6GB、12GBとプランによって制限があり、月間でこの制限を超えると通信速度に規制が掛かってしまいます。

ビッグローブSIMではこの通信量を使いきれなかった場合、翌月へ繰り越しが可能です。

例えば6GBを利用していて今月3GBしか使わなかった場合、来月は9GB利用出来るようになるというわけです。

繰り越せる最大値はそのプランの最大値までということなので、9GB利用できる状態で全く利用しなかったからといってさらに翌月9GB繰り越せるわけではありません。

が、残していけば最大12GB(6GBプラン時)にすることが出来るようです。

 

product_top_common_carryover

最大5人で分け合えるシェアSIM

ビッグローブSIMはライトSプラン(通信容量6GB)または12ギガプラン(通信容量12GB)であれば複数のSIMを使ってシェアすることが可能です。

一つの契約で複数SIMを持つイメージ。最大5枚までSIMを持つことが出来ます。

シェアSIMに掛かるコストは下記の通り。

プラン月額利用料キャンペーン
(5月9日〜10月2日)
SIM発行料
シェアSIM(音声)900円15カ月間200円引き1枚に付き3,000円
シェアSIM(SMS)320円
シェアSIM(データ)200円

シェアSIMを追加するのに初期費用3,000円掛かります。追加出来るSIMは最大4枚です。

月額料金は例えば音声通話付きの6GBのプランでシェアSIMを一枚追加した場合、

音声通話SIM基本料2,150円+音声シェアSIM900円=3,050円

となります。

音声通話SIMはそれぞれ電話番号持たすことも可能です。それぞれMNP(番号移行)も対応しているようです。

音声通話SIMにシェアデータSIMを付けたり、逆にデータSIMにシェア音声SIMを付けるといったことは出来ないようです。

魅力的なBIGLOBEでんわ

ビッグローブでんわ

ビッグローブはビッグローブのSIMにしか利用できない通話アプリ、BIGLOBEでんわというアプリを提供しています。

BIGLOBEでんわはappストア、またはgooglePlayにて無料でダウンロードが可能です。

アプリをインストールして、アプリを使って発信すれば国内通話が通常の半額(10円/30秒)になります。

つまりビッグローブのSIMはほぼ無条件で他社より通話コストが下がるわけです。

さらに、BIGLOBEでんわには通話パック60という有料オプション(月額650円)があります。

通話パック60は月額650円で毎月最大60分通話が可能になります。通常(他社の格安スマホ)の通話料金は20円/30秒なので60分だと1,200円になります。

「格安スマホに乗り換えても月額料金があまり安くならなかった」という声も少なからず耳にしますがそのほとんどが通話料金なので通話を頻繁に行う人は利用した方が良いと言えます。

ビッグローブSIMの注意点

最後にビッグローブSIMを契約する際に注意しておきたいところを解説します。

まずビッグローブに限らず格安スマホ、格安SIMと呼ばれるサービスは、

・通話し放題プランがない

・キャリアメール(@docomo~等)のメールアドレスが使えない(ビッグローブはbiglobe~を無料で利用可能)

・ドコモショップ等の窓口がない

というデメリットがあるのでご注意ください。

その他格安スマホの注意点、デメリットは下記ページをご参照ください。

知らないと失敗する格安スマホの5つのデメリット

次にビッグローブSIM特有の注意点を上げると、音声通話が出来るプランの場合最低利用期間があり、サービス開始月の翌月を1カ月目として12カ月目までご利用しないと解除料金8,000円が掛かってしまいます。シェアSIMも音声通話付きであれば同様に解除料金が発生します。

解除料金が発生してしまわないように最低1年は使いましょう。

まとめ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP_327215200714-thumb-1000xauto-16089

ビッグローブはインターネット接続サービス、プロバイダとしてのキャリアも長く信頼出来る通信業者の一つです。

SIMの価格も比較的安価でさらにキャッシュバックもあるので現在最もオススメ出来る格安スマホと言えます。

これから格安スマホに乗り換えようと思っている方、その中でも現在ビッグローブのインターネットを使っている方や通話を頻繁にされる方に特にオススメです。

ご検討ください。

⇒ビッグローブスマホ公式サイトはこちら

 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。