ビッグローブ光

ビッグローブ光は引っ越し時にどうするべき?乗り換えた方がお得?

引っ越しが決まったら、荷造りはもちろん手続きなどやることが色々と多いですよね。

ネット回線の手続きもそのひとつ。

現在ビッグローブ光を使っている人の場合、引っ越しの際の選択肢としては

  • 回線の移転手続きをしてビッグローブ光をそのまま使う
  • 回線の乗り換えをして別の業者と契約する

このふたつがありますが、どちらにすべきなのでしょうか。

移転するには費用が掛かるのか、乗り換えるとキャッシュバックが貰えるしやっぱりお得かな…?などいろいろな疑問があると思います。

そこで今回はビッグローブ光を引っ越し時にそのまま使うべきか乗り換えるべきか、どちらがオトクなのか詳しく解説していきます!

引っ越し時は回線の乗り換えがおすすめ

結論からいうと、引っ越しはネット回線の乗り換えをするベストタイミングです。

なぜなら回線の移転手続きも乗り換え手続きもほとんど手間が変わらないからです。

それなのに乗り換えの場合は乗り換え先の業者によっては高額なキャッシュバックを受けることができます。

移転手続きをしても何ももらえるものはありません。

同じ手間で高額のキャッシュバックがもらえるなら、乗り換えをした方がお得です!

違約金の心配はない?

「でも、乗り換えって違約金がかかるんじゃない?」

と疑問に感じた方もいるでしょう。

確かに解約すると時期によっては違約金がかかります。

ですが乗り換え先の業者によってはかかった違約金を負担してくれるケースがあります。

詳しくは後述しますが、auひかりでは最大3万円分の違約金を負担してくれます。

もし解約の際に違約金がかかっても自己負担額が0円になる可能性も高いので安心です。

違約金負担のサービスがなくても、キャッシュバックが高額なら違約金分の損失を補うことも可能です。

例えば違約金1万円がかかるとしても、キャッシュバックが3万円もらえれば2万円はプラスになります。

あわせて読みたい
auひかりの新規申し込みキャンペーンの比較と注意点インターネットでauひかりを新規で申し込みすると大きな特典が受けられます。 インターネットをインターネットで申し込みするってなんだ...

乗り換え時におすすめな光回線2社

  • キャッシュバックでお得だから乗り換えをしたい!
  • オトクに乗り換えられる光回線が知りたい!

という方にオススメの光回線をご紹介します。

乗り換えにおすすめauひかり

auひかりはキャッシュバック金額が最大5万円前後で、違約金も最大3万円まで負担してくれるので乗り換えて損をするということはまずありません。

月額料金も安くて今よりお得になる可能性もあります。

スマホがauなら「auスマートバリュー」というスマホ代が安くなるサービスが利用できます。

このサービスはauスマホ・ケータイ1台につき毎月最大2,000円の割引が適用されます。

かなり大幅にスマホ料金が安くなりますし、家族でauを使っている場合は家族の分も安くなるのでオススメです。

関連リンク: 最大5万円以上のキャッシュバックがもらえるauひかりキャンペーン

関東・関西・東海エリアはNURO光もおすすめ

NURO光は比較的新しい光回線です。

最大2Gbpsの高速インターネットが使えることで注目されています。

提供エリアは全国ではないので利用できる場所が限られますが、業界最速の通信速度は大きな魅力です。

最大3.5万円のキャッシュバック、光電話の同時申込でPlayStation4、Nintendo Switchがもらえる特典もありお得です。

違約金の負担サービスはありませんが、キャッシュバックで違約金分を賄うことができます。

携帯電話がソフトバンクなら「おうち割」という割引サービスが利用できます。

スマホがソフトバンクでNURO光の提供エリア内ならNURO光がおすすめです。

利用できる都道府県は東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良の16都道府県です。

詳しい提供エリアは以下の公式サイトからチェックしてみましょう。

関連リンク: 最大3.5万キャッシュバックのNURO光 公式キャンペーン

乗り換え時の注意点

乗り換えの際にはいくつか注意点があります。契約前にチェックしておきましょう。

引っ越し先が契約したい業者の提供エリア内であるか

そもそも引っ越し先が契約したい業者の提供エリア内でなければ使うことができません。

各光回線の公式サイトで住所を入力して提供エリアに入っているかどうかチェックしておきましょう。

プロバイダのメールアドレスが変わる

現在使っているプロバイダから乗り換えると、プロバイダで使っていたメールアドレスは使えなくなってしまいます。

普段からプロバイダのアドレスを利用していた方は要注意です。

サイト登録で使っている場合は変更しておかなければログインできなくなる可能性もあるので必ず乗り換え前に変更しておきましょう。

プロバイダが変わっても問題なく使えるGmailYahoo!メールなどの無料メールサービスを使うことをオススメします。

電話番号は変わってしまうのか?

光電話を契約していた場合、乗り換えをすると電話番号が変わる可能性があります。

NTT加入権のある電話番号ならそのまま引き継ぐことが可能ですが、光回線で新規に作成した電話番号の場合は、光回線を乗り換えると使うことができなくなります。移行もできません。

ビッグローブ光からauひかりに乗り換える場合、ビッグローブ光加入前にNTT加入権を得て使っていた電話番号ならauひかりにも引き継ぎすることができます。

ビッグローブ光に加入してから光電話を契約して新たに電話番号を取得した場合は引き継ぎができません。

電話番号がそのまま使えるかどうかはNTT加入権があるかどうかがポイントになりますので確認しておきましょう。

光回線の乗り換え方法

申し込みたい光回線が決まったら、早速手続きを始めましょう。

光回線の手続きの手順は以下の通りです。

  1. プロバイダに解約の電話をする
  2. 乗り換え先に申し込みをする
  3. 工事(契約)

最初に引っ越しが決まったら解約の連絡をビッグローブ光に伝えましょう。

光コラボでは解約の連絡は一社でOKです。

引っ越し先の住所が確定したら乗り換え先に申し込みをしましょう。

場合によっては申し込みから2週間ほどでインターネットが使えることもありますが、混雑状況や工事日の調整によって大きく前後します。

余裕をもって早めに契約手続きを行うことをオススメします。

また、工事には立会いが必要です。

立会いは言葉通り立ち会うだけですので、特に何かをする必要はありません。

ですが必ず家にいなければなりません。業者から電話が来て立ち合い日を決めることになりますので、スケジュール調節もしておきましょう。

この立会い工事が終わり次第ネットが開通します。

まとめ

引っ越しはやることが多く色々と大変なものですが、ネット回線は移転でも乗り換えでもどちらにしても工事が必要です。

どちらもかかる手間はほとんど同じなら、キャッシュバックが受けられる乗り換えがお得ですよね。

乗り換える光回線によっては毎月の通信費も節約できる可能性もありますし、速度が速くなる可能性もあります。

まずは今回ご紹介したオススメの光回線が引っ越し先の提供エリア内に入っているかどうかチェックしてみましょう。

時期によっては移転・乗り換えに関わらず工事が混み合うので、早めに手続きをしてスムーズに乗り換えできるようにしておきましょう。