BBエキサイト光の評判

やさしくねっと.

BBエキサイト光の料金プランや評判等を解説

 

bbexcite光

フレッツ光のプロバイダとしても知名度が高いBBエキサイトもプロバイダ一体型の光コラボレーション、BBエキサイト光を提供しています。

フレッツ光のプロバイダをBBエキサイトにしている人はプロバイダから転用を勧められた人も多いのではないでしょうか。

BBエキサイト料のプロバイダ料金は他社と比較しても破格に安いので利用している方も多いと思います。

というわけで本ページではBBエキサイトについて解説しようと思います。


スポンサーリンク



BBエキサイト光の概要

BBエキサイト光はプロバイダ一体型の光回線なので料金プランはとてもシンプルで分かりやすいです。

    • ファミリータイプ – 月額4,360円
    • マンションタイプ – 月額3,360円

となっています。

(価格は税別です。)

BBエキサイト光は他社と比べてもかなり安価なのが特徴です。

業界で最安値

BBエキサイトはフレッツ光のプロバイダの時もそうだったんですが他社に比べてとにかく安いです。

単体での月額料金は業界最安値を誇っています。

利用者の多いドコモ光ソフトバンク光(共にファミリープランの月額料金5,200円)と比べてもその差は歴然。圧倒的に安い価格設定となっています。

初期費用もフレッツ光からの転用の場合事務手数料の2,000円のみで済むので上述した月額料金以上支払う必要はありません。

フレッツ光からの転用方法などについては下記ページをご参照ください。

フレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説

新規申し込み時の工事費について

フレッツ光からの転用では工事費が発生しませんが(※一部旧タイプを除く)、新規申し込み時には配線工事を伴うため工事費が発生します。

エキサイト光の基本工事費はファミリータイプで18,000円、マンションタイプで15,000円となっています。

(2016年4月現在初期工事費5,000円引きキャンペーンを実施しています)

工事費はお住まいの地域や環境によって異なります。申し込み時に案内があります。

エキサイト光は現在の所、初期工事費を分割払いに出来ないようなので新規申し込みの際は1万~1万5千円ほどの初期費用が掛かってしまいます。

フレッツ光からの転用の際も工事費の分割払いの残額が残っている場合は残り工事費を一括で支払わなければならないと注意書きがあります。ご注意ください。

最低利用期間はなし

BBエキサイト光の特徴として最低利用期間がない、つまり縛り期間がないというところです。

他社の光コラボレーションの場合、「2年以内に解約すると違約金が発生する」や「2年ごとの解約月以外で解約すると違約金が発生する」等の縛りがあるんですがBBエキサイト光はそれがなく通常解約時に違約金が発生することはありません。

工事費も分割払いにすることが出来ないので解約時に解除料金が発生することはありません。

が、一点だけ。NTT西日本のフレッツ光から転用した場合で早期解約をすると下記の違約金が発生してしまうようです。

    • フレッツ光回線の開通月から15ヶ月以内に解約した場合、20,000円(税抜)
    • フレッツ光回線の開通月から16ヶ月目以降、24ヶ月以内に解約した場合、10,000円(税抜)

つまりフレッツ光西日本を契約してすぐにBBエキサイトに転用してもフレッツ光の縛り期間が残るわけです。

従ってフレッツ光から転用した場合、トータルで2年以上利用しないと違約金が発生してしまいます。ご注意ください。

フレッツ光(東日本)と料金比較

ではフレッツ光から転用した場合どれくらい安くなるのか。

フレッツ光東日本の標準的なプランはプロバイダをBBエキサイトにした場合月額5,100円です。

(工事費は別、ファミリータイプ、2年割り等各種割引適用後の価格です)

なので単純に月額740円下がるわけですね。フレッツ光withBBエキサイトを利用している人は乗り換えると単純にこれだけ下がる計算です。

※フレッツ光の月額料金はご利用中のプラン等によって異なります。場合によっては転用することで高くなってしまう可能性もありますので転用する前に必ずご確認ください。

エキサイト光の評判はどんな感じか

実際利用している人の評判を探してみました。

が、少なかったですね・・・まだまだ利用者は少ない模様。

 

こちら(下画像)は価格コムの口コミ。

価格コムの評判

ちょっとサンプルが少なすぎて何とも言えませんが、悪評判でも1Mbps以上は出ているようなので動画を毎日観るというよううな使い方をしなければまあある程度はストレスなく使えるかなあと思います。

フレッツ光のプロバイダとしても他社と比べて安い分回線速度が遅い、安定しないという声があったので注意が必要かも。

利用者の環境や場所によって通信速度が変わってくるので注意してください。

まとめ

という感じで上記をまとめると、

    • 月額料金は圧倒的に安い
    • その分回線速度は少し不安があるかも
    • ライトユーザー、コスト重視で考えるならあり
    • 縛りがないので乗り換えはしやすい

という感じですかね。

BBエキサイトは質よりも価格重視という方針な気がするので多少品質に不安はありますが全く不満もなく、問題なく使えているという声ももちろんあります。

「月額料金を少しでも安くしたい」

「ネットで動画をそれほど観ない」

という人は検討してもいいかもしれません。

excite光(光コラボレーションモデル)

スポンサーリンク



 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。