auのポケットWi-Fiはあまりお得ではない

やさしくねっと.

auユーザーでもauのポケットWi-Fiはお得ではないと言われる理由

 

モバイルルーター

auのスマホは通信速度が速く安定していますが、通信制限があるため外でガシガシネットを利用するとすぐに通信制限が掛かってしまいます。

そのためauスマホと合わせてポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)を検討する人も多いと思います。

auはポケットWi-Fiとのセット割引があり、合わせて利用するとお得です。

しかしauが提供するポケットWi-Fiは実はWiMAXであり、WiMAXはau以外の様々なプロバイダ業者が提供しており、そちらから申し込みをする方がお得です。

auのポケットWi-Fiは実はWiMAX

現在このポケットWi-Fiという言葉は、外出先でも利用できる無線のインターネットサービスという意味の総称として使われています。

参考記事:ポケットWi-Fiとは?メリットとデメリットまで分かりやすく解説
無線のインターネットサービスは現在、ドコモ、au、ソフトバンクの他、ワイモバイル・そしてUQコミュニケーションズが運営しているWiMAX等が提供しています。

ドコモは携帯電話、スマホでもお馴染みのドコモ回線(LTE、クロッシィ)、ソフトバンクはソフトバンク回線を利用してポケットWi-Fiを提供しています。

意外と知られていませんが、auが提供するポケットWi-Fiはauの関連会社でもある、UQコミュニケーションズが提供するWiMAXです。

auショップでポケットWi-Fiが欲しいと店員さんに告げると店員さんはWiMAXを持ってきます。

下画像はWiMAXの申し込みをした時に送られてきた物(SIM)です。auで申し込みをしたわけではありませんがしっかりauのロゴが入っています。知らない人は「え?なんでWiMAXを注文したのにauが届くの?」と驚いてしまうかもしれませんね。

img_20160919_142918

ちなみにauのポケットWiFi、もといWiMAXは月間通信無制限のプランと通信制限のあるプランの2種類を提供しています。

1.WiMAX 2+ フラット for DATA EX(月間通信制限なし)

2.WiMAX 2+ フラット for DATA(通信容量7GB)

どちらも原則2年ごとの自動更新、携帯電話と同様に解約月以外で解約すると違約金が発生します。

参考程度にauが提供するWiMAXの2つのプランを見てみましょう。

WiMAX 2+ フラット for DATA EX

月間通信制限なしのプラン(ただし3日間で3GBの制限はある)です。

WiMAXの通信速度は下り最大220Mbpsです。

一昔前のフレッツ光が250Mbpsだったので数年前の光回線並みの速度となっています。モバイル回線、無線のインターネットとしては最速です。
新規事務手数料は3,000円、気になる月額料金は4,380円(おトク割適用時)です。

光回線がだいたい5,000円くらいなのでそれよりやや安いくらいということになりますね。

WiMAX 2+ フラット for DATA

こちらは月間通信7GBのプランです。月間で7GB以上通信を行うと通信制限が掛かってしまいます。

月額料金3,696円(おトク割り適用時)です。

7GBの制限がありますが上述したデータ通信無制限のEXプランより月額700円程度安いです。

しかし月間7GB制限なのでyoutubeやニコニコ動画等をたくさん視聴するとすぐに通信制限が掛かってしまいます。

auポケットWi-Fi(Wi-Fiルーター)のまとめ

上記auのポケットWi-Fi(実質WiMAX)のプランをまとめると下記のようになります。

    • WiMAX 2+ フラット for DATA EX(無制限プラン)月額4,380円
    • WiMAX 2+ フラット for DATA(7GBプラン)月額3,696円

これにauのスマホを利用していればスマートバリューmineというセット割引を適用させることができます。

割引額は月額最大934円。

auとauのWiMAXをセットで利用すればお得!の正体です。

ちなみにauはauひかりとセットで割引されるスマートバリューというサービスも行っていますが、このWiMAXとauスマホで割引されるスマートバリューmineとは別物です。

auひかりのセット割はひかり回線1回線で家族全員分のauスマホが割引されますが、WiMAXの場合はスマホ1台限りの割引となります。

他社のWiMAXでもauのWiMAXも同じ

auショップでは「auのスマホとauが提供するWiMAXとのセットで割引されるからおすすめ!」と勧められることが多いですが、実はWiMAXであれば別にauから申し込まずともセット割引(スマートバリューmine)は適用されます。

WiMAXはau以外にもso-netやビッグローブ、ニフティ等、実に20社以上のプロバイダ業者が提供しています。

そしてどのプロバイダ業者から申し込みをしても多少の違いはあれど、根本的なサービス内容や回線速度、通信制限、プランについては変わりはないんです。

au以外から申し込んだ方が断然お得

基本的なサービス内容が同じならauから申し込みをするよりも他のプロバイダ業者から申し込みをした方が断然お得です。

というのも各WiMAX販売業者が顧客の獲得を狙ってキャッシュバックや月額割引等、新規申込客に対して手厚いキャンペーンを行っているからです。

一例を上げるとso-netとビッグローブは下記のようなキャンペーンを行っています。

    so-net WiMAX2+のキャンペーン

    • 2年間 月額大幅値引き(月最大1,899円割引)またはキャッシュバック2万円
    • 開始月の月額料金無料
    • 端末料金2万円相当が無料
    • セキュリティソフト(月額500円相当)が12か月間無料
    • 25か月目以降ずっと500円割引(長割キャンペーン)

⇒so-net×WiMAXの公式サイトはこちら

auのWiMAXと同等のサービス内容でこれらの特典を得られるわけですからプロバイダから申し込みをする方が圧倒的にお得です。

ちなみに私は信頼性があり、なおかつ特典の手厚いso-netからWiMAXを申し込みました。

参考記事:評判が良かったso-netのWiMAXを契約してみたので申込方法等解説

また、WiMAXのキャンペーンに関しては下記ページで複数社比較しているので興味がある人はご一読ください。

WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきこと

まとめ

ここまで解説してきた通り、auが提供するポケットWi-FiはWiMAXです。そしてWiMAXはau以外にもたくさんのプロバイダ業者が提供しています。
しかし、内容はまったく同じなのに申込窓口が違うだけで何万も金額に差がでます。
どこで申込をされても最終的にauのスマートバリューmineは適用されますし、通信速度や基本的なプランは同じです。

どうせ同じなら少しでもお得になるようso-netやビッグローブ等のプロバイダから申込をすることをおすすめします。

 

WiMAX    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。