スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

auひかり公式の割引プラン、キャンペーンを分かりやすく解説

 

auひかりには月々の料金が割引となるプランやキャンペーン、キャッシュバックなどがあります。

上手く活用すれば月々の料金を大幅に抑えることができ、無駄な出費を無くすことができます。

しかし、色々なキャンペーンがあるので「どれを活用すればいいのか、キャンペーンが分かりづらい」と感じる方もいるでしょう。

そこで本ページでは、「auひかりにはどういった割引プランキャンペーンがあるのか、割引を受けるにはどのような条件があるのか」といった詳しい内容を分かりやすく解説します。

auひかりの割引プランについて

まずは、auひかりの割引プランについてご紹介します。

auひかりではスマートバリューや工事費の割引サービスがあり、それぞれ毎月の月額料金から割り引かれます。

では、詳しい割引額などの内容について解説します。

スマホセットで安くなるauスマートバリュー

auのスマートフォン、またはタブレットを契約しているユーザーの場合は毎月1人あたり毎月最大2,000円が割引されるサービスです。

割引されるのはスマートフォンやタブレットの利用料金となります。

使用しているプランごとに割引額が異なります。それぞれのプランごとの割引額は以下の表のとおりです。

モバイルプラン割引額
データ定額10/13/30(GB)最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/8/20(GB)
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)

家族がいる場合はその人数の分割引額がアップします。

例えば家族が3人で、データ定額10GBを使っている場合は2,000円×3人=6,000円の割引になります。

毎月コンスタントに割引が行われるのでお得です。

ただしスマートフォンやタブレットを持っていても自動的に割引されるものではありません。

別途申し込みが必要となりますので注意しておきましょう。

auスマートバリューは光電話が必須

auスマートバリューはスマホ代が大幅に安くなるとてもお得な割引プランですが、一つだけ条件があります。

それはauひかりの固定電話サービス、光電話の契約です。

光電話を契約しておかないとauスマートバリューは適用されません。

光電話は基本料金月額500円なので普通のNTTの固定電話(1,600円程度)よりも大幅に安いです。

また、auスマートバリューの割引額はデータ定額5(GB)以上であれば1,410円以上なので大幅に割引が出来るスマホを契約していれば使わなくても光電話を契約した方がお得です。

詳細記事:auで統一すべき?auスマートバリューの条件、対象プラン等まとめ

工事費割引(初期費用割引)

auひかりに加入する際には、一戸建てのホームタイプで37,500円・マンションタイプで30,000円の工事費が別途必要になります。

※マンションタイプの工事費については若干安くなることがあります。

auひかりの公式キャンペーンが適用されるとこの工事費が実質無料になります。

工事費を月額1,250円×30カ月(マンションの場合は24か月)に分割にして、その工事費分の月額料金を割り引きます。

そのため工事費が実質0円となるわけです。

しかしこの期間(ホームタイプは30カ月、マンションタイプは24か月)よりも早く解約するとその時点で割引が終わり、残金を支払らう必要があります。

例えばホームタイプを20ヶ月で解約した場合、本来割り引かれるはずだった残り10ヶ月の12,500円が残金となり、これを支払う必要があります。

また、マンションタイプは新規申し込みでもれなく実質無料となりますが、ホームタイプの場合は光電話(月額500円)の契約が必要です。

光電話を契約しない場合は割引額が750円となり、残り月額500円×30カ月(合計15,000円)の工事費が発生するようになります。

詳細記事:auひかりの工事費はどれくらい?工事内容によって変わる?

ずっとギガ得プランの料金割引

ホームタイプの場合は「通常プラン」「ギガ得プラン」「ずっとギガ得プラン」の3つの料金プランがあります。

「ずっとギガ得プラン」を選ぶと月額料金が毎月割り引かれて最も安いプランになります。

割引額の詳細は下記の通りです。

プラン名1年目2年目3年目
通常プラン
(契約期間なし)
6,300円6,300円6,300円
ギガ得プラン
(2年契約)
5,200円5,200円5,200円
ずっとギガ得プラン
(3年契約)
5,100円5,000円4,900円

ずっとギガ得プランと通常プランを3年間継続利用した場合、合計金額を比較すると差額は以下の通りになります。

(通常プラン:226,800円/3年)-(ずっとギガ得プラン:180,000円/3年)
=差額:46,800円

つまり、ギガ得プランを利用すれば、通常プランよりも46,800円お得になるということです。

ずっとギガ得プランは継続して3年利用することが割引の条件となり、3年ごとの更新月以外に解約すると違約金15,000円が発生します。

この点に気を付けていればとてもお得なサービスとなっています。

詳細記事:契約によって変わってくる?auひかりの月額料金について分かりやすく解説

auひかりのキャンペーンについて

月額料金から割引されるサービス以外にも、お得になるキャンペーンがあります。

詳しい内容について解説します。

スタートサポート(乗り換えサポート)

フレッツ光や他社のADSLといったネット回線から乗り換えをして、auひかりを契約する場合に受けられるサービスです。

乗り換えの際には他社の回線を解約しなければなりませんが、その際に違約金がかかることがあります。

この違約金を最大30,000円までauひかりが負担をしてくれます。

サービスを受ける条件は以下の通りです。

    • ネット+電話+電話オプションパックに加入
    • ホームタイプは36ヶ月(3年間) マンションタイプは24ヶ月(2年間)の継続利用

電話のオプションパックは月500円の有料オプションになります。

開通日を含んだ7か月以内に、違約金の請求書のコピーと申請書を専用封筒に入れて郵送すると、サービスが受けられます。

10,000円までの違約金はauWALLETのプリペイドカードにチャージされるか、郵便振替にて還元されます。

申請書でどちらの方法で受け取るのかを選択することが可能です。

10,000円を超えた分は、毎月の料金から税込で1,000円ずつ割引される形で違約金が還元されます。

例えば違約金が25,000円だった場合は、10,000円がプリペイドへのチャージまたは郵便振替にて受け取ることができ、残りの15,000円は15回に分けて月1,000円ずつ割引されるという形になります。

適用される回線

auひかりのスタートサポートは他社回線からの乗り換えに限られます。提携のある会社からの乗り換えも適用外です。

具体的に上げると、フレッツ光、ドコモ光やソフトバンク光等の光コラボレーション、ADSL等が適用される回線です。

auと提携があり、auスマートバリューが適用される電力グループの回線やJCOM、eo光等は対象外です。

詳細記事:auひかりの乗り換えサポートとは?内容、条件等を分かりやすく解説

キャッシュバックキャンペーン

auひかりの公式サイトから申し込みをすると現在1万円のキャッシュバックを行っています。

また、これとは別に販売店やプロバイダ(so-netyあビッグローブ等)によっては独自にキャッシュバックを行っていることもあります。キャッシュバックに関しては多くのケースでこちらの方が金額が大きくお得です。

正規販売店からのキャッシュバック

KDDIの正規代理店であるNNコミュニケーションズから申し込みをすると、NNコミュニケーションズが独自に行っているキャッシュバックを得ることができます。

ネットだけでなく電話も追加で加入すると金額が高額になります。

ホームタイプ・マンションタイプそれぞれのキャッシュバック金額は以下のとおりです。

タイプSo-net・BIGLOBEその他のプロバイダ
ホームタイプ
(ネットのみ)
16,000円16,000円
ホームタイプ
(ネット+電話)
23,000円23,000円
マンションタイプ
(ネットのみ)
21,000円26,000円
マンションタイプ
(ネット+電話)
28,000円33,000円

プロバイダによって、金額も異なります。

さらに、キャッシュバックを受けるには利用開始から12か月の継続利用が条件となります。

開通の翌月には申込時に伝えておいた口座に現金が振り込まれるので、もらい損ねることはありません。

プロパイダのキャッシュバック

auひかりが指定している各種プロパイダが行っているキャッシュバックキャンペーンもあります。

プロバイダのキャッシュバックに関しては申し込みをする窓口によって変わってきます。

上述したNNコミュニケーションズから申し込みをした場合のそれぞれのプロパイダのキャッシュバック金額は以下のとおりです。

プロバイダ名ホームマンション
so-net20,000円15,000円
BIGLOBE20,000円10,000円
@nifty11,000円なし

これらのプロパイダのキャッシュバックはNNコミュニケーションが行っているキャッシュバックと一緒に受け取ることが可能です。

例えばNNコミュニケーションを通してauひかりのホームタイプの電話とネットに加入し、プロパイダはSo-netを選択すれば23,000円+20,000円で合計43,000円のキャッシュバックを得ることができます。

また、販売店からの申し込みでもここまで解説してきたauひかりの公式キャンペーン、

    • auスマートバリュー
    • 工事費割引(初期費用割引)
    • ずっとギガ得プランの料金割引
    • スタートサポート(乗り換えサポート)

は適用されます。

⇒NNコミュニケーションズの公式サイトはこちら

※auひかり公式のキャッシュバック1万円は受け取れません。

まとめ

キャンペーンの多くは継続利用と光電話契約の条件があります。

その他にはオプション加入などの条件が無いので、比較的優良なキャンペーンであるといえます。

早期に解約する予定が無いので、あれば活用して月額料金を抑えましょう。

また、auスマホやタブレットを持っている場合は、スマートバリューの申し込みを忘れずに行いましょう。

最大2,000円の料金割引があります。

キャッシュバックキャンペーンは、代理店を経由して加入することがオススメです。

中でもオプション不要で無条件でキャッシュバックが得られるNNコミュニケーションズがお勧めです。

他にもauの代理店は色々ありますが、キャッシュバックを受けるには厳しい条件があったり、「最大〇〇万円キャッシュバック!」と書かれていても、実際には書かれている金額の分受け取ることができないケースが多いです。

詳細記事:auひかりの新規申し込みキャンペーンの比較と注意点

その点NNコミュニケーションズはキャッシュバック金額も比較的高く、条件も簡単なのでキャッシュバックのハードルが低くなっています。

光回線の特典は販売窓口によって結構変わってくるので、場合によっては上記キャンペーンが適用されない場合があります。

ネットで調べる場合は「キャンペーン内容」や「キャンペーン適用条件」等を必ずチェックしましょう。

 

光回線 auひかり    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。