auひかり

auひかりホームタイプの撤去工事費28,800円の詳細と対処法についてまとめる

2018年3月にauひかりはホームタイプの撤去工事費について大きく改定しました。

【これまで】
電柱からお客さま宅内までの光ファイバー引き込み設備をそのまま残し、お客さまのご要望がある場合、撤去します。
工事費10,000円

【改定後】
電柱からお客さま宅内までの光ファイバー引き込み設備を撤去します。
工事費28,800円

公式サイト:「auひかり ホーム」解約時の引き込み設備の取り扱い、および撤去費の改定について | サービス・お手続きなどに関するお知らせ | au

要約すると、

「今までは希望があれば1万円で撤去したけど、これからは28,800円もらって強制的に撤去します。」

という改定です。

ちなみに撤去工事には立ち会いが必要です。

対象者は2018年3月以降に新規契約した人、となっているのでそれまでに契約して利用している人は対象外です。強制撤去じゃないので放っておいても問題ありません。

では新しくauひかりのホームタイプを契約した人がほうっておくとどうなるか?

auひかりの公式サイトには以下のような記述があります。

お客さまのご都合により撤去工事ができない場合は、設備が残ることにより発生する維持費相当をお支払いただきます。

公式サイト:auひかり ホーム | 工事内容 | 光ファイバー auひかり:インターネット回線 | au

これ以上の情報がないため、現状では具体的にいくら掛かるのかわかりません。

撤去工事費の対処法について

「強制的に撤去工事費が掛かる…」

「解約時に必ず28,800円支払わなければならない…」

そう考えると一戸建てタイプで新しく契約するのは非常に躊躇われますよね。実際に最近auひかりの契約者数がやや鈍化しているそうです。※関係者談

これに関しては実は私はそれほど問題ないと思っています。

というのもこの撤去工事費(28,800円)に悩む人が出てくる2~3年後、他社の光回線が、

「auひかりからの乗り換えで撤去工事費28,800円還元!」

というキャンペーンを実施するからです。

すでにソフトバンクは最大10万円還元の他社乗り換えキャンペーンを行っています。

新たにSoftBank 光/SoftBank Airにお申し込みいただいた方に、インターネット乗り換え時の他社への違約金・撤去工事費を満額※1還元いたします。

※1キャッシュバックの対象は他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用・他社モバイルブロードバンド機種代金の残債です。キャッシュバック金額は合計で最大10万円となります。ただし、他社モバイルブロードバンド機種代金に対するキャッシュバック金額は42,000円を上限とさせていただきます。

公式サイト:SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン

これらのキャンペーンが3年後、5年後にあるかどうかはわかりませんが、現在のブロードバンド市場が続く限り、各プロバイダが撤去工事費を還元してくれる可能性は非常に高いです。

つまり、光回線を利用し続ける限り回線の撤去工事費は気にする必要はありません。

それでも撤去工事費が気になる方は他社回線を

それでも撤去工事費が気になって申し込みが躊躇われる方は、無理してauひかりを利用する必要はありません。

auひかりは、

  • 回線速度が速い
  • キャシュバック金額が大きい
  • auスマホとセットで割引される

等のメリットがありますが、auスマホとセットで割引され、キャッシュバック金額が大きい光回線は他にもあります。

auスマートバリューが適用される?!so-net光の評判や料金の解説

 

auひかりをお得に契約したい場合はこちら

ABOUT ME
T.K.エルモ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。