so-netのauひかりのすべて

やさしくねっと.

auひかり×so-netはお得?キャンペーンや評判等まとめ

 

b73ca0c00e28e6c59bd7301716e2ed91_s

auひかりはau携帯とセットで大幅に割引されるスマートバリューがあり、更に新規申込特典も大きいことから非常に人気のある光回線です。

auひかりはフレッツ光と同様プロバイダを選べる光回線ですが、現状ではso-netが一番人気があり、検討されている人も多いのではないでしょうか。

本ページではso-net×auひかりは何故人気があるのか?本当にお得なのか?評判はどうか?を解説します。

⇒so-net auひかり公式サイトはこちら

新規申込キャンペーンが手厚いSo-net

so-net%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

So-net光(auひかり)によるお得な新規申し込みキャンペーンは現在『月額大幅割引キャンペーン』『キャッシュバックキャンペーン』があります。

どちらも基本料金からの割引がありますが前者の方は割引額が大きくなるパターンが多く、後者は割引額が低い代わりに45,000円のキャッシュバックがあります。

最終的な支払い金額としてはキャッシュバックを受け取った方が得になりますが、キャッシュバックを実際に受け取る権利が発生するのは利用開始からおよそ一年ほど経過してからです。

さらにユーザーの方から能動的に手間のかかる手続きをしなければならずその手続きも権利発生日から45日以内に完了させなければキャッシュバックを受け取る権利が失効してしまうというデメリットがあるので、とにかく安心して使いたいなら『月額大幅割引キャンペーン』がオススメです。

またKDDI直で申し込んだ場合開通月の料金は日割りとなりますが、So-net光だと開通月は無料となるのでタイミングによってはお得感がさらに強まることでしょう。

新規申し込みキャンペーンは戸建てとマンションそれぞれに異なる条件で適用され、また戸建ては『ずっとギガ得プラン』『ギガ得プラン』『標準プラン』、マンションは『マンションV16プラン(V8、マンションF、マンションF(S)プラン)』『マンションミニギガプラン』等さらに細分化しているので、ここでは把握しやすいように表で整理して解説します。

※auひかりのプランの全種類

自宅のタイププラン名解除料金
一戸建てずっとギガ得プラン15,000円
ギガ得プラン9,500円
標準プラン不要
集合住宅マンションV16、V8、マンションF、マンションF(S)プラン
マンションE16、マンションE8、マンション ギガ、マンション都市機構(DX)
不要
マンションミニギガプラン不要

マンションプランはV16、V8、マンションF等多岐に渡るプランがありますが、月額料金等はほぼ同じです。機器レンタル料等プランによって若干差があるものもありますが、プランを選択できるわけではありません。お住いのマンションによって決まっています。

マンションミニプランのみキャンペーンの割引額が変わります。

マンションプランの詳細は下記公式サイトをご参照ください。

マンション向けのプランと料金の詳細

一戸建てプランは上記3つの中から選択が可能です。

戸建ての場合

b73ca0c00e28e6c59bd7301716e2ed91_s

『ずっとギガ得プラン』は契約期間が三年間と一番長いですがそのぶん基本の月額料金が最も安くなります。

『ギガ得プラン』は二年契約と期間が短くなる代わりに月額料金が上がり、『標準プラン』は契約期間が設けられていない代わりに月額料金は最も高くなります。

またどのプランで契約する場合でも初期工事費37,500円の分割払い分が30ヶ月の間、毎月1,250円(税別)加算されます。つまり『ギガ得プラン』や『標準プラン』だと違約金が発生しないタイミングでの解約でも初期費用の残債が発生する場合があるので注意が必要です。

キャンペーンを適用した場合の具体的な月額(初期費用分割分を含む・税別表記)は以下のとおりです。

・ずっとギガ得プラン

利用月数月額大幅割引
キャンペーン適用時
キャッシュバック
キャンペーン適用時
差額
開通月無料無料0
1-11ヶ月4,750円5,600円-850円
12-23ヶ月4,750円5,500円-750円
24-30ヶ月4,750円5,400円-650円
31-36ヶ月3,500円4,900円-1,400円

・ギガ得プラン

利用月数月額大幅割引
キャンペーン適用時
キャッシュバック
キャンペーン適用時
差額
開通月無料無料0
1-30ヶ月4,750円5,700円-950円
31-36ヶ月3.500円5,200円-1,700円

・標準プラン

利用月数月額大幅割引
キャンペーン適用時
キャッシュバック
キャンペーン適用時
差額
開通月無料無料0
1-30ヶ月6,800円6,800円0
31-36ヶ月6,300円6,300円0

『ずっとギガ得プラン』の場合は年度毎や初期費用分完済後で『月額大幅割引キャンペーン』と『キャッシュバックキャンペーン』との差額が異なり、契約満了となる三年間で使用した場合の差額は30,650円(税別)となります。

対してキャッシュバック金額は45,000円なので上記にもあるとおりトータルでの金額としてはキャッシュバックを受けた方がお得です。もしキャッシュバックでいくのであれば申請を忘れないように気をつけましょう。

『ギガ得プラン』の場合、三年間での差額は38,700円(税別)。『ずっと~』と比べるとキャッシュバックとの差額がかなり縮まるので、月額大幅割引の方が気が楽かもしれません。

『標準プラン』だとなんと月額大幅割引とキャッシュバックの月額料金は同額なのでキャッシュバックで申し込むべきです。しかしそもそも月額料金がその他のプランと比べて2,000円ほども高いのがネック。

標準プランは解約月以外で解約しても違約金が発生しないというメリットがありますが、違約金は最大でも15,000円程度のため、月額2,000円もの差があるので結果的に損する可能性が高いです。

あまりメリットはありません。

マンションの場合

pp_mantionakaihana_tp_v

マンションタイプの場合、契約プランはユーザーの方で選ぶことは出来ずマンションごとに固定されています。

また戸建てと違い契約期間の縛りはないのですが、戸建てと同じく24カ月以内に解約すると初期工事費用(30,000円、税別)の残債が請求されることになります。

今回はその残債がなくなる24ヶ月目で最終的には金額にどう差が出るかを比較してみようと思います。

キャンペーンを適用した場合の具体的な月額(初期費用分割分を含む・税別表記)は以下のとおりです。

・マンションV16他、マンションミニギガ以外

利用月数月額大幅割
キャンペーン適用時
キャッシュバック
キャンペーン適用時
差額
開通月無料無料0
1-24ヶ月3,050円3,800円-750円

・マンションミニギガプラン

マンションミニギガ月額大幅割キャンペーンキャッシュバックキャンペーン差額
開通月無料無料0
1-24ヶ月5,000円5,000円0

auひかり対応マンションだと一般的には『マンションV16プラン』が多いと言われています。Vが付くプランはVDSLを利用した下り最大100Mbpsの契約です。

24ヶ月後の月額料金の差額18,000円に対してキャッシュバック額は戸建てと同じ45,000円。申請さえ忘れなければキャッシュバックの方が圧倒的にお得と言えるでしょう。

『マンションミニギガプラン』にいたっては月額料金に差が無いにも関わらずキャッシュバックキャンペーンで契約すれば45,000円のキャッシュバックが受けられます。このキャンペーンを利用しない手はないですね。

マンションの場合はどのプランで契約しても戸建てと比べてお得感が増しますが、難点としてはそもそもマンションタイプで契約できる建物が少ないことです。

特に『マンションミニギガプラン』が適用できる建物は三階建て以下(地域によっては二階建て以下)という条件がまずあり、さらにKDDI側で光ファイバーを配線しているという条件が加わるのでなかなか見つけることが出来ません。

お住まいもしくは引っ越し先がたまたま対応していればとてもラッキー、という感覚でちょうど良いくらいと言えるでしょう。

お得なオプション

auひかりにはインターネット回線以外にもさまざまなオプションサービスが用意されており、中にはSo-netを通しての契約であればさらにお得な内容で 付与することが可能なものもあります。

ここではそんなオプションをいくつかご案内いたします。

ひかり電話

13882778108eb1d44a319d87aa265214_s

月額基本料金500円で使用できるIP電話サービスです。光電話は光回線であればどの回線でもオプションとして備わっており、価格もだいたいこのくらいです。

IP電話と言っても難しいことは特になく今現在固定電話をお使いであればその電話番号と電話機はそのまま使うことが出来ます。

通話料は国内一般加入電話への通話であれば何処にかけても一律で3分8円です。

NTTのアナログ電話だと基本料金が1,500円前後、電話料金は距離が離れれば離れるほど高額になるのでauひかり電話の方がお得と言えるでしょう。

さらにauひかりは戸建てでの契約であれば30ヶ月のもあいだ基本料金の500円が無料となるキャンペーンを行っているので、戸建ての方にはますますオススメのオプションです。

参考記事:光電話って必要?メリットとデメリット、必要性等解説

インターネットセキュリティサービス

225df8117a1a710d451d71dafdd1bd59_s

昨今ではインターネットを通した詐欺師や愉快犯によるコンピューターウィルスやフィッシングサイトが横行しており、個人レベルでの対策が必要不可欠となっています。

So-netでは『カスペルスキー』という世界的にも有名なロシア製のセキュリティソフトを用意しており、月額500円(税別)でPCやスマホ、タブレット等最大5台まで利用可能です。

しかも利用開始月から12ヶ月は無料!『カスペルスキー』5台一年版は5,000円ほどなので、これが無料で使えるのは嬉しいですね。auひかりはプロバイダによって月額料金が変わるわけではないのでこれが決め手でso-netが選ばれる傾向となっています。

かけつけ設定サポート割引

パソコンやインターネットの設定が苦手な方向けに、それらの設定を代行してくれるサービスです。

通常6,800円のところ回線契約と同時の申し込みであれば2,000円(税別)で行ってくれるので心配な方はあらかじめ申し込んでおきましょう。

ただし無線LANの設定は別料金となるので留意しておきましょう。

テレビサービス

専用のチューナーをレンタルすることでさまざまな専門チャンネルを視聴することが出来るようになるサービスです。

映画や音楽、アニメなど色々なチャンネルが用意されていますが地上波やBS放送は見ることが出来ませんので注意しましょう。

43チャンネル視聴可能な『プラチナセレクトパック』(月額1,980円、そのほかチューナーレンタル代月額500円)で契約すると利用開始月を含む2ヶ月間無料というキャンペーンを行っています。

無線LAN機器レンタル割引

auひかりで契約すると送られてくる装置には無線LAN機能が内蔵されていませんが、オプションで無線LAN機能付の装置に変更することが出来ます。この装置を活用することで室内の配線をスッキリさせることが出来るのは嬉しいですね。

レンタル料金は月額500円(税別)ですが、auのスマートフォンやタブレットを持っていてデータ定額サービスに加入している方であればこのレンタル料金を毎月無料にすることが出来ます。

so-netが選ばれる理由

『光コラボレーション』などの導入で契約や料金体系が複雑になってしまったNTTと違い、auひかりの契約はシンプルでどのプロバイダと契約しても基本料金は横一線です。

そのぶん各プロバイダはキャンペーンによって差を生み出そうとしており、その結果がかつてNTTでも大々的に行っていた高額キャッシュバックに繋がっています。

中でもSo-netはキャッシュバックが無い代わりに基本料金を更に割引するというユーザーフレンドリーな施策やセキュリティソフトなどのオプションサービス、そしてなんと言ってもSony傘下の企業(So-netはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の略称)という頼もしさで人気があります。

またホームタイプで違約金が発生する場合でも、プロバイダであるSo-netが別途解除料を請求してくることはないという点も安心感があってなお良しです。

そういった理由から現在auひかりが利用出来るプロバイダの中でso-netが最も選ばれています。

回線速度などの評判はどう?

実際使っている人はどのように感じているのか?

Twitterで評判を調べてみました。

 

良い評判だけではなくやはり悪い評判もあります。ただ、他社回線に比べて目立って悪評判が多いということもありませんでした。

 

回線速度に関しては利用環境に左右されるので若干バラ付きがあります。特に同じauひかりでもホームタイプのギガプラン(1Gbps)とマンションのVDSLプラン(100Mbps)では回線速度に大きな差が出てしまいます。

まとめ

auひかりは現状で新規申し込みキャンペーンが比較的大きく、魅力のある光回線であると言えます。

その中でもso-netは独自の高額キャッシュバックや月額料金割引プラン、セキュリティソフト1年間無料等他社にないキャンペーンを提供しています。

これから光回線を契約する人はまず、auひかり×so-netから検討してみてはどうでしょうか。

⇒so-net auひかり公式サイトはこちら

 

光回線 auひかり 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。