auひかり

auひかりとソフトバンク光を徹底比較!どちらを契約すべき?

以前は光回線と言えばフレッツ光でしたが、最近ではさまざまな事業者が光回線サービスを開始しています。

大手携帯電話会社であるauとソフトバンクも、それぞれ「auひかり」「ソフトバンク光」という光回線サービスを提供しています。

どちらも知名度は抜群ですが、果たして契約するならどちらが良いのでしょうか。今回はauひかりとソフトバンク光を料金・割引・キャンペーンから比較してみました。

月額料金はほぼ同じ

光回線を使う上でまず気になるのは月額料金ですよね。

auひかりとソフトバンク光の料金を比較します。

会社名 ホームタイプ マンションタイプ
auひかり 5,100円 3,800円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円

こうして比べてみると料金の差はほとんどありません。

ホームタイプはauひかりのほうが100円安いだけですし、マンションタイプについては全く同じです。

そのため、auひかりとソフトバンク光のどちらがいいか、については月額料金以外で比較する必要があります。

スマホセット割の比較

auひかり、ソフトバンク光ともにスマホとのセット割ができます。

例えばauひかりを利用している人がauのスマホを使っていたら、料金が割引されるというものです。

セット割を利用するとスマホや携帯の料金がかなり割引されるので、auもしくはソフトバンクのスマホや携帯を利用しているなら積極的に利用しましょう。

下記で詳しく説明しておりますが、auひかりのスマートバリューの方が割引額が大きいです。

auひかり「スマートバリュー」

auひかりのセット割「スマートバリュー」ではauスマホとセット利用で最大月2,000円割引になります。

割引額はスマホや携帯の料金プランによって以下のようになっています。

モバイルプラン 割引額
データ定額10/13/30(GB) 最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/8/20(GB)
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)

多くの人が利用しているプランはデータ定額5or8だと思います。

データ定額5or8を利用している場合の割引額が1,410円で、かなりお得だといえるでしょう。

ソフトバンク光「おうち割」

ソフトバンク光のセット割「おうち割」はソフトバンクスマホをセットで最大1,000円割引になります。

おうち割も、スマホや携帯の料金プランによって割引額が変わります。

プラン 割引額
スマ放題
スマ放題ライト
データ定額ミニ 1GB
(スマ放題の場合:1GB,2GB)
500円
データ定額 5GB 1,000円
データ定額 20GB 1,000円
データ定額 30GB 1,000円
データ定額 50GB 1,000円
スマ放題 データ定額
(3G ケータイ)
500円
( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE 500円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G 500円
4G/LTEデータし放題フラット、4Gデータし放題フラット+(ポケットWi-Fi) 1,000円

多くの人が利用しているプランはデータ定額5GBで、割引額は1,000円になります。

auの同じデータ容量の通信ができるプランと比較すると、割引額は400円〜1,000円ほど差があります。

割引条件の比較

auスマートバリュー、ソフトバンクのおうち割はそれぞれ条件があります。

auスマートバリューの適用条件は光電話(月額500円)の契約です。

ソフトバンクのおうち割はソフトバンク光の3つのオプション(光BBユニット、Wi-fiマルチパック、光電話)への加入が必須となっています。

通常この3つのオプションを契約すると2,000円近くかかりますが、3つのオプションが一緒になったパックは月額500円ほどで利用できます。

いずれもオプション料金(500円)が掛かりますが、いずれも割引額のほうが大きいケースが多いです。

例えばスマホのテータ通信5GBを利用している場合auスマートバリューで1,410円、ソフトバンクのおうち割で1,000円の割引がつくので、実質の割引はauひかり:910円、ソフトバンク光:500円になります。

また、どちらも1台につきの割引なので、家族で利用している場合はお得額が増えていきます。

キャンペーンの比較

auひかり、ソフトバンク光ともに同じ種類のキャンペーンを実施しています。

しかし、細かい金額や条件が異なります。

乗り換えの違約金還元キャンペーン

他社から乗り換えたときに発生する違約金を補償してくれるキャンペーンです。

まとめると下記の通りです。

  • auひかり:スタートサポートキャンペーン(最大3万まで還元)
  • ソフトバンク光:安心乗り換えキャンペーン(最大10万まで還元)

還元される金額の上限はauひかりが3万円、ソフトバンク光は10万円となっており、金額についてはソフトバンク光の方が圧倒的に多いです。

しかもソフトバンク光は違約金だけでなく、撤去費やモバイルブロードバンド割賦残債まで保証の対象になっています。

工事費無料キャンペーン

auひかり・ソフトバンク光ともに固定の光回線なので、導入時には開通工事が必要になり、そのための工事費が発生します。

その工事費が無料になるキャンペーンが行われています。

auひかりは「実質」無料ソフトバンク光は「無料」なので注意が必要です。

auひかりは工事費を分割して月々の料金に上乗せする仕組みなっていますが、その上乗せした分だけ月額料金が割り引かれるようになっています。

ただし、、ホームタイプのみ電話も同時加入する必要があります。

例えばマンションタイプの場合の工事費は3万かかり、「1,250円×24回払い」で24ヶ月かけて支払うようになっています。

工事費実質無料キャンペーンでは、この24ヶ月の間は月額料金が1,250円割引されます。

そのため24ヶ月利用すると、結果的には工事費が無料になります。

ただし、24ヶ月以内に解約してしまうと残金を支払わないといけません。

例えばマンションタイプで10ヶ月だけ利用して解約すると、残りの14ヶ月×1,250円=17,500円を負担しないといけません。

一方のソフトバンク光は完全に無料なので、途中で解約しても残金の支払いは発生しません。

ただしソフトバンク光の工事費無料の対象者は「新居・乗り換え新規」のみになるので注意しましょう。

キャッシュバックについて

auひかり、ソフトバンク光ともに契約することでキャッシュバックをもらえます。

ソフトバンク光のキャッシュバック額は新規なら2万、フレッツ光からの乗り換え(転用)なら1.1万です。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

一方auひかりは新規、乗り換え問わず最大で4万円ももらえます。ソフトバンク光の2倍以上ですね。

ただし販売代理店によってキャッシュバックが異なるので注意しておきましょう。

auひかりはNNコミュニーションズという販売代理店がオススメです。

最大4万円のキャッシュバックをもらうことができ、受け取る条件・手順も簡単です。

キャッシュバックに関してはauひかりの方がお得です。

⇒オプション不要で高額キャッシュバックのあるauひかりはこちら

スマホセット割が使えるかどうかで選ぼう

auスマートバリューとおうち割を比較すると、スマートバリューの方がお得でした。

キャンペーンについては条件など細かい違いはあるものの、他社を解約した際の違約金を保証してくれたり、工事費が無料になったりと内容は同じです。

総じて、この2つで差が出るのはスマホセットができるかどうかです。

ソフトバンクのユーザーならソフトバンク光、auユーザーならauひかりを選びましょう。

au・ソフトバンク以外から乗り換えをしてくる予定で、どっちにでも乗り換えられるのであればauひかりを選ぶと良いでしょう。

まとめ

今回はauひかりとソフトバンク光を価格やキャンペーンの面から比較してみました。

大きな差はなく、決めるのはスマホセット割を利用できるかどうかという点です。

auのユーザーであればauひかり、ソフトバンクのユーザーであればソフトバンク光というように、自分が使っている携帯電話やスマホのキャリアに合わせてどちらと契約するかを決めると良いでしょう。

スマホとのセット割は非常にお得なので、ぜひ利用するようにしてください。

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。