auひかりの月額料金を他社と比較する

やさしくねっと.

auひかりって本当に安いの?月額料金を他社と比較してみる

 

auひかりはキャッシュバックがあったり、他社から乗り換えると違約金をカバーしてくれたり、新規申込者にとっては魅力的な商品です。

しかし月額料金そのものはどうでしょうか?

ネットはもちろん家電量販店等でも新規申込特典ばかり押されていて、月額料金そのものについてあまり触れられていない気がします。

というわけで本ページではauひかりの月額料金は他社と比べて安いのか?

具体的に他社回線と比較しながら解説します。

auひかりの月額料金詳細

auひかりに関わらず、光回線の月額料金はやや複雑です。

そのため、実際に契約している人でも内訳によく分からない金額が入っていて困ったりすることもあるようです。

auひかりの料金について。「auひかり料金」という名目で毎月1,200~1,500円程とられているのですが、これって固定電話の料金ですか?
それとは別に「auひかり(提携プロバイダ)料金」6,000~7,000円かかっていますが、こちらがネット関係の料金ですよね?
固定電話がいらない場合、「auひかり料金」は解約しても大丈夫でしょうか?

yahoo知恵袋より

 

というわけでまずはauひかりの月額料金の内訳について解説します。

現在auひかりを利用していて不明点等あれば照らし合わせてみてください。

基本的には回線+光電話+工事費

auひかりの月額料金の内訳は一般的に下記のようになっています。

項目月額料金
回線基本料ホーム:5,100円
マンション:3,800円
光電話基本料500円
光電話通話料8円/3分
テレビサービス500円~
工事費分割代1,250円×30回
(マンションは24回)

光電話、テレビサービスは任意で契約するものなので契約しなければ掛かりません。工事費は一括で支払いをすれば分割代金は発生しません。

auひかりはプロバイダ込みの価格となっています。

また、定額制なのでこれ以外に回線使用料等が発生することは通常ありません。

auひかりの月額料金一例

例えば一戸建てのホームタイプの場合、光回線の使用料が月額5,100円、光電話を契約し、工事費を分割で支払っている場合は下記のような月額料金が発生します。

回線5,100円+電話500円+通話料+工事費1,250円

6,850円+光電話の通話料

結構高いですね。

ちなみに同様の契約でマンションタイプの場合だと、5,550円+通話料となります。

光電話同時申込で工事費が無料に

上記のような料金が一般的な契約で掛かる月額料金ですが、現在auひかりは光電話を同時に申込と初期費用無料キャンペーンを行っているので工事費は発生しません。

そのため現状ではauひかりと光電話を同時に新規で申込した場合の月額料金は、

    • ホームタイプ:5,100円+500円=5,600円
    • マンションタイプ:3,800円+500円=4,300円

+電話の通話料となります。

他社と比較してみる

では次に他社の光回線と比べて安いのか、比較してみましょう。

下の表は一戸建て向けのホームタイプの比較表です。

比較対象はauひかりの公式だけでなく、独自プランで提供しているau×so-netも合わせてみてみます。

<ホームタイプ比較表(契約から2年間のものです)>

回線名月額料金特典・割引等
auひかり5,100円
(工事費1,250円)
光電話同時申込で工事費無料
・他社乗換時サポート
・販売店によるキャッシュバック
・auスマートバリュー
(モバイルとセット割)
auひかり×so-net2,980円
(+工事費1,250円)
・光電話30か月無料
・auスマートバリュー
(モバイルとセット割)
・セキュリティソフト12か月無料
フレッツ光東日本
(プロバイダ料込)
5,100円
(+工事費500円)
ギガ押し割、にねん割
(左月額料金に適用済)
フレッツ光西日本
(プロバイダ料込)
4,310円
(+工事費500円)
web光もっと2割
(左月額料金に適用済)
ソフトバンク光5,200円
(+工事費1,000円)
・24,000円分商品券
・おうち割(スマホセット割)
ドコモ光5,200円・初期工事費無料
・ドコモスマホとセット割
NURO光4,743円
(工事費1,333円)
・キャッシュバック最大3.5万円
月額工事費相当割引

工事費が掛かるものがあったりなかったりと分かりにくいですが、一つだけ言えることはauひかりが特別安いというわけではないことです。

ホームタイプでトータルで安く利用出来るものは?

では一戸建て向きのホームタイプでトータルで最も安く利用出来る回線は上記のうちどれでしょうか?

まずこのこの中で5,000円以下で利用できる回線は、

    • auひかり×so-net:4,750円(工事費込)
    • フレッツ光西日本:4,810円(工事費込)
    • ニューロ光:4,743円(工事費分割引が適用)

ということになります。

この中で最も安いのはauひかり×so-netということになります。次いでニューロ光、次にフレッツ光西日本です。

⇒auひかり×so-netの詳細はこちら

マンションタイプを比較してみる

次にマンションタイプを見てみましょう。ニューロ光は導入されているケースがほとんどないため除外しています。

<マンションタイプ比較表(契約から2年間のものです)>

回線名月額料金特典・割引等
auひかり3800円
(工事費1,250円)
光電話同時申込で工事費無料
・他社乗換時サポート
・販売店によるキャッシュバック
・auスマートバリュー
(モバイルとセット割)
auひかり×so-net1,800円
(+工事費1,250円)
・光電話30か月無料
・auスマートバリュー
フレッツ光東日本
(プロバイダ料込)
3,450円
~4,450円

(+工事費500円)
ギガ押し割、にねん割
(左月額料金に適用済)
フレッツ光西日本
(プロバイダ料込)
3,030円
~3,920円

(+工事費500円)
web光もっと2割
(左月額料金に適用済)
ソフトバンク光3,800円
(+工事費1,000円)
・24,000円分商品券
・おうち割(スマホセット割)
ドコモ光4,000円・初期工事費無料
・ドコモスマホとセット割

フレッツ光のマンションタイプは導入されているタイプの種類によって月額料金が変わってきます。基本的に戸数が多い場合に安いプランが適用されます。

マンションタイプでトータルで安く利用出来るものは?

こちらもやはりauひかり×so-netとフレッツ光西日本が安いです。

    • auひかり×so-net:3,050円(工事費込)
    • フレッツ光西日本:3,530円(工事費込)

マンションタイプの場合月額料金だけを比較するとauひかり×so-netが圧倒的に安いです。

しかし詳しくは後述しますが、スマホとセットで割引されるソフトバンクのおうち割やドコモ光のセット割が適用されると一番安く使えるとは一概に言えません。

スマホに合わせると一番お得に使える

ここまで月額料金のみに焦点を充てて解説しましたが、光回線はいずれも新規申込でキャッシュバックを得ることが出来る場合があります。

例えばこちらの販売店の場合、auひかり無条件でキャッシュバック4万円得ることが出来ます。

ニューロ光も3万円、ソフトバンク光は2.4万円分の商品券などのキャンペーンを行っており、それらを考慮すると結果的にどれがお得か迷ってしまいます。

しかしそれらキャッシュバックキャンペーンに釣られて契約するよりも基本的に今使っているスマホのキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に合わせた方が総合的にお得に契約出来ます。

参考記事:自宅のインターネット回線の選び方と選ぶ際の注意点

auひかりのスマートバリューの割引額は?

auひかりのスマートバリューは光電話の利用という条件はありますが、ほとんどのスマホ、携帯電話のプランで1台から適用されます。

プランによって割引額は変わってきますが、例えば利用者の多いスマホのデータ定額5GBの割引額は月額1,410円(3年目以降は永年934円)です。

<スマートバリューの割引表>

モバイルプラン割引額
データ定額10/13/30(GB)最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/8/20(GB)
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)

1台に付き毎月1,410円割引されるわけですから、2年間でトータル33,840円割引がされる計算です。

また、スマートバリューは最大10回線まで適用されるので、家族にもう一人データ定額5GBを利用していれば上記の倍、つまり2年間で67,000円余り割引される計算となります。

auスマホ利用者がキャッシュバック3万円に釣られて他の光回線を契約することは実は非常にもったいないことなのです。

まとめ

先述した通りauひかりは特にauスマホ、携帯電話利用者にとっては非常にお得な回線です。

しかしauひかりはスマートバリューだけでなく、キャッシュバックキャンペーンも行っているので単独で契約しても十分お得です。

また、月額料金そのものも他社と比べて割高というわけではなく、むしろ安く契約出来る可能性が高いです。

欠点があるとすれば利用できるエリアがフレッツ系回線と比べて狭いこと。

また、ドコモやソフトバンクを家族で2台以上利用している場合はauひかりよりもドコモ光ソフトバンク光の方がお得になる可能性が高いです。

光回線をお得に契約したい人は、原則利用しているスマホのキャリアに合わせましょう。

⇒光回線最安ランキングはこちら

 

光回線 auひかり 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。