auひかりのメリットとデメリット

やさしくねっと.

本当にお得?auひかりを契約するメリットとデメリット

 

1af153f3f396005730111141ada44105_s

光回線の契約者数は已然フレッツ光系が圧倒的に多く、実に7割弱の人がNTTが提供する光回線を利用しています。

しかしKDDIが提供するauひかりはauのスマホとセットのスマートバリューがあったり、新規申込キャンペーンで高額なキャッシュバックが得られたりするので乗り換えを検討している人も多いと思います。

また、これから新規で申し込みをしようと考える人もauひかりを検討している人が多いでしょう。

というわけで本ページではauひかりを契約するメリットに加え、知っておいた方が良いと思われるデメリットまで解説します。

⇒オプション不要で高額キャッシュバックのあるauひかりはこちら

なぜ今auひかりなのか フレッツ光の「今」

一時期フレッツ光は家電量販店やウェブサイトで大々的なキャッシュバックキャンペーンを展開していました。

ネットでは高額キャッシュバック、家電量販店では高額キャッシュバックや量販店のポイントバック、家電同時購入での大幅割引などです。

しかし過当競争や詐欺目的の契約の横行などが徐々に問題視され、まず2013年に警察の指導のもとで各社が一斉に開通前の特典付与を行わなくなり、これによって家電同時購入による大幅割引がなくなりました。

しかしキャッシュバックは開通後一定期間が経過してからの適用とはいえ可能であり、金額もまだまだ高額だったのです。

利用者にとっては残念なことながらその後NTTの運営方針の転換などがあり、2015年の春を境に高額キャッシュバックも姿を消すこととなります。

今のフレッツ光はややこしい

経営方針の転換とはネット回線業務の委託、つまり「光コラボレーション」です。

参考記事:フレッツ光の卸売りで始まる光コラボレーションモデルとは何か

こうする事によりNTTは委託先から安定した利益を得、一方で委託先同士を競わせることによりNTT回線使用率のさらなる引き上げを実現しようとしたのです。

この流れは企業側から見るとメリットもあったのですが、利用者側にとっては大きな混乱を招きました。

たとえば「Yahoo! BB+NTT回線」と「ソフトバンク光」が同時に存在するように、同じ会社が絡んでいるにもかかわらず「プロバイダ+NTT回線(従来の契約方式)」と「光コラボレーション」とが入り乱れる結果となったためサービス内容や料金を比較するための情報収集が大きな手間となってしまったのです。

上記の流れのため、今現在NTTの光回線は全体の把握が面倒くさいわりにキャッシュバックが少ないという、利用者にとってはメリットの少ない契約となっています。

しかも元々フレッツ光は東日本と西日本で料金体系やサービスが異なっていることもこのややこしさに拍車をかけました。オプションの違い、料金の違い、割引プランの違いに加えて光コラボレーションによるプロバイダ独自のサービスを比較して検討しろと言われてもなかなか手に負えないですよね。

ちなみに現状ではどちらかというと西日本の方がお得なキャンペーンや割引が多いようです。

 実は昔からあるインターネットサービス、auひかりとは

そこで今、がぜん注目を集めているのはNTTではなく競合会社のKDDIが行っているauひかりなのです。

KDDIのインターネット光回線事業自体は2000年初頭から存在していましたが、NTTと比べると規模が圧倒的に小さく、契約しようにもそもそも対応していない地区や建物が多数でした。

現在でもNTTの方が規模は大きいですがそれでも以前と比べると改善されてきており、契約可能な地区や建物が増えています。

auひかりは以前NTTが主流としていたのと同じ方式で「プロバイダ+KDDI回線」という契約になりますが、NTTとは違い問い合わせ先窓口も支払先もプロバイダが一任しています。

どのプロバイダと契約するにせよサービス体系や料金が把握しやすいのは便利ですよね。

auひかりのメリット

auひかりはフレッツ系にない様々なメリットが存在します。

中でも注目すべきポイントは、

    • スマートバリュー
    • 高額キャッシュバック
    • 工事費実質無料

の3点でしょう。

au携帯とセットでスマートバリュー

auひかりでもっとも恩恵を受けられるのは、やはりau携帯ユーザーでしょう。

auひかりはLTEフラットやデータ定額を付けたau携帯を使っていれば最大で毎月2,000円の携帯電話料金が値引かれます。
しかも世帯内であれば複数台に適用できるので更に割引料金が上がります。
現在のau携帯はスマートフォンであれば基本的にデータ通信の定額プランは必須なので、条件を満たすユーザーは多いことでしょう。

下記表はauのスマートバリュー適用時のauスマホ、携帯の値引き額です。

モバイルプラン割引額
データ定額30(GB)最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額20/5(GB)
データ定額5(VK)
LTEフラット
LTEフラットTab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)

 

注意点としては、ネット契約のみでは対応せず「ネット+固定電話」か「ネット+固定電話+テレビサービス」のいずれかのみが対象となるので覚えておきましょう。

もっとも固定電話(光電話)の基本料金は500円なのでスマートバリューとの差額を考えても加入すべきと言えます。

またスマートバリューは利用者が直接申請する必要がある点も留意しておいてください。

キャッシュバックを受けやすい

二つ目のメリットはキャッシュバックです。

たとえフレッツ光にせよauひかりにせよ現在では以前ほどの高額キャッシュバックはなかなか期待できません。特にフレッツ光の場合だと「キャッシュバック額が高額!」というウェブサイトがあったとしても大半はただ単に最大額として提示しているだけであり、そしてその最大額を享受できるのは法人や個人事業主といった方々のみだったりします。

参考記事:フレッツ光の新規申し込みキャンペーンおすすめランキング 2016

フレッツ光は現在個人契約だとせいぜい5千円程度のキャッシュバックしか得ることはできません。

それに比べるとauひかりのキャッシュバックは個人契約でもそれなりに高額なキャッシュバックが可能な販売店のウェブサイトがまだまだあります。

しかも時期によっては販売店からのキャッシュバックの他にプロバイダやau公式(KDDI)からも特典があるのでますますお得な内容となっています。また、キャッシュバックされるまでの期間が短めのところもあるのは嬉しいですね。

参考記事:auひかりのキャッシュバックと条件を7社比較

工事費が実質無料

「auひかり」は戸建てで37,500円、マンションタイプで30,000円ほどの工事費がかかりますが、スマートフォンの月々割のように毎月割賦分の料金相当の割引が入るので初期費用が実質無料で済ませられます(新規登録料3,000円はかかります)。

注意点としては戸建てタイプはネットの他に固定電話(光電話)を付ける必要があることです。

また戸建てタイプは30回払い、マンションタイプは24回払いでの初期費用割賦となるのでそれと同等の期間契約を持続させないと工事費の残額を後々支払うことになることです。

フレッツ光では現在工事費実質無料サービスは行っていません。

比較的分かりやすい料金体系

先に書いたとおりauひかりはプロバイダ+光回線料金という簡潔な構造のみとなっており、またプロバイダの数も現状で7つほどと多くないので何処に申し込めば一番特になるのかを把握しやすくなっています。

プロバイダによって月額料金が変わるということもありません。

参考記事:auひかりはプロバイダによって違いがあるか比較する

またそもそもauひかり自体の料金体系やオプションがフレッツ光と比べシンプルなので迷うことがありません。「にねん割」と「2年割」が異なるサービスでそれぞれ違約金が発生する等、フレッツ光は少しばかりややこしいですよね。

マンションタイプであれば契約年数による違約金はない

フレッツ光でにねん割などにした場合はマンションタイプでも解約時に違約金が発生する場合がありますが、auひかりのマンションタイプはいつ解約しても違約金は発生しません。ただし、上記の工事費残額は支払う必要があるので注意しましょう。

auひかりのデメリット

次にauひかりのデメリットを解説します。

特に問題とも言えるデメリットはありませんが、やはりフレッツ光に比べて圧倒的にエリアが狭いのが問題ではあります。

エリアがフレッツ光に比べて狭い

戸建てであれば契約できる地域はかなり増えてきていますが、マンションとなると話は別。まだまだ対応していない建物が多く、こうなってしまうとそもそもauひかりで契約することが出来ません。

auの申込サイトであらかじめ提供マンションを確認できるのでまず一番初めに確認しておきましょう。

戸建てタイプには違約金発生の可能性あり

マンションタイプと違い、戸建ての場合で「ずっとギガ得プラン」を申し込むと月額料金が割引される反面、3年単位での自動更新契約となり更新期間以外での解約には違約金15,000円がかかります。

そのほか工事費の割賦および同額割引期間は30ヶ月なので、いずれにしても戸建てであれば3年間は使う計画でいきましょう。

悪質な販売店や強引な訪問販売員には注意が必要

これはauひかりに限った話ではありませんが、美味しい話をちらつかせたりとにかく執拗に訪問したりといった業者が増加傾向にあるようです。

フレッツ光はシェア率が高いがゆえ特に戸建ての新規契約数は大きく見込めないという現状があり、ならばauひかりに変更させて契約数を伸ばし利益を得よう!という斡旋業者が増えているのでしょう。

正直な話を言わせてもらえば、何処の業者を通して契約すれば圧倒的に得になる!ということは今となってはあまりありません。

ただ、10万円を超えるような高額キャッシュバックを行っているところでは始めから半ば騙すつもりで勧誘を行っていることもあるので結果的に本来もらえるはずの特典も得ることができなかったりします。

悪質な業者には注意しましょう。

参考記事:最近auひかりの評判がやたら悪いことについて思うこと

回線速度が速い…と一概に言えるわけではない

よく「auひかりは契約数が少ないから回線が空いていて速度が出る」という話がありますが実際の所は根拠のある説ではなく、速度目当てでフレッツ光から乗り換えると残念な結果になるかも知れません。

KDDIはもともと関東圏内の一部にしか自前の光ファイバー網を持っておらず、その他の地域ではNTTの光ファイバー網をレンタルして接続するようになっています。

auひかりを契約しても回線工事に来たのはNTTの人間だった、というのは実際にネットでもよく見かける話です。

大本が同じなのであれば速度に大した差が出ないのは自明の理と言えるでしょう。同じ理屈でギガプランでもフレッツ光のギガプランと比べて圧倒的に速度が出やすいと言うことはありません。auの提供エリア確認の検索で「auひかり ホーム(s)」と出たらそれはNTTの回線を使った契約となります。

参考記事:auひかりとフレッツ光はどちらの方が回線速度は速いのか  

まとめ

auひかりまず、au携帯電話ユーザーなら圧倒的にオススメ出来ます。

スマートバリューによる割引は大きな縛りもなく恩恵が受けられるので第一候補に挙げて問題ないでしょう。

それ以外のユーザーでも、料金体系がシンプルなのは魅力的。細かなオプションが少ないと言うことは、極論を言えば悪徳業者では無い限りどこと契約しても大きな損をすることはありません。

詳細を把握するために多大な時間を消費すること自体がまず損なのですから、シンプルに行けるauひかりは時間の無い社会人の方にもオススメです。

⇒オプション不要でキャッシュバックが得られるauひかり販売店はこちら

 

光回線 auひかり 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。