auひかりの月額料金について解説

やさしくねっと.

契約によって変わってくる?auひかりの月額料金について分かりやすく解説

 

auひかりはauの公式サイトや電話、auショップで申し込む方法以外にも、So-net・nifty・BIGLOBEなどの販売店を経由してネットで申し込む方法があります。

販売店を経由すると、キャッシュバックや特典を受けられるので通常よりもお得になります。

それ以外にも、月額料金も契約方法によって変わることがあります。

本ページではau公式から加入した場合と、So-netから契約した場合を比較して、契約によるauひかりの月額料金の違いを詳しく解説します。

auひかりのホームプランは3種類

auひかり公式のホーム(戸建て)プランは、下記の3種類が用意されています。

    • 通常プラン
    • ギガ得
    • ずっとギガ得

それぞれのプランは、月額料金と更新期間が異なります。

プラン名1年目2年目3年目
通常プラン
(契約期間なし)
6,300円6,300円6,300円
ギガ得プラン
(2年契約)
5,200円5,200円5,200円
ずっとギガ得プラン
(3年契約)
5,100円5,000円4,900円

上記のように、月額料金が最も安いのは「ずっとギガ得プラン」ですが、契約期間が3年単位になっています。

反対に、通常プランは契約期間がありません。ただし、月額料金が最も高くなっています。

例えば、「ずっとギガ得プランと通常プラン」を3年間使った場合の3年間の合計額はそれぞれ以下のようになります。

    • ずっとギガ得プラン:180,000円(1年目61,200円・2年目60,000円・3年目58,800円)
    • 通常プラン:226,800円(1年間75,600円×3年)


この2つを比較すると、ずっとギガ得プランの方が46,800円もお得になります。

ただし、先述した通りずっとギガ得プランは契約期間が3年で、3年ごとに来る更新月以外で解約すると違約金15,000円発生します。

この点に注意しておけば、約5万円もお得になるので「ずっとギガ得プラン」がオススメです。現在新規で申し込みする人の多くがずっとギガ得プランを選んでいます。

その他ギガ得プランは、ずっとギガ得プランよりは割引額が低くなりますが、通常プランと比べると年間13,200円お得になります。

更新は2年ごとで違約金9,500円です。

通常プランは更新期間なしで、いつ解約しても違約金がかかりません。

その分他のプランよりも月額料金が高くなります。

このように、各プランによって条件が異なりますが、3年間使うことができれば「ずっとギガ得プラン」が最もお得だといえるでしょう。

auひかりのマンションプランについて

マンションはタイプによって料金は異なりますが、基本的には月額3,800円で利用できます。

また、契約期間の縛りは無く、いつ解約しても違約金は発生しません。

ただし、お得プランAを契約していると、2年単位の契約になります。

お得Aプランは、通常月400円かかる「おうちトラブルサービス」が無料で利用できます。

しかも月額料金が3,800円で、通常の料金と同じです。

しかし、2年ごとに来る更新月以外で解約すると違約金7,000円かかるので注意しましょう。

auひかりの工事費と割引について

auひかりを導入するには、初期工事が必要になります。

その際にかかる工事費の支払いが発生します。

工事費は以下の通り。支払方法は一括払い、または分割払いから選ぶことができます。

    • ホームタイプ:37,500円(1,250円×30ヶ月)
    • マンションタイプ:30,000円(1,250円×24ヶ月)


分割の場合は、毎月の月額利用料にこの工事費の分割料金が上乗せされる形となります

そこで、auひかりでは月額料金に上乗せされた工事費分を割り引くキャンペーンを行っています。

キャンペーンはKDDIが提供するものなので基本的にどの窓口から申し込みをしても適用されます(一部対応していない販売代理店もあります)。

ホームタイプの場合は、ネットのみで月額750円の割引、光電話同時申し込みで+500円割引となり月額1,250円の工事費が実質無料となり、マンションタイプはネットのみの契約で工事費実質無料となります。

ただしホームタイプは30か月以内、マンションタイプは24ヶ月以内に解約すると、残った工事費の支払いが発生します。

例えばホームタイプの場合、20ヶ月で解約すると残り10ヶ月分の工事費残金12,500円を支払う必要があるので注意が必要です。

auひかりのオプションについて

ここまではauひかりの基本料金及び基本工事費について解説してきました。

次に発生する費用はオプション費用です。

auひかりにはたくさんのオプションサービスがあり、代表的なものを上げると下記のようなものがあります。

名称月額料金説明
光電話500円~固定電話サービス
電話オプションパック500円割込通話、発信番号表示等の電話付加サービスのパック
テレビサービス500円+チャンネル料利用するチャンネルに応じて課金。
無線LANレンタル500円自宅をWi-Fi化
安心サポート500円パソコンについてのトラブル対応。

これらのオプションは当然加入しなければ料金は掛かりません。

また利用途中で追加、及び解約も可能です。

So-net公式キャンペーンは月額料金割引がある

auひかりはau one netを始めso-net、ビッグローブ、@nifty、ASAHIネット等のプロバイダを自由に選択することが出来ますが、いずれも月額料金や工事費等は同じで基本的なプランも変わりはありません。オプションに関しても名称は多少違えど基本的なものについては同じです。各社自社で提供しているオリジナルのオプションもあります。

関連記事:auひかりはプロバイダによって違いがあるか比較する

プロバイダとして知名度の高いSo-netは公式サイトからの申し込み限定で上記とは全く異なった月額料金割引キャンペーンを提供しています。

詳しい料金について下記の通り。

ホームプランの料金割引

一戸建てが対象となるホームプランの「ずっとギガ得」「ギガ得」はそれぞれ3年間割引されます。

それぞれの割引後の料金は以下の通りです。

    • ずっとギガ得…3,500円/月(3年間) 4年目4,900円
    • ギガ得…3,500円/月(3年間) 4年目:5,200円


どちらも3年目までは月額3,500円です。この金額は業界最安となっています。

通常のauひかりと比較すると、ずっとギガ得の場合は3年間で54,000円ギガ得の場合は3年間で61,200円お得になります。

4年目以降は通常のauひかりと同様の金額になります。

マンションタイプの料金割引

マンションタイプは2年間料金が割り引かれます。

割り引き後の金額は「1,800円/月(2年間) 3年目以降3,800円」となります。

au公式よりも月々2000円、2年間で合計48,000円お得です。

ホームタイプ同様に、割引期間が終了した後はauひかりと同様の金額になるので注意しましょう。

So-netの月額料金割引キャンペーンは工事費割引が無い

月額料金はとても安くなりますが、So-netにはau公式のような工事費の割引キャンペーンはありません。

そのため、月1,250円(ホームタイプ:30か月、マンション:24ヶ月)が月額料金に上乗せされることになります。

割り引かれた金額に工事費を上乗せすると、実質の支払い額を算出すると下記の通りになります。

    • ホームタイプ(ずっとギガ得・ギガ得)…4,450円(30ヶ月間)
    • マンションタイプ…3,050円(24ヶ月間)


au公式の場合は「ずっとギガ得」で月々4,900円~5,100円「ギガ得」は月々5,200円です。

マンションタイプで月々3,800円なので、工事費分を足してもso-netがお得にはなります。

まとめ

auひかりはauショップ、家電量販店、ネット販売代理店等から申し込みが可能ですがいずれも月額料金、プランは同じです。

ただしso-netの公式サイトで提供しているauひかりは月額料金やや安く、お得に契約することが出来ます。

ちなみに販売代理店から申し込みをした場合でもプロバイダをso-netにすることは可能ですが、so-netの公式サイトが提供しているキャンペーンとは異なります。

so-net公式サイトで提供している月額料金割引は分割で支払う工事費を含めても、500円~800円程度安くなります。

3年間使えば割り引かれる料金の合計額はかなり大きくなり、3万~4万ほどお得になります。

また、電話が30ヶ月無料になったり、セキュリティソフトが1年間無料になるなど、様々なお得なサービスが用意されているので、So-netから申し込むことをオススメします。

詳しい申し込み方法などが掲載されている公式サイトをチェックして検討してみましょう。

⇒so-net auひかり公式サイトはこちら

 

光回線 auひかり    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。