auひかりの解約

やさしくねっと.

auひかりの解約方法と必ず気を付けたい注意点総まとめ

 

「auひかりから他社の光回線に乗り換えたくなった」

「そもそも光回線が不要になった」

「引っ越しにより解約せざるを得なくなった」

等の理由からauひかりの解約を検討する人は多いと思います。

しかし、auひかりは解約時に違約金が発生したり、機器の返却が必要だったり、いくつか注意すべきことがあります。

本ページではauひかりの解約の手順と解約時に注意すべき点について解説します。


スポンサーリンク


auひかりの解約方法

auひかりの解約はau(KDDI)ではなく、プロバイダの解約手続きをする必要があります。

なのでauショップ等へ行っても解約はできません。auショップで契約した人もできないようです。解約の仕方くらいは教えてくれると思いますが。

プロバイダへの連絡方法(電話番号)はいつも届く請求書やメールなどを確認してみてください。

またその際ID(プロバイダのメールアドレス)とパスワードが必要になる場合があるので、分かる場合は手元に置いておきましょう。

解約~撤去まで

解約手続き後は「機器の返却」→「撤去工事(任意)」の流れとなります。

機器の返却については解約時に返却する機器や宛先等を教えてくれるので必ず返却しましょう。放っておくと機器代が請求されます(詳細は後述)。

壁面に取り付けられている光コンセントとそこまで敷設されたケーブルの撤去に関しては、auひかりの場合任意での撤去となります。

撤去を依頼すると撤去工事料金(10,000円)が発生します。

費用が発生するので撤去が不要な場合はそのまま残しておいても問題ありませんが、借家や賃貸アパート等の場合は修繕しなければならないので依頼する必要があります。

更新期間以外の違約金に注意

ここからは解約時の注意点について解説します。

auひかりは多くのプランで2年、または3年ごとの自動更新となっており、更新月(解約月)以外に解約しようとすると違約金が発生してしまいます。

違約金が発生するプランと違約金の金額は以下の通り。

タイププラン違約金
ホームずっとギガ得
(3年契約)
15,000円
ギガ得プラン
(2年契約)
9,500円
マンション全プラン違約金不要
ただしプロバイダによって発生する場合もある。

マンションタイプの場合原則違約金は発生しません。

しかしプロバイダによっては違約金が発生する場合があります。

「au one」、「so-net」、「@nifty」は違約金不要ですが、ビッグローブの場合は最低利用期間(24か月間)が定められており、それ以内に解約すると2,000円の違約金が発生します。

プロバイダがDTIの場合も最低利用期間が定められており、6か月以内に解約するとホームタイプ、マンションプラン問わず、「月額料金+〇か月分(最低利用期間の残り月数)」が違約金として請求されます。

auひかりの更新月(更新期間)について

auひかりのホームタイプは自動更新となっているため、更新月(更新期間)以外に解約しようとすると違約金が発生します。

契約期間は現在主流の「ずっとギガ得プランが3年」「ギガ得プランが2年」となっています。

更新のタイミングは少しわかりにくいですが、利用開始月(工事完了により回線が開通した月)を1か月目とし、37か月目及び38か月目(ギガ得の場合は25カ月目及び26か月目)の2か月間が更新期間となります。

例えば2015年1月に利用開始していればずっとギガ得の場合36カ月目の2018年1月と2月が更新期間となります。

この間に解約手続きを行えば違約金は発生しません。

利用開始がいつか分からないという人は電話やプロバイダのマイページ等で更新期間を確認することが可能なので確認してみてください。

工事費の残額に注意

auひかりは初期工事費が他社に比べて高く、分割払いで契約している人がほとんどだと思います。

分割払いにしている人はホームタイプの場合は36か月、マンションタイプの場合は24か月以内に解約すると工事費分割代金の残額を支払う義務が生じます。

それぞれのプランの工事費は下記の通りとなっています。

    • ホーム - 1,250円×30カ月払い(合計37,500円)
    • マンション - 1,250円×24カ月払い(合計30,000円)

※マンションの場合導入タイプによっては無料~1万円程度の場合があります。

いずれもキャンペーンによって”実質無料”となることがありますが、工事費相当月額料金割引となっているので、上記期間前に途中で解約すると工事費の残額を支払う義務が生じます。

ホームタイプの場合これに合わせて違約金が発生するので、例えば「ずっとギガ得」を契約から1年で解約すると、

工事費残金22,500円(1250×18)+15,000円(違約金)

=37,500円

の支払いが必要になります。かなり痛い出費ですね…

乗り換え、新規申込によって違約金を還元する他社光回線もあるので合わせてこちらもご一読ください。

auひかりの解約時に違約金を回避することは出来るか

機器返却、撤去工事費に注意

auひかりを利用する際に必要な機器(ONU及びホームゲートウェイ)はauからのレンタル機器なので解約時に返却する義務が生じます。

返却する機器は利用しているプランやプロバイダによって変わってきます。ホームタイプは原則ONUの返却は不要です。

解約の連絡を入れる際に返却が必要なものを必ず教えてくれます。

いずれの場合でも返却しなければならない機器を返却しないと下記の違約金が発生する恐れがあります。

機器の種別利用期間違約金
ホームゲートウェイ~13カ月未満8,000円
13カ月~25カ月未満4,000円
25カ月~37カ月未満2,000円
37カ月以上1,000円
VDSLモデム内蔵
ホームゲートウェイ
(マンションV)
~13カ月未満18,200円
13カ月~25カ月未満12,000円
25カ月~37カ月未満5,700円
37カ月以上2,000円
ONU
(マンションタイプF)
~13カ月未満14,000円
13カ月~25カ月未満11,900円
25カ月~37カ月未満9,700円
37カ月以上7,500円

※参考資料:「So-net 光 (auひかり)」コース お申し込み時の注意事項

返却方法、送付先等の詳細は解約時に伝えられます。忘れないように返却しましょう。

回線撤去には工事費が発生する

auひかりは初期費用は実質無料となっていますが、回線撤去には別途工事費(税別10,000円)が発生します。

回線及び光コンセントの撤去工事は義務ではなく任意ですが、依頼しない場合はそのままにしておくか、自分で撤去することになります。

賃貸アパート等でホームタイプを利用した場合、大家さんに撤去するように言われることがあるので、自分でできない場合はau(またはプロバイダ)に依頼して撤去してもらう必要があります。

マンションタイプの場合は一般的に撤去工事をする必要はありません。

 

auスマートバリューに注意

auひかりはスマートフォンとセットで割引がされるauスマートバリューという割引サービスがありますが、これが適用されていてauひかりを解約すると当然auスマートバリューも解約となります。

auスマートバリューはスマホ1回線に付き最大2,000円、データ定額5GB等多くの人が利用しているプランでも1,410円値引きされるのでauを家族で使っていてスマートバリューが適用されている場合、値引き額はかなり大きなものになります。

その割引が解除されると場合によってはauひかりの月額基本料以上の割引額がなくなり、逆に高く付く可能性もあります。

auスマートバリューが適用されていないか解約前に必ず確認しましょう。

auスマートバリューが適用される他の回線

auひかりエリア外に引っ越しするなどが理由でauひかりを解約せざるを得なくなった場合、引っ越し先では他のauスマートバリューが適用される光回線を検討するよ良いです。

利用できるエリアはそれほど広くありませんが、現状でauひかりのスマートバリューが適用される光回線は下記の通りです。

名称
(会社名)
説明
auひかりKDDI(au)が全国に展開する光回線。
auひかりちゅらKDDIグループの沖縄セルラー電話が提供する沖縄限定の光回線。
so-net光so-netが提供する光コラボレーション。
コミュファ光KDDIグループの中部テレコミュニケーションが提供する中部地方(静岡、愛知、岐阜、三重)向けの光回線。
eo光関西電力グループのケイ・オプティコムが関西地方で提供する光回線
Pikara四国電力のグループ会社、STnetが提供する四国地方向けの光回線
MEGAEGG中国電力のグループ会社、エネコムが提供する中国地方向けの光回線。
BBIQ九州電力のグループ会社、QTnetが提供する九州地方向けの光回線。

またJCOMを始め、多くのケーブルテレビ系でもauスマートバリューが適用されるので、auひかりが利用できないエリアで、auスマートバリューを適用させたい場合は検討ください。

参考記事:auひかりがエリア外だった場合のオススメの光回線

 

光電話の番号、メールアドレスに注意

auひかりの光電話を利用している人は光電話の電話番号に注意が必要です。

光電話は他社の回線に乗り換える時、電話番号を移行出来る場合と出来ない場合があります。

移行出来るかどうかは番号の取得の仕方で決まります。

基本的にNTTの加入電話で取得した電話番号なら移行が可能ですが、au光電話で新番号を発行した場合は移行が出来ません。

一例を挙げると、

    • NTTアナログ電話→au光電話→他社光電話はOK
    • au光電話→他社光電話はNG

という感じです。

プロバイダのメールアドレスは使えなくなる

auひかりに限ったことではありませんが、回線を解約するとプロバイダのメールアドレスが利用できなくなるので注意が必要です。

例えばso-netの場合は「so-net.ne.jp」、ビッグローブの場合は「biglobe.ne.jp」等、プロバイダメールが利用できなくなります。

同一プロバイダ別回線(例えばso-net auひかり→so-net光コラボ等)の場合はコース変更という形でそのまま利用できます。マイページ等もそのまま利用することが可能です。

PC用のメールでプロバイダメールを利用している人は注意が必要です。

 

スポンサーリンク


 

光回線 auひかり 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。