auひかりがエリア外の場合のおすすめ光回線

やさしくねっと.

auひかりがエリア外だった場合のオススメの光回線

 

auひかりは月額料金も比較的安く、新規申込によって「キャッシュバック」があり、auスマホとセットで割引出来る「auスマートバリュー」もあるので非常に人気のある光回線の一つです。

しかし提供エリアが狭いこと、エリア対象地域であってもマンションタイプが導入されておらず、エリア外で利用できないというケースが少なくありません。

auひかりを利用したくてもエリア対象外では利用することは不可能です。

本ページではauひかりがエリア外の場合、どの回線を利用すべきか?

について解説します。

auスマートバリューを適用させたい場合は?

家族でauを利用していてスマホとセットで割引が出来るスマートバリューが使いたくて、auひかりを契約したいと考える人は多いと思います。

しかしauひかりがエリア対象外となっている。

この場合は以下の回線を利用することでauスマートバリューを適用させることが可能です。

電力グループ、KDDIグループの光回線を利用する

auスマートバリューはauひかりとのセット割引というイメージが強いですが、実はauひかり以外にも適用させる光回線はあります。

<auスマートバリューが適用される全光回線>

名称
(会社名)
説明
auひかりKDDI(au)が全国に展開する光回線。
auひかりちゅらKDDIグループの沖縄セルラー電話が提供する沖縄限定の光回線。
コミュファ光KDDIグループの中部テレコミュニケーションが提供する中部地方(静岡、愛知、岐阜、三重)向けの光回線。
eo光関西電力グループのケイ・オプティコムが関西地方で提供する光回線
Pikara四国電力のグループ会社、STnetが提供する四国地方向けの光回線
MEGAEGG中国電力のグループ会社、エネコムが提供する中国地方向けの光回線。
BBIQ九州電力のグループ会社、QTnetが提供する九州地方向けの光回線。

このうち中部地方の「コミュファ光」がエリア対象となっている地域、関西地方の「eo光」がエリア対象となっている地域ではauひかりは使えません。そのためそれらの地域ではauひかりの代わりにそれらの光回線を利用しましょう。

それ以外の電力グループの光回線、四国の「Pikara」、中国地方の「MEGAEGG」、九州の「BBIQ」はそれぞれ利用できるエリアがauひかりと異なります。

auひかりしか使えない場所があったり、逆に電力系回線しか使えない場所があったりします。どちらも使える場合ももちろんあります。

上記該当の地方に住んでいる人でauひかりが利用できない人はそれぞれ電力グループの光回線を検討してみましょう。

ケーブルテレビのネット回線を利用する

上述した光回線のエリア対象ではない地域で、auひかりが対象外となっている場合、auスマートバリューを適用させるにはケーブルテレビを利用するという手段があります。

auスマートバリューはJCOMを始め、各地域のケーブルテレビでも適用させることが可能です。

地域ケーブルテレビ
北海道JCOM、旭川CATV ポテト、苫小牧CATV、NCV函館センター
東北JCOM、秋田CATV、ICN、大館CATV、SENDAI CAT-V、NCV米沢センター、花巻CATV、八戸テレビ放送、マリネット
関東JCOM、ITSCOM、AIC、いちはらCATV、入間CATV、瑞穂CATV、宇都宮CATV、NCT、鹿沼CATV、CC9CATV、CATV品川、CATV河口湖等数十社
中部アイ・シー・シー、あづみ野テレビ、advanscope、伊賀上野CATV、IKC、伊那ケーブルテレビジョン、長野CATV、エコーシティー駒ヶ岳等全30社程度
北陸あさがおテレビ、いみず、金沢CATV、加賀CATV、CATV富山、高岡ケーブルテレビネットワーク、丹南CATV、テレビこまつ、となみ衛星通信テレビ、NICE TV、福井CATV、さかいCATV、嶺南ケーブルネットワーク
関西JCOM、あいコムこうか、明石CATV、KCN京都、ZTV、テレビ岸和田、BAN-BAN、東近江スマイルネット、姫路CATV、Baycom、RCV
中国JCOM、アイ・キャン、出雲ケーブルテレビジョン、icv、oniビジョン、ゆめ・ネット、KCT、Kビジョン、ケーブルジョイ、シティーケーブル周南、たまテレ、中海テレビ放送、日本海ケーブルテレビネットワーク、ちゅピcomおのみち、ちゅピcomひろしま、ちゅピcomふれあい
四国今治CATV、テレビ鳴門、KBN、cosmos TV
九州JCOM、諫早CATV、伊万里ケーブルテレビジョン、大分ケーブルテレコム、おおむらCATV、沖縄ケーブルテレビネットワーク、ケーブルステーション福岡、waiwai、Cable one、皇徳寺CATV、TVSテレビ佐世保、長崎ケーブルメディア、鹿島CATV、ぶんぶんテレビ、くーみんテレビ、はっぴとすビジョン、CTBメディア、ひまわりテレビ、BTV、MCT Arianet、宮崎CATV

参考サイト:auひかり公式サイト

ケーブルテレビのネット回線はケーブルテレビを応用したネット回線であるため、通常の光回線とは異なります。

最近は技術が向上し通信速度も下り最大100Mbpsを超えるプランも出てきましたが、それでもレッツ光やauひかりには劣ります。

回線の性質上、品質も劣ります。

また、元々ケーブルテレビに付帯するネット回線という立ち位置なので場合によってはネット回線のみの契約が出来ない(利用出来ても割高になる)ことがあります。

ただ、auスマートバリューが適用されれば総合的に安く利用できるので、家族でauを使っている場合はケーブルテレビを検討しても良いと思います。

auスマホ1台の場合はso-net光が良い

自宅で光回線のみを利用した場合、ケーブルテレビのネットのみの契約はコスパが悪いです。

ケーブルテレビのネットは、通常の光回線にくらべて回線速度が遅く、その割に月額料金は高いです。テレビ契約とセットであればコスパが高くなるのがケーブルテレビです。

家族でauスマホを複数契約していて、auスマートバリューで大幅に割引が出来るのならケーブルテレビのネット回線でも安上りになりますが、一人暮らしで対象スマホが1台しかない場合はあまりコスパが良いとは言えません。

その場合はso-net光コラボレーションがお勧めです。

基本料金は、

    • ファミリータイプ - 5,200円
    • マンションタイプ - 4,100円

回線速度は下り最大1Gbpsです。

⇒so-net光コラボレーションの公式サイトはこちら

so-net光コラボ×auスマホでセット割

so-net光コラボレーションはauと提携しているので、auのスマホ・ケータイとセットで割引がされます。ただしスマートバリューのように複数割引されるわけではなく、1台のみの割引です。

割引額は下記の通り。

ご利用機器契約プラン割引額
auスマホデータ定額5(GB)以上
LTEフラット
ISフラット等
1,200円
データ定額1/2/3(GB)
ジュニアスマート
シニアプラン
LTEフラットcp(1GB)
500円
auガラケーカケホ+データ定額5(GB)以上1,200円
カケホ+データ付
カケホ+データ定額2/3(GB)
500円
auタブレットLTEフラット for Tab/Tab(i)
LTEフラット for Tab(L)
LTEフラット for DATA(m)
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
1,200円

1,200円割引の適用後価格はファミリータイプで4,000円、マンションタイプで2,900円となるので、光回線としてはかなり安価に利用することが出来ます。

フレッツ光からの転用(詳細は後述)ではなく、回線新規申込の場合別途工事費分割代が発生しますが新規申込特典によって実質無料とすることが出来ます。

auひかりがエリア外でもフレッツ光はだいたい入る

フレッツ光はauひかりよりも全体的にエリアが広く、特にマンションの場合、「auのマンションタイプは入っていないけど、フレッツ光は入っている」ということは少なくありません。

so-net光コラボレーションはフレッツ光を利用した光回線なのでフレッツ光が利用できるエリアであれば契約が可能です。

so-net光コラボのの新規と転用

so-net光コラボの契約は2つのパターンがあり、現在フレッツ光を利用している人は「転用」、他社回線、またはネット未契約からの契約の場合は「新規」となります。

フレッツ光からの転用の場合は初期工事費が不要で初期費用1,800円のみで契約することが出来ます。工事が不要なので申し込み手続きのみで利用することが出来ます。

⇒so-net光コラボレーション転用の詳細はこちら

※場合によってはルーターの設定が必要です。

他社からの乗り換え、または新しくネット回線を契約する場合は新規契約となり、回線工事が必要です。

その場合上記基本料金に合わせて800円×30回払い(合計24,000円)の工事費が発生します。

しかし現在キャンペーンに付き、24,000円のキャッシュバックを行っているので工事費は全額還元されます。

WiMAXのスマートバリューmineという方法も

固定回線、光回線に拘りがなく、ライトにネットを利用する場合は光回線でなくWiMAXにするというのも一つの手です。

WiMAXとauはセットで利用すると月額最大934円の割引が適用されます。

この場合もWiMAX1契約に付きauスマホ1台のみの割引となりますが、そもそもWiMAXは光回線と比べて月額料金が安いので、コストを抑えたい場合は検討すべきです。

※WiMAXの月額料金は使い放題で3,500円程度~4,500円程度

また、WiMAXは回線工事不要で数万円のキャッシュバックもあるのでメリットは多いです。



ただし、WiMAXは無線のインターネットなので自宅でガシガシネットを使いたいという人にはあまり向きません。

月間の通信制限はありませんが、3日間で3GBの通信規制があるので注意が必要です。

※2017年2月2日より3日間10GBに緩和されました。また規制時間も夕方6時から深夜2時までなので昼間は実質規制はありません。

固定回線向けのルーター(下画像)も存在しますが、規制はどうにもならないので毎日動画を見たりオンラインゲームをする人は光回線を選ぶべきです。

ブログの更新や調べもの程度であればWiMAXでも良いでしょう。

まとめ

長くなりましたが、上記をまとめるとauひかりがエリア外の場合は、

    • auスマートバリューが適用される他の光回線を検討する
    • それがダメならケーブルテレビを検討
    • auスマホが1台のみならso-net光コラボレーションを検討
    • コスパ重視ならWiMAXもあり

というところですね。

auひかりの最大の魅力はauスマホとセット割引されるスマートバリューです。

au以外のスマホを利用している人はキャッシュバックのために無理してauひかりを検討する必要はありません。

現状でではドコモの場合はドコモ光、ソフトバンクはソフトバンク光というようにモバイルと光回線を合わせる方が総合的にお得です。

 

光回線 auひかり 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。