auひかりとドコモ光の比較

やさしくねっと.

auひかりとドコモ光を徹底比較!どちらを契約すべき?

 

auひかりとドコモ光はともに大手携帯電話会社が提供している光回線です。

携帯電話のイメージが強い両社ですが、回線も積極的に販売しています。

スマホとのセットで安くなるといったCMも積極的に放映されており、知名度も高くなっています。

「スマホのセット割はどれぐらい安くなるの?」

「auひかり・ドコモ光どっちがお得?」

と疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

本ページではどちらがいいか悩んでいる人に向けて、auひかり・ドコモ光を月額料金・割引・キャンペーン別に比較し、どちらを契約すべきなのかを解説します。

結論から言うと、双方基本的なプランや月額料金に大差はないので、スマホとセットが割引できる回線、つまり今利用しているスマホに合わせて選ぶことをお勧めします。

料金プランの比較

まずは料金プランによる比較です。

auひかりとドコモ光の料金プランは以下のようになっています。

回線名ホームタイプマンションタイプ
auひかり5,100円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円

※auひかりはずっとギガ得、ドコモ光は料金の安いタイプAのプロバイダで記載しています。それぞのプランの詳細は各リンク先をご参考ください。

auひかりの方がドコモ光より安いですが、その差はホームタイプで100円、マンションタイプでも200円しかありません。

料金についてはほとんど同じであり、それだけではどちらがいいかは判断できません。

スマホセット割引の比較

2社ともに、スマホとセットで契約すると料金が割引されるスマホセット割があります。

    • auひかり:auスマートバリュー(auスマホとセット割)
    • ドコモ光:パケットパック割引(ドコモスマホとセット割)


auひかりのスマートバリューは、auスマホユーザーならセット利用で料金が最大月2,000円割引されます。

割引額はauスマホの料金プランで異なり、下記が割引額の詳細です。

<auスマートバリュー>

モバイルプラン割引額
データ定額10/13/30(GB)最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/8/20(GB)
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)

多くの人が使用しているプランはデータ定額の5・8GBだと思います。

データ定額の5・8GBは割引額は1,410円になっています。

同様にドコモ光にはパケットパック割引があります。

ドコモのスマホとドコモ光をセット利用すれば月額料金が最大3,000円割引になります。

ドコモのスマホのプランによって割引額が異なります。詳細は下記の通りです。

<ドコモのパック割>

プラン名割引額容量
らくらくパック500円200MB
データSパック500円2GB
データMパック800円5GB
データLパック900円20GB
データLLパック1,100円30GB
シェアパック5800円5GB
シェアパック101,200円10GB
シェアパック151,800円15GB
シェアパック302,000円20GB
シェアパック502,500円30GB
シェアパック1003,000円100GB

最大割引額だけを見るとauひかりは2,000円、ドコモ光は3,000円なのでドコモ光の方が多く感じますが、ドコモの場合シェアパックからの値引きなので、家族でシェアパック30を利用している場合は台数が増えても値引き額は3,000円のままです。

auの場合は1台当たりの割引なので家族で3台auを利用していればそれぞれ割引されます。例えばauのデータ定額5GBのプランが3台なら1,410円×3台=合計4,230円が割引されます。

一方ドコモのシェアパック15を3人で分け合って使っている場合、ドコモ光のシェアパック割引は1,800円となります。

これだけを見るとauのスマホセット割引が圧倒的にお得!のように見えますが、ドコモのシェアパック15はauの5GBプラン×3台より割安なので、全体的に見れば月額料金はドコモもauもそれほど差がありません。

下の画像はドコモのシェアパック15(カケホーダイのスマホ3台で契約した場合)の試算結果です。

3台なので1台当たり7,100円です。ドコモ光の割引は含んでいません。

下の画像はauのスマホ(データ定額5)1台を契約した場合の試算結果です。

上記ドコモに比べて1,600円程度auの方が割高になっています。そのためauのauスマートバリューがいくら割引額が良くてもドコモより圧倒的に安くなる、ということにはならないわけです。

ドコモで揃えるか、auで揃えるか、どちらが安くなるかはプランによって変わってくると思いますが、これまで双方足並みをそろえて同じくらいの料金設定となっているため、ある程度最適化すればどちらも大きく変わることはないはずです。

ただしドコモのシェアパックはお得感がありますが、単体で契約するauとほとんど変わらないのでスマホセット割引で差が出てきます。

例えば通信量5GBのプランで比較すると、下記のようになります。

    • auデータ定額5GB:割引額1,410
    • ドコモシェアパック5GB:割引額800


単体の場合割引額ではauひかりのほうがお得です。

ただ「割引額が多いから」といってauスマホに乗り換えるは手間が掛かりますし場合によっては違約金も発生してくるので、自分のスマホがauかドコモなら、スマホセット割が適用される回線を選んだ方が無難です。

キャンペーンの比較

キャンペーンでauひかりとドコモ光を比較してみると、内容自体はどちらも同じようなものばかりです。

しかしキャッシュバックの額や、もらうための細かい条件などが異なります。

auひかりも乗り換えで違約金を最大30,000円まで補償

乗り換えキャンペーンとは、他社から乗り換えの際に発生する違約金を還元してくれるものです。

auひかり乗り換えキャンペーンを行っており、違約金を最大3万円まで還元しています。

またドコモ光でも同様のサービスを行っていましたが、現在はキャンペーン期間が終了しています。

つまり乗り換えキャンペーンで違約金を還元してくれるのはauひかりのみで、ドコモ光はないので注意しましょう。

工事費無料キャンペーンあり

auひかり・ドコモ光ともに固定回線なので導入時の工事が必要になり、そのための工事費が発生します。

工事費無料キャンペーンでは、その工事費が無料になります。

ただし、下記の条件を満たす必要があるので注意しましょう。

    • ドコモ光:新規申し込みのみ(2017年5月7日に終了)
    • auひかり:ホームタイプ電話も同時加入する必要あり


※キャンペーンは予告なく終了することがあります。

ドコモ光が一括で無料なのに対して、auひかりは実質無料なので注意してください。

auひかりは工事費を分割して月々の料金に上乗せしますが、工事費無料キャンペーンではその上乗せした分だけ月額料金が割り引かれるようになっています。

例えばマンションタイプの場合だと工事費は30,000円で、1,250円×24回払いで支払います。

そこに工事費無料キャンペーンが適用されると、24ヶ月の間は月額料金が1,250円割引されます。そのため24ヶ月利用すると、結果的に工事費が無料になります。

もし24ヶ月以内にauひかりを解約すると、残金の支払いが発生します。

例えばさきほどのマンションタイプで14ヶ月目まで利用して解約すると、残りの10ヶ月×1,250円=12,500円だけ契約者が負担しないといけません。

一方ドコモ光は一括で無料なので、途中で解約しても工事費の残金支払いがありません。

詳細記事:プロバイダによって適用されない?auひかりの初期費用割引キャンペーンについて解説

キャッシュバックはauひかりがお得

キャッシュバックもauひかり、ドコモ光の両方で実施されていますが、金額はauひかりのほうが多いです。

ドコモ光のキャッシュバックはdポイントが1万円分程度もらえるのみです。

auひかりはプロバイダによってキャッシュバック額が異なりますが、最大で4万円もらえます。

ドコモ光のキャッシュバックはdポイントなので使えるところが限られるのに対して、auひかりは現金でもらえるので自由に使えるのもうれしいですね。

参照記事:10万円はホント?auひかりのキャッシュバックと条件を徹底比較

ドコモユーザーはドコモ光、auユーザーはauひかりを選ぼう

ドコモ光とauひかりを料金やキャンペーンで比較してきましたが、結局どちらと契約するほうが良いのでしょうか。

結論をいうと、ドコモのユーザーならドコモ光、auのユーザーならauひかりにするのがおすすめです。

ドコモ光とauひかりでは月々の料金はほとんど同じです。

キャンペーンも、細かい条件やキャッシュバック金額などに違いはありますがほとんど変わりません。

この2つで差が出るのはスマホセット割が利用できるかどうかです。

そのためドコモユーザーであれば、ドコモ光、auユーザーであればauひかりを選ぶようにしましょう。

スマホセット割を使うためにわざわざ乗り換えるのは手間ですし、スマホの解約金などで余計なお金がかかることがあるので、そこまでする必要はありません。

まとめ

今回はauひかりとドコモ光を料金やキャンペーンなどから比較してみました。

auひかりとドコモ光では料金はほぼ同じで、キャンペーンについても工事費が無料になる仕組みやキャッシュバック額などに差はあるものの、ほとんど同じでした。

auひかりとドコモ光で違うのはスマホとのセット割です。

auのスマホを使っているなら、auひかりのauスマートバリューが、ドコモのスマホを使っているならドコモ光のパケットパック割引が利用できます。

スマホのセット割はお得なので、必ずセット割が利用できるものと契約しましょう。

 

光回線 auひかり    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。